ダウ平均の暴落を願うドル売り日記(*‘ω‘ *)

暴落を願うトレーダーの日常と相場の話。本命はドル売り(*‘ω‘ *)他にも本の紹介などできたら。

トレードしないのは臆病か慎重か(*‘ω‘ *)

昨日の相場は分かりやすかった。ブログは書かなかったが予測もばっちり当たった。しかし、昨日は用事があり、トレードはできなかった。

もっとも、ここ2週間はデモすらもトレードしていない。せめてデモをすればいいのだが、デモだとポジポジ病にならないから、トレードから疎遠になるのだ。

それだけではない。ここのところ、ツイ巣テッドワンダーランドというゲームにはまっていたから、トレードにそこまで執着しなかった。

しかし、トレード以外に夢中になれる娯楽があるのは、『トレードをしないと楽しくない』という状態からの解放であり、長期的に見たらパフォーマンスに良い影響を与えると思っている。完璧に予測が当たるなど、1ヶ月に2~3回程度。他は外しつつも60%当てることによって利益を確保しているに過ぎないからだ。

今日は、この冒頭を書いている現在は、チャートをまだ見ていない。しかし、昨日の値動きから、今日は少し分かりにくくなるのではないかとも思っている。

できたら、株価インデックスのショートかドル円のショートをしたいが、昨日あまり相関していた印象は受けなかった。完全に相関するまで、様子を見た方がいいのかも知れない。

昨日は、前場は強いが後場に下がるという日経平均の予測が当たりすぎて嬉しかった。

しかし、夕方は株式市場は少し強めだったので、あのまま強い状態で引けているなら、今日は、まずドル円や株式は手出しできない。

 

ところで、私は、以前、ドル円のショート縛り、株式のショート縛り、ドルストのドル売り縛り、をやっていたのだが、またやろうかと思っている。これをした方がパフォーマンスは上がる気がする。エントリー機会は減るが。

FXにしろ株にしろ、相場は、そうしょっちゅうエントリーすればいいというものではないのだろう。

 

さて、本日の予測に移ろう。

 

株式市場について。

 

【ダウ平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

夕方以降見ていなかったが、昨日の夜はダウ平均は強かったようだ。昨日の値動きを見て、ショートを保有して、利益が出たからと、夜中持ち越すのは危険なんだろうなと思った。本当に持ち越しは、ここぞというタイミングを選んだ方がいい。日足は、75MAの上にあり、上昇トレンドではあるが、それでも、少しずつ下がり始めている。昨日は陽線だったが、今日は陰線になるだろうと思う。しかし、その陰線も短かったら、下落に歯止めがかかるかもしれない。もしやるなら、今日はショートがいいだろう。

4時間足について。

4時間足は、75MAの下にあり、下落を開始している。75MAをレジスタンスにする可能性が高く、ショートがお勧めだ。それでも、ここ3本程、鋭く上昇しているので、4時間足だけだと、即ショートはしにくい。1時間足次第だろう。

1時間足について。

1時間足は、75MAの下に落ちた後、75MAの少し上まで戻している。上抜いているので上昇トレンドに入った可能性もあるが、もみ合う可能性の方が高いと思っている。8時間程度は様子見が必要かもしれない。もう一度、75MAの下に出たら、ショートしよう。

 

1時間足が、75MAの下に出たら、ショートしよう。

 

日経平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足そのものは、75MAの上にあり、上昇トレンドである。しかし、数日前に長めの陰線が出ていて、下落に勢いがついている。このまま崩れる可能性の方が高いと思う。昨日は、陰線だったが、夕方以降急激に戻している。それでも、陽線にはなれていない。今日は陰線になると思う。やるならショートがいいだろう。

4時間足について。

4時間足は、75MAの下にあり、下落トレンドだ。75MAまで戻すも、75MAをレジスタンスとしている。このまま下落する可能性の方が高いと思う。1時間足と、5分足次第ではあるが、ショートがいいだろう。

1時間足について。

1時間足も、75MAの下にあり、下落トレンドである。75MAの少し下まで戻しているがそろそろもみ合うか陰線が出るだろうと思う。しかし、ダウ平均でもみ合う予測なので、日経平均は、今日の日本市場分ぐらいなら、陽線になるかもしれない。やるなら、ロンドン市場でショートだろう。

 

5分足のエントリー条件に従い、夕方以降ショートしよう。

 

為替について。

 

ドル円(*‘ω‘ *)】

日足について。

冒頭の様子見の態度に反するが、今日は、ドル円はショート日和かも知れない。日足は、75MAも75MAも下抜いている。そして、25MAが75MAをクロスしそうだ。数日前に長めの陰線が数本出たが、その後は少しもみ合っている。それでも、200MA等を上抜く様子はない。今日は陰線が出そうだ。ショートしよう。

4時間足について。

4時間足は、数日前に、200MAを下抜いている。そして、75MAのかなり下の状態になっているが、今、ドル円が意識しているのは、200MAの方だろう。これに沿う形でもみ合っている。即落ちないところを見ると、少し上に行くかもしれない。108円はつける可能性がある。しかし、株式市場が下落予測なので、それとの兼ね合いが悪い。今日は様子見がいいかも知れない。

1時間足について。

1時間足は、200MAの下にあるので、下落トレンドである。しかし、75MAの上には出ているので、これは反発を始めている可能性がある。少し様子見した方がいいかも知れない。

 

5分足がエントリー条件を見たしても、様子見しよう。

 

【ユーロドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

ユーロドルはここ数日は上値が重くなってきている。一応、75MAの上にあり、上昇トレンドではある。しかし、陰線が出ているので、日足的には、様子見がいいだろうと思う。

4時間足について。

4時間足は、75MAまで下落した後、75MAをサポートとして上昇してきている。しかし、このまま上がるタイプのチャートには見えない。少しもみ合うのではないだろうか。様子見がいいだろう。

1時間足について。

1時間足は、75MAの下に出た後に、再び、75MAの上に出てきている。上昇を再開した可能性がある。しかし、まだ、75MAは下向いているので不安定だ。今日がお出かけのない日なら、デイトレードでロングもありだったが、今日は用事があるので、手出ししない方がいいかも知れない。様子見しよう。

 

様子見がいいだろう。

 

【ポンドドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

ポンドドルと株式市場の相関が高めかも知れないと思った。株価下落時にポンド安になり、株価上昇時にポンド高となる。今日は株価は下落予測なので、ポンドは少し下がるかも知れない。一応、日足は、75MAの上にあり、上昇トレンドである。ここ数日前には、陰線が出ているが、昨日などは、また、急激に上げている。今日は陰線になるかもしれないが、上昇に勢いがあるので、下位足が勢いを失ってからショートすべきである。

4時間足について。

4時間足は、一度、75MAの下に出たが、再び上に戻っている。しかし、戻り方が弱いので、少しもみ合う可能性もある。ここから、更に持ち越せるぐらい上がることは予測しにくい。様子見がいいだろう。

1時間足について。

1時間足は、一度75MAの下に落ちたが、再び上に上がってきている。しかし、75MAそのものは、下落基調であり、株式市場が下がる可能性が高いので、これも下落の可能性が高い。しかし、75MAの上にあるなら、ショートはできない。再び、75MAの下に出るのを待って、ショートしよう。

 

様子見かショートがいいだろう。

 

【ドルスイス(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、75MAの下で下落している。このまま下落する可能性の方が高いので、やるならショートがいいだろうと思う。

4時間足について。

4時間足も、75MAをレジスタンスとして下落している。このまま下落する可能性が高いので、ショートがお勧めだ。

1時間足について。

1時間足は、75MAの上に出てきていて、上昇を始めている。75MAをサポートとする可能性があり、ショートはしにくい。しかし、これは上位足の判断と相反するので、今日は様子見がいいだろう。

 

様子見しよう。

 

ドル円→様子見

ユーロドル→様子見

ポンドドル→様子見かショート

ドルスイス→様子見

ドル円について…200MAと75MAを間違えて数ヶ月経っていた(*‘ω‘ *)

このブログで、75MAをよく意識していると思うのだけど、昨日だったか一昨日だったか、自分がドル円で見ていたのは、75MAではなく200MAだったと気づいた。

その理由は、他の証券口座で75MAを設定したら、普段見ている口座のチャートと違ったのだ。だから、普段見ているチャートをしっかりと確認したら、200MAだった。

この長文のブログをしっかりと最後まで読んでくれている人ってどれぐらいいるのだろうか。あまりいない気もするが…。

それでも、気づいていた人はいるかもしれない。『何か、こいつの見ているチャート、おかしくないか??』と。それはそのはず。ユーロドルやダウ平均は、75MAなんだけど、ドル円だけは、200MAだった。

そのせいで、今悩んでいる。勝率利益率は、実はドル円が一番いいのだが、もしかして、これは、200MAでエントリーしていたからでは?というのだ。それだったら、他も、75MAをやめて表示を、200MAに切り替えた方がいいかも知れない。

 

しかし、今の状態で何とか上手く行っているとも捉えることができるので、ドル円だけ200MA他は、75MA、これで当分やって行ってみようと思う。

 

ドル円を見ていて思うのは、200MAだと確実性は上がるのだが、エントリーが少し遅れてしまうのだ。しかし、ドル円の方が利は伸ばせる状態になっている。75MAがいいのか、200MAがいいのか、一長一短だろう。

 

さて、今日の予測を書こう。

 

株式市場について。

 

【ダウ平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

ダウ平均は、やっと垂れてきたという感じだ。陰線が三本も出ているので、ショートでいいと思う。この場合は、4時間足の乖離を参考にするのが、いつもの規則だが、4時間足の乖離を無視して上がっていたので、日足の乖離を参考にしていいだろう。この乖離が埋まるまでは、ショートしよう。

4時間足について。

4時間足も垂れてきている。この状態で反発するのは想定しにくい。しかし、日足も4時間足も、75MAの上にあり、上昇トレンドなので、ショートする時は注意が必要だ。せめて、4時間足が、75MAの下に潜った後にショートしてもいいだろう。

1時間足について。

1時間足は、75MAの下に潜っている。このままショートでいいだろう。

 

ショートか様子見しよう。ショートする場合は、5分足のエントリー条件に従おう。

 

日経平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

日経平均の日足もついに陰線が出た。これも、4時間足の乖離と、日足の乖離に反応した結果だろう。このまま4時間足の乖離と日足の乖離が埋まるまでは、ショートでいいだろう。

4時間足について。

4時間足は、75MAとの乖離を埋めつつある。このままショートすべきか、75MAとの位置関係から、上昇トレンドと見なすべきか、迷う状態だ。ショートするなら、4時間足が、75MAの下に抜けてからでもいいかも知れない。ショートか様子見だ。

1時間足について。

1時間足は、75MAの下に落ち、下落を始めている。このまま落ちる可能性の方が高いだろう。ショートがいいだろう。

 

ショートか様子見しよう。ショートする場合は、5分足のエントリー条件に従おう。

 

※株式市場を、75MAで見ていて、このままでいい気がしてきた。200MAがいいのか?75MAがいいのか?もう少し検証が必要だ。ドル円も、75MAを基準にして、200MAは、参考程度にした方がいいのかも知れない。

 

為替について。

 

ドル円(*‘ω‘ *)】

日足について。

昨日、日足が、75MAを下抜いた。このまま下落するだろうと思う。今日もショートでいいだろうと思うが、一本調子に落ちすぎなイメージもある。少し出遅れ感があり、入りにくい。様子見がいいかも知れない。月曜日トレードできないのが、少し痛い。

4時間足について。

4時間足は、75MAも200MAも下抜いている。このまま落ちるだろうと思うが、そろそろ少し反発するだろうとも思う。少し様子見した方がいいだろう。

1時間足について。

1時間足は、75MAとの乖離は維持しつつ、200MAとの乖離を広げている。この乖離だが、75MAとの乖離なら無視してもいい感じの時があるが、200MAとの乖離には真剣に向き合った方が良さそうだ。今は、200MAとも乖離が広がってしまっているので、少し反発するかもしれない。しかし、ここで反発したら、株式市場の下落が終わる可能性もあり、反発があまり想定できない。5分足のエントリー条件が満たされたら、ショートしてみよう。

 

5分足のエントリー条件に従い、ショートしよう。

 

【ユーロドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

ユーロドルはここ3ヶ月、値幅がかなりある。今回のドル安に乗れなかったことが残念で仕方ないが、更にドル安になると思っている。株式市場が下落しつつあるからだ。ドル安株安が、私の本命だ。しかし、75MAとの乖離も気になる状態だ。1.16ぐらいなら上がるかも知れないが、当分様子見した方がいいかも知れない。

4時間足について。

4時間足は、75MAの上を75MAの乖離を維持する形で上昇している。このまま上昇する可能性が高い。日足と違って自然だ。ロングでいいだろう。しかし、デイトレードで逃げた方がいいかも知れない。

1時間足について。

1時間足は、少し上値が重くなってきている。少しもみ合うかも知れない。それでも、75MAの上にあり、上昇トレンドである。どちらかというとロング向きだ。しかし、今日は様子見がいいかも知れない。

 

5分足のエントリー条件が満たされたらロングしていいが、様子見がより推奨される。

 

【ポンドドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、75MAの上にあり、上昇トレンドである。しかし、株安になってもポンドだけは、ドルより強いのかは、少し分からない。もう少し、方向について、様子見した方がいいかも知れない。

4時間足について。

4時間足も、75MAの上で順調に上げている。しかし、今朝の時点では、25MAを上から下へクロスしつつある。もしかしたら、下落トレンド入りしようとしているのかも知れない。少し様子見しよう。

1時間足について。

1時間足は、75MAを下へ今朝クロスした。このまま下落する可能性もある。しかし、株式市場との相関が見えないポンドドルを安易に弄るべきではない。様子見しよう。

 

様子見がいいだろう。

 

【ドルスイス(*‘ω‘ *)】

日足について。

ドルスイスはここ数日急落している。やっと動き出したという感じがする。このままドル安に行くだろうと思う。ショートがいいだろう。

4時間足について。

4時間足は、75MAとの乖離が少し気になる状態だ。少し様子見した方がいいかも知れない。ショートする場合はデイトレードにしておこう。

1時間足について。

1時間足は、75MAとの乖離が開いているが、それは昨日からだった。昨日は乖離を無視して更に下落した。しかし、その乖離が、4時間足に波及しているので、そろそろ反応するかもしれない。やるならショートだが、少し様子見した方がいい気もする。

 

5分足のエントリー条件にしたがいつつショートするか、様子見。

 

ドル円→ショート

ユーロドル→ロング(デイトレード)か様子見

ポンドドル→様子見

ドルスイス→ショート(デイトレード)か様子見

MT4が動かない(*‘ω‘ *)

私は、ここの予測を書く際に、MT4のチャートと国内口座のチャートの両方を見て書いているのだが、今日は、MT4が何故か動かない。

ところで、私は、予測以外のここの冒頭の文章が書けないと、予測も書く気が湧かないことがある。しかし、今日は、MT4が動かない怒りと悲しみをぶつけようと思う。

 

トレードは、私の一番好きな行為であり、人生の全てである。

トレードするから豊かに生きていけるし、他の趣味を充実させる為の金も手に入る。そして、もう日課になっているブログとトレード。その二つのお陰で一日のやる気がでるのだ。

しかし、MT4が動かないからと、やる気がでずふて寝するのは、何か間違いな気がする。

 

コロナが始まった頃に、あるアーティスト(画家、作家)のTwitterでの書き込みで見たのだ。正確にはもう忘れてしまったが、『自粛で仕事ができなくなるなら、PCでやるし、それでもできなくなるなら、ひたすら鉛筆で絵を描くし、それもできなくなるなら、見聞を増やす為にひたすら本を買って読書をする』。そういう内容の書き込みだったと思う。その人はプロとしてアーティストとして食べていけている人物だった。フォロワーも沢山いた。

私は、この書き込みを見て、好きなことをして食べていくというのは、これだけのやる気とエネルギーが必要で、どれだけ不遇な状況であっても、できることをすることが大事なのだな、とあの時思ったものだ。

それと同時に、私に、トレードに懸ける、この人程の情熱があるものだろうか?と少し気まずくなったものだ。

今日、MT4が動かなくて、それが試されている気がする。

 

実は、今日動かないのは、メインで使っているMT4だけではなくて、国内証券のデモ口座も動かないのだ。

しかし、一応国内のリアルのFX口座は動かすことが出来る。MT4も問い合わせのメールを送った。できることは全てしたし、国内のリアル口座が動くなら、それを見て分析することもできるだろう。

少し表示が変わってしまうので、苦手ではあるが、昨日までのチャートは覚えている。その記憶と、見慣れない画面を繋げてブログを書くことは、可能だ。

出来ない時でも、トレードをする。トレードの為になる何かをする。問い合わせが返ってくるまで、ゲームをするみたいな時間の空費はしない。そういう積み重ねや意思が、億単位の金に繋がり、億単位の金を持った時に、この時を笑って思い出せる日が来ると思う。

それに、億単位稼いでも、その日にMT4が止まることもあるのだ。その日の為に過ごし方の実践をすることは、無駄ではないだろう。

いきなり、メイン口座二つが動かず、肩透かしを食らった感じはあったが、それでも、国内は、同じ業者でデモとリアルを持っているので、このリアルの方がずっと使っていないがログインはできたので、こっちを見ようと思う。

寧ろ、この機会に、メインをこっちの国内に変えてみるのもいいだろう。入金してみようか悩んでいる。

 

さて、今日の予測に入ろう。

 

株式市場について。

 

【ダウ平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

昨日はついに陰線になったようだ。ここ2日、ドル円円高になっている。もしかしたら、海外でのデモの影響を受けて下がりやすくなっているのかも知れない。デモは、社会問題が、コロナの影響で浮き彫りになった感じがあるので、コロナがある程度収束したら、収まりそうである。その意味では、デモによる下落だったとしても、実質的には、コロナによる下落だ。陰線が出たので、ショートでいいだろうと思う。日足の75MAとの乖離もかなり広がっている。

4時間足について。

4時間足も、75MAとの乖離がかなり開いている。この状態で、日足に陰線が出たら、ショートできると思っていた。昨日陰線だったので、今日はショートがいいだろうと思う。

1時間足について。

1時間足も昨日少し下落している。上値にレジスタンスを作った可能性が高い。まだまだ、75MAの上にあるので上昇トレンドではあるが、最高値をストップにショートでいいだろうと思う。

 

ショートがいいだろう。

 

日経平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

日経平均の日足も陰線になっている。4時間足の乖離にやっと反応してきたと思うので、ショートでいいだろう。

4時間足について。

4時間足は、昨日、少し長めの陰線が出た後、もみ合っている。まだ、75MAの上にあるので、上昇途中であるから、注意が必要だが、5分足がエントリー条件を満たしたら、ロングしよう。

1時間足について。

1時間足は、75MAの下に出ている。下落トレンド入りして、75MAをレジスタンスとしている可能性が高い。このままある程度は下落すると思う。4時間足が、75MAとぶつかる辺りで注意が必要ではあるが、それまでは、ショートしよう。

 

ショートでいいだろう。

 

為替について。

 

ドル円(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、急落している。104円を目指すと思う。今の下のサポートは、104円だが、お陰でこれ以上下がるかは、分からない状態だ。日足は、75MAを昨日一昨日で下抜いて、更に下落しているので、今日もショートでいいだろう。基本的には陰線になると思う。

4時間足について。

4時間足は、昨日、丁度、75MAで止まっている。まだ、75MAの上にあるので、上昇トレンドかも知れない。ショートには注意が必要だが、今日、75MAを下抜くなら積極的にショートしたい。しかし、今日だけなら、75MAをサポートとして、少しもみ合うかも知れない。本格的な下落は来週からだろう。

1時間足について。

1時間足は、一旦75MAをサポートとして止まったのだが、直ぐに下抜いている。かなり強い下落だと思う。このままショートがいいだろう。5分足がエントリー条件を満たしたら、ショートしよう。

 

5分足がエントリー条件を満たしたら、ショートしよう。

 

【ユーロドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

ユーロドルは、昨日ダウ平均が陰線だったのに、陽線になってしまった。相関がドル安株安で効いている可能性がある。このブログのタイトル通り、ドル売りができそうである。このまま株式市場が下がるなら、積極的にロングしよう。

4時間足について。

4時間足は、一昨日までに、75MAとの乖離を縮めているので、再びロングできる状態になっている。ロングしよう。

1時間足について。

1時間足も、75MAに沿う形で順調に上がっている。一昨日、一旦、75MAを下抜こうとしたが失敗して、再び上がっている。かなり上がると思うので、ロングしよう。

 

5分足のエントリー条件に従い、ロングしよう。

 

【ポンドドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

ポンドドルも昨日、ダウ平均が陰線だったのに、陽線になっている。相関が、株安ドル安で機能してきている可能性がある。ポンドはポンド安になるかなと思っていたのだが、もしかしたら、安心してロングができそうだ。しかし、ユーロやスイス程確実性があるわけではないので、様子見がより推奨されるだろう。

4時間足について。

4時間足は、75MAの上で順調に上げている。やるならロングがいいだろう。ただ、少しだけ、乖離が気になるので、様子見の方がより一層いい。ユーロドルも乖離があったが、ユーロはドル安株安で相関する可能性がある。しかし、ポンドは不透明なので、様子見が推奨されるのだ。

1時間足について。

1時間足も、75MAに沿って順調に上がっている。高値も切りあがっているが、少しもみ合い状態にも見える。横になる可能性も高いので、様子見しよう。

 

様子見がいいだろう。

 

【ドルスイス(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、昨日の株式市場の陰線に合わせて急落している。やっと動き出したかと言う感じだ。このままショートがいいだろう。

4時間足について。

4時間足は、75MAの下で下落しているが、少し乖離が気になる。しかし、乖離が広がって見えるのは、ここ数週間横だったので、そこから乖離が算出されているせいだ。これから株式市場が下落するなら、ドルスイスのドル安方向の乖離は広がる一方だろう。気にせずショートしよう。しかし、ストップは遠目がいいと思う。

1時間足について。

1時間足は、75MAの下で急落しているが、乖離がかなり広がった状態で反発もしてきている。75MAになら近づく可能性もなくはない。少し難しく感じる。しかし、5分足のエントリー条件が満たされたらショートでいいだろう。

 

ショートしよう。できたら様子見したい。

 

ドル円→ショート

ユーロドル→ロング

ポンドドル→様子見

ドルスイス→ショート

 

※結局、ブログを書いていたら、デモのメイン口座もMT4も全部ログインできて、繋がるようになった。やっぱり、前向きに何かするに限るな。

相場を楽しもう!!それが一番だが、それが難しい(*‘ω‘ *)

金曜日はブログサボった。そして、月曜日は一日副業で出勤してた。そういうわけで、再びブログに顔を出したのが、火曜日になった。

正直、来週月曜日まで休みたかったのだが、ブログを朝書くことを続けて数ヶ月…習慣になっているのか、朝の時間をブログを書かない場合どう過ごしたらいいのか分からない。

 

ドル円は、私が見ていない間に妙な値動きをしていたようだ。1円以上一日で円高になっている。これで急激に株安が進んでいれば納得できるのだが、株安は進んでいない模様。

しかし、私の数日間の予測というか希望的観測…ドル円はロングだとテクニカルでは言えるが、ショートしたくなるという直感の様なもの、それは当たった格好だ。それでも、休んでいたので、利益はない。個人的には、落ちてくるのは、私の休みが明ける予定の来週以降だと思っていた。

 

少し遠くから相場を眺めてみて思った。8月までの稼ぐノルマがあるのだが、自分で課したノルマに過ぎないが、それにせっつかれて焦りもあり、何か相場が今一楽しくなくなっていたなと感じる。

少し気楽に、それでいて情熱的に、暴落をとろうと、それだけしていた時期が一番楽しかった。

私のトレードそのものも、暴落をとるのを目標にしていた時期が多いせいで、暴落期、下落期の方が稼ぎがずっと大きくなって、上昇期はあまり稼げない傾向はあるのだが、それでも、今の上昇は、何か性癖に刺さる。

 

個人的に、株式市場は実体経済を表していると思っている。しかし、表しているのは、株を持っている人の実体経済だろう。

そういう人達は、コロナが流行している中でも、ステイホームが出来ているのではないかと思う。それに対して、株を持っていない人は、ステイホームできない職に就いているイメージだ。もちろん、そういう株を持たずステイホームできない人がいないと回らない経済部分もあるだろうが、その意味で、命の価値が平等ではないと感じる。

価値の高い命の人が株を持ち、好景気を既に謳歌し始めている。それが、報道されていないから、不景気なニュースや、価値の低い命の部分だけ報道するから、株価と実体経済がかけ離れているように見えるのだ。

この格差を反映した状態で、上がる株式市場はある意味性癖に刺さっていい。その意味で、正直ショートよりもロングをしたくなってしまう。

 

しかし、その格差を反映したコロナの影響での失業などの不況。それを理由にデモなどが起きやすい状態にあるのなら、そのデモを理由に株式市場が下がり、更なる不況になり、格差は更に拡大…誰も喜ばない不景気に…みたいなシナリオは、もっと性癖に刺さる。

 

そんなことを考えていた。

 

初心を取り戻すことが必要だ。私の初心は、この株価の変動の果てに望む世界があるかと?というのを、よく自問自答していた。そして、なかった場合はポジを持たなかったのだ。やっぱり、そうやって考えて気楽に投機していかないと、楽しくないと感じる。

 

それでも、他人の影響で、テクニカルだけを見て、単調にトレードしたくなる瞬間は多い。

 

さて、今日の予測に入る。

 

株式市場について。

 

【ダウ平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、75MAの上で急激に上げている。今日も陽線になるだろうと思う。それも、長めの陽線が出るのではないかと思っている。しかし、ドル円の昨日の下落が気になる。あの状態だと、株式市場の下落が始まる可能性も高いと思う。今日だけなら様子見がいいだろう。それに、一時的に上がりすぎだから、戻りを少し作るか、上値が重くなる可能性は結構高い。

4時間足について。

4時間足は、75MAの上で、乖離を広げつつ急激に上昇している。乖離を理由にショートできる時は近いと思うが、その為には、日足で一本は陰線がが必要だ。今は様子見しよう。

1時間足について。

1時間足も乖離を無視して、75MAの上で急激に上げている。上昇トレンドであり、ロングがいいだろうと思う。しかし、数日に渡り、既に上がりすぎである。これを追撃するのは、深追いという状況になりかねない。今は様子見しよう。

 

様子見がいいだろう。

 

日経平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足も、3月19日以来、3ヶ月も順調に上昇している。今も、75MAの上にあり、上昇トレンドだ。今日も陽線になる可能性が高いが、そろそろ戻しを作ったり、上値を重くしたり、少しトレンドが出にくくなる状態にあると思う。陰線が出たらショートだが、今は、様子見がいいだろう。

4時間足について。

4時間足も、乖離を無視して、順調に上昇している。このまま上昇する可能性の方が高い。もしかしたら、戻しを作らないかも知れないが、既に持っている場合はロングを持ちっぱなしにしてもいいが、新規でここで入るのは危険だと思う。やるならショートの方がいいが、それは、日足の陰線を待つべきであり、今は様子見しよう。

1時間足について。

1時間足は、ダウ平均と比べて、上昇速度が少し鈍ってきている。少しレンジになるのではないかと思う。これは、昨日ドル円が急落した影響が効いていうと思う。やるならショートがいいだろう。しかし、日足で陰線が一本出るまでは、様子見しよう。

 

様子見しよう。

 

為替について。

 

ドル円(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、昨日長めの陰線がでて200MAを下抜いている。これ、落ちてくると予測はできたが、いつかは、予測が難しかった。もし、資産の減りを気にせず逆張りでショートしていたら取れた可能性も高いが、その反面、どこまで上がるか分からないので、損失も青天井になりやすい。やはり、様子見で正しかったと思う。この状態なら、数日間横でもみ合う可能性が高いと思う。その後に、急落するだろう。それまでは、様子見だ。

4時間足について。

4時間足は、まだ、200MAの上にあり、上昇トレンドである。しかし、これだけの陰線を出した後に、陽線を出すことは、想像しにくい。しかし、ゆっくりと短めの陽線の連続で上げることも、否定はできない。様子見がいいだろう。

1時間足について。

1時間足は、200MAで下げ止まったようだ。しかし、急落の陰線が強力だ。この状態で、200MAをサポートとして、即上がることは想像しにくい。少しもみ合って、下に行くのではないかと思う。やるならショートがいいだろう。

 

5分足のエントリー条件に従ってショートしよう。

 

【ユーロドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、2日前に陰線が出ている。4時間足の乖離に反応したと思っている。このまま下がる可能性の方が高いが、その反面直ぐに下げてきていないのは気になる。少し横になる可能性が高いのではないかと思う。様子見がいいだろう。

4時間足について。

4時間足は、75MAの上で順調に上げている。ここ2日ぐらいもみ合いで、その結果、乖離を埋めつつある。乖離による下落に失敗した感じなので、このまま上がる可能性が高い。やるならロングがいいだろうと思う。

1時間足について。

1時間足は、75MAで下げ止まっている。75MAをサポートとして意識しつつ機能するのか試している状態だ。個人的には、上昇する可能性の方が高いと思っている。やるならロングがいいだろう。

 

5分足のエントリー条件に従い、ロングしよう。

 

【ポンドドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、75MAの上で順調に上げている。陰線を作る様子すら見せない。このまま上がる可能性の方が高いだろうと思う。やるならロングがいいだろう。

4時間足について。

4時間足も、75MAの上で順調に上げている。しかし、少し乖離が気になるかも知れない。乖離が気になるからと言って、日足に陰線が出ていないなら、ショートはできない。しかし、陰線が出るまでは、ロングもショートも様子見の方がいいだろう。

1時間足について。

1時間足は、75MAをサポートと認めつつ、上昇している。この状態ならロングがいいだろうと思う。

 

5分足のエントリー条件に従いロングしよう。しかし、4時間足では乖離が気になるので、デイトレードに限定しよう。

 

【ドルスイス(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、75MAの下で垂れている。しかし、少しレンジ気味の動きでもある。あまりトレンドでは出にくいのではないだろうか。様子見がいいだろう。

4時間足について。

4時間足も、75MAの下でゆっくりと下げている。やるならショートがいいだろう。

1時間足について。

1時間足は、昨日一旦75MAを上抜いている。その後、再び75MAの下に出たが、安値は更新していない。基本レンジになるだろうと思う。今日も様子見がいいだろう。

 

ドル円→ショート

ユーロドル→ロング

ポンドドル→ロング(デイトレード

ドルスイス→様子見

トレードは、仕事としてストイックに向かい合うべきだろうがドキドキする方が楽しい(*‘ω‘ *)

ところで、昨日は、一日トレードのことを忘れ、副業のバイトのことも忘れ、すごく気楽で楽しい自由な一日を過ごすことができた。

一日カフェに籠ってゲームしてショッピングして帰ってきた。以前は、ショッピングの途中やカフェでの時間の途中で、トレードのことが気になってしまって、度々チャートを見て、スマホからトレードしてしまっていたのだが、昨日は、そういうことはなかった。

朝早くに用事があった関係上、朝はブログが書けなかったのだ。だから、トレードできなかった。そもそもPCを開ける時間がなかったので、トレードが朝はできなかった。

やっとブログを書いてトレードの準備ができたのは、昼過ぎだった。

 

それでも、トレードのない一日がこんなに気楽で楽しいなんて…と考えてしまった。

それも、今日は、昨日アクティブに凄すぎたせいか、朝から怠さと眠気があり、今一やる気がでなかったのだ。

相場と距離を置きすぎると、気持ちが冷やされすぎてしまう。

今日は相場をしないといけないから憂鬱なのか、それとも別の理由があるから憂鬱なのか…自分でも、今日の朝の憂鬱の正体が分からなかった。

 

それでも、相場は少しドキドキわくわくして眺められるぐらいの方が楽しいと思う。

今では、ルールを守ることに躍起になってしまっているので、過去のドキドキ感がほとんどなくなってしまった。

それでも、大きく勝てば、自由になる金が増える。副業の出勤するタイプのバイトを辞めて悠々自適に過ごすことが出来るようになる。

 

それでも、今日の予測はドル円以外は昨日と大して変わらないし、そろそろ負ける周期に入るなら、負けた後に毎回やっている、ドル円のショート縛り、それを今からやった方がいいなと思っているので、昨日と同じ内容のブログを書くと分かっていたから、ブログを書く前に、ドルストのショートのポジを持ってしまった。

理由は昨日と同じで4時間足の乖離だ。多分、今日は、日足は陰線になるだろうと思っている。

本来なら、陰線出現以降に持つべきなのだが、この部分はまだはっきりとしたルールがない。

多分、今日負けたら、陰線出現まで待つというルールを作ることになるだろうと思う。

 

しかし、それが、ポジを持ったら少し興奮したのか、気分が良くなったのだ。

今日は、上にも書いた通り、朝から怠かったので、ブログを書くのが凄く億劫だった。

しかし、ブログで分析することが、トレードの成績をよくすると思っているので、書くようにしたいのだ。その為に、英気を養おうと、少し眠った。

結果、寝るより、ポジを持って覚醒した方が気分がいいということが分かった。

 

ドキドキわくわくしすぎると衝動的なトレードが増えそうである。

しかし、そのドキドキわくわくが、トレードのやる気を生み出す。結果として、ブログも書けるし、後々はトレードで勝てるようにもなるのだろうと思う。

 

昨日みたいに距離を置いてリアルを楽しめる日があるのもいい。しかし、トレードを楽しむのも同じぐらい良い。相場との距離感は、難しい。

 

さて、今日の予測に入ろう。

 

【ダウ平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

昨日はかなり長めの陽線になったようだ。ダウ平均は昨日以前は、日経平均に比べて出遅れていた。しかし、昨日はついに上がる方向性をはっきりとさせたようだ。日足だけを見るなら、今日も陽線になりそうである。日足そのものも、75MAの上にあり、上昇トレンドだ。ロングがいいだろうと思う。

4時間足について。

4時間足は、少し、75MAとの乖離が気になる。しかし、もう少し上がるだろうと思う。上値が重くなりそうだったら手出ししない方がいいが、基本はロングでいいだろうと思う。

1時間足について。

1時間足も、75MAとの乖離が気になる。しかし、このブログを書いている時点で、1時間足の陰線が一本出てきている。次のローソク足で、最高値を更新する可能性はないだろうと思う。一本分ぐらい様子見してから、ロングがいいだろう。1時間足そのものも、75MAの上にあるから上昇トレンドである。乖離は気になるが、ショートはしずだい。

 

基本はロングだが、乖離から、ショートが出来そうに見える一面も。少し様子見の方がいいかも知れない。

 

日経平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、急激に上げているし、日足そのものも、75MAの上にあるから、本来なら、ロングである。しかし、今日が陰線になったら、ショート目線にすべき状況である。それは、日足の、75MAとの乖離である。ここのところ、急騰しすぎである。このチャートの状態が、5分足なら、乖離は無視でいい。しかし、日足の乖離には、注意を払う必要がある。

4時間足について。

4時間足も、75MAとの乖離が気になる。このまま上昇する可能性もあるが、日足にまで乖離が波及している状態なので、反転の可能性の方が高い。今日が陰線になったら、翌日からは、ショートが良さそうだ。今日だけなら、様子見の方がいいだろう。

1時間足について。

1時間足も、75MAの上で順調に上げているが、上げるペースが少しずつ落ちてきて、長めの陰線が出る様になってきている。レジスタンスを構成しつつあるのではないだろうか。75MAまでなら落ちてくるかもしれない。やるならショートがいいだろう。

 

本来ならロングしないといけないチャートだ。しかし、乖離の為にショート目線になりつつある。陰線が出た後にショートした方が安全なので、今日は様子見しよう。

 

為替について。

 

ドル円(*‘ω‘ *)】

日足について。

ドル円の上値は、114→112→110と落ちてきている。104円が下値なのは変わらない。今は、109円目前まで上げている。本来なら、108円で引き返す予定だったのではないかという気がしてならない。その意味では、広義のレンジが上にブレイクしている。そして、日足そのものも、75MAの上にあり、上昇トレンドである。本来ならロングすべきだろう。しかし、ロングに魅力を感じない。

4時間足について。

4時間足も、5月7日以降上昇トレンドで、一昨日あたりに、75MAの上に大きく出てきた。このまま上昇しそうなので、やるならロングがいいだろうと思うが、様子見したい。

1時間足について。

1時間足も、75MAの上で急上昇しているので、上昇トレンドである。しかし、一時的には乖離が気になる。5分足で見ていると、少し戻すかもしれない。しかし、基本は、ロング目線だ。それでも、5分足だけを見ていると、ロスカットに引っかかりやすくなるので、気を付けよう。ショートしたいのが本音だが、今日はロングの方がいい。できたら様子見しよう。

 

ロング(気が進まない)か様子見。

 

【ユーロドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、75MAの上で急激に上げている。上昇トレンドなので、ロングがいいだろうと思う。しかし、乖離が少し気になる状態だ。少し戻すかもしれない。今日が陰線になったら、明日から積極的にショートしよう。

4時間足について。

4時間足も、75MAの上にあり、上昇トレンドである。しかし、75MAと乖離を広げて久しい。そろそろ、戻してくるかもしれない。ロングしたくなるが、少し手控えた方がいいかも知れない。様子見しよう。

1時間足について。

1時間足は、5月35日ぐらいから、75MAに沿う形で順調に上げている。今も、75MAの上で上げている。このまま上がる可能性の方が高い。基本はロング目線でいいと思うが、少し期間が長すぎる気がする。そろそろ落ちてくる頃かも知れないので、5分足がエントリー条件を満たしたら、ショートしよう。

 

5分足がエントリー条件を満たしたらショート。日足が陰線で引けそうなら、そのまま持ち越そう。

 

【ポンドドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、75MAの上にあり、上昇トレンドである。この状態で日足だけを見てのショートは勝率が悪い。やるならロングがいいだろう。しかし、今日あたり陰線になる可能性も高いと見ている。今日が陰線になったら、再び下降トレンドになるだろうとも見ている。

4時間足について。

4時間足も、75MAの上にあり、順調に上げている。上昇トレンドである。しかし、75MAとの乖離が気になる。少し垂れてくるかもしれない。やるならショートがいいが、日足で陰線が出るまで待った方がいいかも知れない。様子見か、ショートだ。

1時間足について。

1時間足も、75MAの上で順調に上げているが、ここ数時間分は少し垂れてきている。このまま下落する可能性もあり、やるならショートがいいかも知れない。1時間足を下抜いた状態になれば、持ち越しも可能だ。

 

やるならショートがいいだろう。

 

【ドルスイス(*‘ω‘ *)】

日足について。

基本的には、1年ぐらい下落トレンドである。レンジになりつつも、それは継続していると見ている。今も75MAの下にあり、下落トレンドが決定しているので、やるならショートがいいが、ポンドドルとユーロドルで、ドル高が警戒される状態である。ドルスイスは、近頃、ドル円よりもドルストと相関する。様子見がいいだろう。

4時間足について。

4時間足も、75MAの下にあり、下落トレンドである。やるならショートがいいだろう。しかし、ドルストとの相関を考えるに動かない一日になる可能性が一番高い。様子見しよう。

1時間足について。

1時間足は、6月に入ってからレンジになっている。トレンドが続くなら、このレンジというトレンドも続くと見ていいだろう。当分様子見がいいかも知れない。

 

様子見しよう。

 

ドル円→ロングか様子見

ユーロドル→ショート

ポンドドル→ショート

ドルスイス→様子見

 

 

12~24時間限定のトレード無敵タイム(*‘ω‘ *)

今日は朝用事があったので、ブログを書くのが午後になってしまった。

ところで、私の予測の精度は、一泊二日が限界で、12時間程度というのが一番いい。一泊二日も実は、勝率が少し下がってしまう。

今日は、いつもよりブログを書くのが遅いので、明日の朝まで持てるポジについての予測が出来そうだ。いつもは、朝~昼に持ったポジを夕方や夜に決済する感じで、稀に翌日まで持てただけだった。

 

ところで、昨日はドル円以外の予測は当たった状態だった。

しかし、気が付けば口座がハイレバになっていたので、午後の外出時に持っていくのが嫌で、早く決済してしまった。少し勿体なかったと思っている。

しかし、そんなのは、後付けだ。もしかしたら、逆に行っていた可能性もあったのだ。

昨日は決済したお陰で、先週2倍まで増えた資産を残すことが出来たと前向きに捉えようと思う。

ところで、私の資産は、このブログの記録では最高で20倍程度まで増えたことがある。しかし、その後ポジポジ病になって、結果原資まで減っている。

それでも、原資になれば、何故か緊張感がグンと上がるせいか、再び勝ち始めるのだ。

実は、デモもそんな感じで、原資からの動きがあまりない。一時期は、かなり増えたのだが。それでも、増える時は決まってトレンドが出ている時である。

本題だが、実は、資産を原資まで戻さず増やし続けた最長期間の記録を今日更新した。この調子で、明日の朝まで減らさなかったら、最長記録決定である。

 

しかも、今日は、ブログを書いている時間が遅く、ブログの言う通りにトレードすれば大抵勝てるか、間違っても大きく負けることはないので、順調に資産が増えている状態は、ほぼ決定である。大変嬉しい。

 

さて、今日の予測に移ろうと思う。

 

株式市場について。

 

ドル円(*‘ω‘ *)】

日足について。

ダウ平均の日足は、今日も陽線になると思う。ここ三日上げている。勢いがあるので、ショートはまず考えられない。考えられないもう一つの要因が、日足的には、75MAだ。日足は、現在、75MAの上にあり、上昇トレンドも決定している。今日もロングがいいだろう。

4時間足について。

4時間足は、数日前は、75MAとの乖離が気になったが、乖離を維持して、75MAが4時間足についてくる感じに上げて行っている。かなり強い上昇トレンドの様だ。このまま上昇する可能性が高いので、ついて行った方がいい。

1時間足について。

1時間足と75MAとの乖離は、かなり気になる。この位置だったら、5分足レベルで見ると、1時間足に対する売りで、5分足が垂れやすくなると思う。つまり、ロスカットに引っかかりやすい。少し様子見するか、やってもスキャルに限定すべきだろう。絶対に目を離さない方がいい。

 

ロングがいいがやってもデイトレードすら微妙であり、スキャルに限定した方がいい。

 

日経平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、かなりの勢いで上げている。しかし、お陰で日足の75MAとの乖離が気になるレベルになってしまっている。恐らくは、コロナ暴落からの戻り売りがそろそろ入ってくると思う。やるならショートの方がいいと言いたいが、逆張りになるので、この状態ではルール違反かも知れない。下位足次第だ。ロングに勢いはあるが、勢いに乗って平気な状態でもない。

4時間足について。

4時間足は、ダウ平均同様、75MAの上で順調に上げている。乖離を広げていたが、乖離を維持する形で、75MAが4時間足についてきている。このまま上昇する可能性の方が高いので、長期で見たら当然ロングである。しかし、4時間足の乖離を無視した状態で、日足の乖離と戦っている。この状態だったら、日足で陰線が一本でも出たら、ショートできる状態になっている。少し様子見しよう。

1時間足について。

1時間足は、数時間前に、陰線が数本出てしまっている。それでも、75MAの上で乖離を維持する形で順調に上げていた。しかし、数本の陰線が気になる。少しもみ合いになった後、垂れてくるかもしれない。しかし、この状態では、即ショートはできない。5分足のエントリー条件次第では、デイトレードかスキャルのショートなら可能だが、それも出来たら待った方がより賢明だろう。ここのところ、無敵過ぎた。そろそろ負ける周期なので、慎重になった方がいい。

 

様子見しよう。

 

為替について。

 

ドル円(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、昨日、107.30~108のレンジを上にブレイクしてきた。本来なら上がると見るのが普通だろうが、ドル円の特徴からして、急騰を1~2日続けた後は、必ず大きく崩れてくる。それに、このままだと、104円をサポートとして、上昇トレンドに転換する可能性がある。それが現実的か?と言うと、個人的にありえないと思っている。それは、ファンダメンタルズ的要因による。そうなると、このブレイクは騙しなので、5分足のエントリー条件と1時間足次第で、ショートした方が賢明だと思う。

私は、ドル円については、数年間ショートを続けている。ブレグジットやチャイナショックでは、そのショートで資産を作った。ドル円ショートだけは、他のペアよりも研究していて、その関係上、普通の条件ではショートできない時でも、ショートを考慮できる。今回もショートがいいと思う。

4時間足について。

4時間足も、2週間に渡るレンジを、上にブレイクしている。欲を言うなら、乖離が十分に開いた瞬間に、ドル円をショートしたい。かなり落ちることが期待できるからだ。乖離は、4時間足で判断する。今の状態で、ショートできるかは、微妙だ。一応、5分足と1時間足を参考にするが、この二つが、エントリー条件を満たす可能性は低い。ショートの方がずっと面白いが、正直、今ならロングの方が収益機会に恵まれているとは思う。しかし、心躍らない。

1時間足について。

1時間足は、5月11日以前から、順調に上昇トレンドだった。そして、ここ1~2日で急騰してきている。この状態の勢いのある足をショートするのは、あまり賢明とは言えない。もう少しもみ合ってからの方がいいかも知れない。しかし、5分足がエントリー条件を満たしたら、1時間足はもみ合いの形に入る可能性は極めて高く、その場合、今日あたりが、最高値になる可能性が高い。ショートを考慮しよう。

 

慎重に、5分足に従い、ショートしよう。

 

【ユーロドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、ここ2年のドル高トレンドを終えて上昇にトレンド転換していると思う。やるならロングがいいだろうと思う。特に、株式市場が落ちてきたら、ロングが勝つだろうと思う。その時は近いと思うが、一旦、4時間足を見てみよう。

4時間足について。

4時間足は、平均的な状況では反転するような乖離を見せている。その為、これ以上の深追いのロングはできない。日足で陰線が出たらショートすべき状況だ。今は様子見しよう。

1時間足について。

1時間足も、75MAの上で順調に上げている。このまま上昇する可能性の方が高く、勢いがあるので、乖離があってもショートは絶対にできない。しかし、4時間足が要注意水域に入っている。様子見しよう。

 

様子見しよう。

 

【ポンドドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、75MAの上にブレイクして上げて行っている。上昇トレンド入りしている可能性が高いが、75MAそのものは、まだ下向きであり、下落トレンドを完全に終えたとは考えずらい。しかし、既に上昇に入っている可能性は考慮すべきだ。今は様子見の段階かも知れない。

4時間足について。

4時間足は、75MAとの乖離が平均的状況として、凄く気になる状態だ。少し垂れてくるリスクがある。日足に陰線が出たら、ショートでいいだろう。しかし、今は様子見すべきだ。

1時間足について。

1時間足は、75MAとの乖離が気になる状態ではあるが、75MAが1時間足についてくる形で、乖離を維持している。このまま上昇する可能性の方が高く、この状態でのショートは、まずできない。やるなら消去法でロングになるが、4時間足の乖離は既に危険水域だ。様子見しよう。

 

様子見しよう。

 

【ドルスイス(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、75MAの下で垂れつつある。やるならショートがいいだろう。

4時間足について。

4時間足も、75MAの下で垂れつつある。やるならショートがいいが、ドルスイスは、暴落時以外は、ドル円よりも、ドルストとの相関が高い。今、ドルストで、ドル高を警戒すべき状態になっているので、これも、ショートはやりにくい。様子見した方がいいだろう。

1時間足について。

1時間足も、75MAにぶつかっていて、乖離もない。ショートがいいだろうと思うが、もみ合う可能性もあり、様子見の方がいいだろう。

 

様子見しよう。

 

ドル円→ショート

ユーロドル→様子見

ポンドドル→様子見

ドルスイス→様子見

 

株価のインデックスは、3日ぐらいは手出ししにくいかも知れない(*‘ω‘ *)

今日は、ブログの冒頭に書く内容が思い浮かばないな…と思っていた。しかも、リアル生活でしている仕事の関係上、時間もないw

それで、単調に予測だけ書いていこうと思っていたら、株価インデックスの流れが、手出しできない日足になっていた。

 

ところで、金曜日は、資産を2倍にして終えた。正確には、1.8~1.9倍程度だと思うが。

金曜日の予測はそこそこ当たったことになっている。

このブログ、始めた当初こそ、予測の的中率が高かったのだが、その時は、丁度コロナで暴落していた時だった。私の予測の仕方は、移動平均を使ったトレンドフォロー向けなので、暴落と言う形ではっきりトレンドが出ていた当時とは、相性が良かったのだろう。

しかし、今みたいに、まだレンジブレイクしていない状態の相場でやるべきことは、何か?と考えてみたら、様子見することなのである。

それでも、ブレイクを狙いたくなってしまう。

と言うわけで、トレード回数に制限をつけてみた。過去に会った、あるトレーダーの人もトレード回数制限をしていた。

私は、その人に倣って、一日3回、ワンペア一回という条件で縛ってみることにした。

 

ブログで予測を開始した当初、的中率が高いので、ブログの通りにしかトレードしないというルールを作ったが、それは、中々守られなかった。しかし、今では、そのルールは自然と守れている。

更には、私は、スマホからのエントリーでの勝率が悪いのだが、それを危惧して、スマホからトレードしないというルールを作ったが、これも中々できなかったのに、今では自然にできている。

忙しい月曜日、ブログが書けないが、そんな時はトレードしない。これも、過去は守れなかったが、今では守れている。

これらの規律のお陰で、トレンドフォローしか書かないブログなのに、レンジの今も善戦できている(*‘ω‘ *)

 

さて、今日の予測に入ろう。

 

株式市場について。

 

【ダウ平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

昨日少し垂れてきたようだ。今日は陰線になると思っている。もしかしたら、3日分ぐらい陰線が出るかもしれない。しかし、日足そのものは、75MAの上にあり、上昇トレンドである。この状態で、日足だけを見て、日足のスパンでショートするのは、賢明とは言えない。少し下位足も見てから考えてみよう。

4時間足について。

4時間足も、75MAの上で順調に上げている。しかし、少し垂れてきているというか、一時的に乖離に反応して、75MAに近づこうとしている状態だ。今日のところは、戻り売りが入ってきている状態になっている。やるなら、ショートだろう。

1時間足について。

1時間足は、75MAの下にあり、75MAを、レジスタンスとしている。少し垂れてくるかもしれない。ショートがいいだろう。

 

やるならショートがいいと思うが、トレンドフォロー的には、手出ししちゃいけない状態である。入るなら逆張りになる。1時間足だけはショートが有望ではあるが、それが今日中に4時間足に波及しない限りはデイトレードに限定しよう。5分足のエントリー条件に忠実に。

 

日経平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

日経平均は、75MAの上で急激に上昇している。ダウ平均よりも勢いがある。この勢いの中では、ショートは絶対にダメだと思うが、少し上がりすぎにも感じられるので、様子見するしかないだろう。しかし、ロングのスキャルなら、できるかもしれない。

4時間足について。

4時間足も、順調に勢いを持って上がっている。やるならロングがいいだろうと思う。少し上がりすぎなのは、気になるが、恐らくは、4時間足が、75MAに収斂するのではなくて、75MAが4時間足についていく状態になると思う。下がってくるのは、もう数日先だと思う。

1時間足について。

1時間足は、75MAの上にあるが、少し勢いがなくなってきている。一応ロングがいいと思う。もし、ここで、1時間足が、75MAに近づく状態に素早く垂れてくるなら、一旦上昇トレンドが終わり、押し目を作ると思う。日足にそれは波及するだろう。しかし、今のチャートでそれは想定しにくい。想定するなら、日足で陰線が一本出てくることが先に必要だ。一応ロングでいいと思うが、正直やりにくい。

 

ロングでいいと思うが、デイトレードでに逃げた方がいい。5分足のエントリー条件を守ろう。

 

為替について。

 

ドル円(*‘ω‘ *)】

日足について。

ドル円はレンジだと思う。107.30~108程度で動くだろうと思うし、この期間が、2週間に及んだので、今は動きにくい。日足にこれと言って特別な動きは見られない。今日のところは様子見の方がいいかも知れない。

4時間足について。

4時間足もほぼ横だが、昨晩、75MAを試す動きをした様である。しかし、その下抜けは、騙しに終わり、その後は、上げてきている。しかし、75MAがサポートとして機能するか試したにもかかわらず、そのまま上昇トレンドには入っていない。早晩、75MAは抜けてくるだろうと思う。やるならショートの方がいいだろう。しかし、75MAを抜けるまで待った方がいいと思う。基本はショート目線。

1時間足について。

1時間足は、そのレンジそのものがレジスタンスの様になっている。上昇がストップしてしまっている。75MAも一時的に下抜いて、それを騙しとした形跡がある。しかし、その後上昇トレンド入りはできていない。恐らくは、レジスタンスより、75MAというサポートの方がずっと弱いだろう。1時間足の形だと、今日中にショートできそうだ。4時間足に波及したら、ショートを持ち越してみよう。

 

ショートがいいだろう。4時間足に波及するなら持ち越し。波及しないなら、デイトレードにしておこう。

 

【ユーロドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、75MAの上で急激に上げている。2年以上に渡ったドル高トレンドが終わろうとしているように見える。この角度なら、このままロングして大丈夫だろうと思う。今日も陽線になる可能性が高い。

4時間足について。

4時間足は、1.10近辺のレジスタンスを抜けて、1.1145近辺のレジスタンスと戦っている。ここも抜けてくる可能性が高いと思う。しかし、今の位置でもみ合うなら一旦下落も視野に入れた方がいいだろう。上昇トレンド入りしているなら、抜けてくる可能性の方がずっと高い。5分足がエントリー条件を満たしたら、ロングしよう。

1時間足について。

1時間足は、1,1150近辺で少しレジスタンスを構成しつつある。しかし、乖離は解消済みであり、やるならロングがいいだろうと思う。1時間足が、75MAに近づいた時の値動きを想定して、ロスカットを設定しよう。

 

ロングしよう。5分足のエントリー条件と、ロスカットの位置に注意しよう。

 

【ポンドドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、75MAの上にかなり長い陽線で出てきた。このまま上昇トレンド入りすると思う。やるならロングがいいだろう。

4時間足について。

4時間足も、75MAの上で順調に上げている。1.2645近辺にレジスタンスがあるが、そこまではまだまだ距離がる。今の段階なら安心してロングしていいだろう。

1時間足について。

1時間足は、75MAとの乖離が少し気になる。乖離は必ず反応するわけではないが、反応するケースは比較的多く、ロングするなら、スキャルで逃げる腕が必要になる。少し難しいかも知れないので、様子見しよう。

 

乖離が理由だが、様子見がいいだろうと思う。

 

【ドルスイス(*‘ω‘ *)】

日足について。

ずっともみ合いだったが、ここにきて、75MAを下抜いてきている。このまま下落する可能性の方が高いと思っている。ドルスイスなら、ここ1年程度も基本は下落トレンドだ。ショートはしやすいだろうと思う。

4時間足について。

4時間足も、75MAの下で下落しつつ、安値を更新している。トレンドフォローでショートするなら、かなりしやすいと思う。ショートしよう。

1時間足について。

1時間足も、75MAの下で急激に下げている。乖離も昨日のもみ合いでかなり縮めた印象なので、今日は遠慮なくショートできるだろう。

 

5分足のエントリー条件と、ロスカットの位置に注意してショートしよう。

 

ドル円→ショート(デイトレード)か様子見

ユーロドル→ロング

ポンドドル→様子見

ドルスイス→ショート