ダウ平均の暴落を願うドル売り日記

暴落を願うトレーダーの日常と相場の話。本命はドル売り(*‘ω‘ *)他にも本の紹介などできたら。

記録しないといけないので、先週のドテンしたトレードについて(*‘ω‘ *)

一応最初に断っておくとデモだ(*‘ω‘ *)

でも、ある程度理論を立ててやる限りは、デモもリアルもそんなに関係ないと思っている。寧ろ、ある程度の理論は完成していても、リアルだと、早く億トレになりたくて焦って自分のルールを守れない&信じられない…みたいな自信のない勢にはデモはいい機会を提供してくれると思っている(*‘ω‘ *)

 

まず、デモだが、今のところ資産は順調に増えている。その反面、そろそろ負けるのでは?というメンタルになってきている。私は、鬱病も患っているが、そのせいか、調子が悪く虚無感が強くなる時期は負けやすくなるのだ(*‘ω‘ *)

 

それでも、デモをしている理由はここにある。ある程度冷静に自分を見つつ、トレードを理論化すれば、鬱が強い日でも、トレードをコントロールできるようになるのではないか?と思ったのだ。

 

さて、デモ資産は順調に増えている。

 

しかし、そろそろ本当に負けるのが怖くなってしまっているのだ。デモなんだから負けていいとは思ってない。将来のリアルトレードの結果がかかっているのだから。

デモでのトレードがリアルに生きる人と生きない人の違いはここにあると思う。生きる人は、そのデモを真剣に自分の人生の一部として、大切にできるのだ。ある意味真面目とも言える。しかし、『お金』と言う目に見えた報酬にしか目がいかず、トレードの技術を磨く気のない人には、デモは効果がないだろう。きっと、こういう人は人生とも真剣に向き合っていないと言い切れる(*‘ω‘ *)賭けてもいい(*‘ω‘ *)

 

私は、真面目だし、何事も真剣なので、デモでも十分に怖いのだ。

 

ところで、先週にドテンしたことについて、どう捉えたらいいのか分からなくて、困っている(*‘ω‘ *)

それは、リアルしている頃に資産を増やすこともある反面なくしたこともあるトレードがドテンだったので、諸刃の剣と自覚しているからだ。しかし、先週末は、上手くいった。

 

この日の流れとして、最初はポンドをショートしていた。

この日の流れとして、日足や4時間足が、ポンドドルでは下落トレンドに入っていると思い、同時に、ポンドスイスやユーロポンドはポンドドルに相関すると思っていたからだ。

ポンドの値幅が大きくなると思っていた。

しかし、ここ数日で、長めの日足陰線で一気に下げてきているので、一時的な反発も予測されると思っていた。その意味で、一時的にショートしても、持ち越すのはリスクが高いだろうと思っていた。だから、デイトレード用のショートのつもりだったが、そこまだ意思が固かったかは、怪しい(*‘ω‘ *)

伸びたら、一泊二日のトレードはしたかもしれない。それでも、日足一本ずつ刻むようにしないと、どこかで大きな損失は出るだろう。

 

しかし、この日、5分足が移動平均線の下で下げてきたので、ついていく形でエントリーしたポンドドルなどのショート。この後、最安値を一本の5分足で更新した後に、5分足数本で、その5分足下げ一本分を全て戻してしまったのだ。

その後、移動平均線の上にも顔を出したので、急いでロスカットして、ドテンした。

そうしたら、それが結構伸びたのだ。

しかし、日足や4時間足、1時間足では下目線ではあったので、5分足数本分の利食いで逃げた。

逃げ方は素晴らしかったと思うが、ドテンが正しかったかは、怪しいと思う。レンジに捕まることもあるので。

 

しかし、デモだから、ここのところは、よく研究していきたいと思う。

 

今日はこの後エントリーするかは、迷っている。

今のところ、『スマホからは絶対にエントリーしない』というルールは守れているみたいだ(*‘ω‘ *)

 

とにかく、今の自分には自信がないし、焦りがある。それを解消する為にデモを続けたいが、勝ち続けられれば希望になるが、負けるとその後どうしたらいいか分からなくなりそうで、怖い(*‘ω‘ *)

 

後々のリアルトレードにつなげていきたい(*‘ω‘ *)