ダウ平均の暴落を願うドル売り日記(*‘ω‘ *)

暴落を願うトレーダーの日常と相場の話。本命はドル売り(*‘ω‘ *)他にも本の紹介などできたら。

もしかして、ドルストの動きでダウ平均の強さが予測できるのでは…??

なんとなく、ダウ平均が反転しちゃったので、売り方の自分は見ているしかできなくなったのだが、ドルストのドル安とダウ平均の下落の相関性の高さを見るのが昨今好きになっている(*‘ω‘ *)

 

今日の朝、ドル円が1時間足がここ数日、4時間足がここ数ヶ月、上値抑えられているところで、上昇がストップしているのを見て、ショートしたくなったのだが、ダウ平均は絶対に上を示しているように見えた。

 

その時である。ドルストを見たのだ、ドルストは長期の予測では、ドル安だと思っているのだが、この時のドルストは、ドル高を示していた。これを見た瞬間…今日は休もうと思った。私は、暴落をとるのは調子いいのだが、予測が当たったとしても株式市場の上昇に相関する動きは苦手なのだ(*‘ω‘ *)

 

ところで、ドル円ショートを入れる時に、ダウ平均が落ちてくる可能性がある、だけではなくて、ドルストでドル安が起きる可能性が高い、というのも含めてショートしたらどうだろうかと思った(*‘ω‘ *)

これで確率上がりそうに感じたのである。

 

私は、ここ数日の下落はコロナによるパニックとは見ていない。コロナがニュースで報じられる前から、そろそろショートしたいなと思っていたので、売り場はできていた印象があるので、株式市場の自然な調整だろうと思っている。

しかし、ここ数ヶ月、今回の603ドルの下げでフィニッシュしそうな下げ以上のものは起きていないのである。

恐らく、もっと長い月足レベルの暴落をとりたいなら、月足で陰線が出た後に、日足が高値でもみ合っている状態…と言うのを待つ必要があると感じている。

それから持っても、いきなり日経平均で言うところの2万円は維持しているだろうから、全然間に合うだろう。

それ以外のショートは今回みたいに大きく落ちて大きめの利益が出た時点で逃げた方が良さそうだ(*‘ω‘ *)