ダウ平均の暴落を願うドル売り日記

暴落を願うトレーダーの日常と相場の話。本命はドル売り(*‘ω‘ *)他にも本の紹介などできたら。

ドル円ロング100pip抜き(*‘ω‘ *)

ドル円が一日に滑らかなトレンドで100pip動くことは滅多にないので、昨日は運が良かったのでしょう。ところで、今日の日記を書いてから利食うか持ち越すか決める予定が、先ほど、ドル円ロング、ユーロドルのショート、共に利食った(*‘ω‘ *)

資産は約倍になった。本来は今の位置から、1.3倍ぐらいは増える予定ではあったのだが、私のトレードの特徴は、『朝ブログを書いて、その通りにトレードしてみる』というもの。それで上手くいくことが凄く多いが、その反面『朝書いている』ので、寝ている間やその書いた日の値動きの全てが織り込まれていないので、翌日以降はどうなるか分からない…なら仕切り直すべきだと思ったからだ。

 

ところで、今日は休もうかと思っている。もちろん、ブログは書くがトレードは一旦休んで外の空気を入れた方がいいかも知れない。ここのところ、好調だったように思う。そろそろ、自分に隙が生じるのではないか…。

 

それに気になっていることもある。昨晩のドル円の上昇幅はかなりあったのに、日経平均先物やダウ平均先物がそこまで上げていないので。ダウ平均は高値を近々更新すると思う。それも、下げることもなく更新してくるだろう。しかし、それは今日ではないと思う。

 

ダウ平均はこれは本来下に行くべき状況ではあるが、この位置でのもみ合いが長すぎるのである。その意味で、売りに来ている人は多いが、下がるのが自然ではないと思うのだ。

 

さて、今日の予測に入ろう。

 

ドル円(*‘ω‘ *)】

日足について。

昨日高値をブレイクした形だ。恐らくは112円を目指してくると思う。しかし、今日明日程度はトレンドが出にくいと思う。75MAの上で上昇に勢いがあるので、日足での上昇トレンドが発生している可能性もあり、どっちにしろ上である。しかし、今日明日は様子見した方がいいだろう。

4時間足について。

75MAとの乖離が気になる。しかし、日足が上に行きそうな状態での乖離発生は、乖離を無視して上に行く場合がある。しかし、4時間足がもう少し75MAに近づかないとエントリーはしにくいのではないか。上目線ではあるが、今日は様子見だ。

1時間足について。

111.00ぐらいまでなら下げてくるかもしれない。しかし、これも75MAの上に1時間足があり、上目線だ。110.50まで下げるようなら遠慮なく買っていいが、それでも、1時間足が75MAに近づくまでは待った方がいい。様子見だ。

 

5分足だけ見ていると、今日だけはショートしたくなる。しかし、上位足が上目線の時、5分足だけ見てのトレードはなしだ。

 

【ユーロドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足で昨日今日と陽線が出ている。4時間足で出ている乖離に反応した可能性がある。それでも、日足そのものは、75MAの下にあり、相変わらずのドル高目線。それでも、今日明日明後日ぐらいは、ユーロ高になる可能性もあり、注意が必要だ。様子見しよう。

4時間足について。

4時間足が5MAの下で反発してきている。75MAまで戻しても、75MAを超えることはなく、そもそも今日そこまで戻すことはないだろうと思う。しかし、今日だけならユーロ高だろう。しかし、その意味で一日チャート見てられるなら、ロンドン時間に、ユーロロングをしていいかも知れないが、逆張りになるので、様子見が尚いいだろう。

1時間足について。

1時間足も75MAの下にあるが、底打ちっぽいチャートにはなっている。その意味でロング推奨だが、75MAの上にローソク足が出るまで待つべきだ。それでも、上位足の世界では逆張りになるから、デイトレード以外は推奨できないし、もしやるにしても、ロンドン時間まで待つべきだ。

 

様子見かロングだろう。ただし、ロングしたいなら、ロンドン時間にすべきであり、デイトレードに限定すべきだ。

 

【ポンドドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

二度の75MA上越えを挑戦後失敗して、MAの下に下落してきている。その意味で、今は下落トレンドの初動かも知れない。やるならショートだろう。

4時間足について。

2月10日の安値はハッキリとサポートになっている。12月23日の安値もここで止まっている。その意味で、今日だけなら少し反発してくるかもしれない。それでも、ここでもみ合った後最後にはドル高になると思う。理由は二つ。①ダウ平均が強い、②上昇は一時的にしているが、このポンドドルは上昇が足りない。このチャートだけならロングだ。

1時間足について。

もう少し下落余地があるから、ショート目線にしたいところだが、下落幅が期待できない。その意味で、ロンドン時間に一時的に下になったら、そこで拾ってロングをとるべきではなかろうか。もちろん、デイトレードだ。

 

足によって上下様々であり、今日だけなら複雑なチャートになりそうだ。様子見が推奨される。やってもデイトレード以外はすべきでない。

 

【ドルスイス(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足が一応75MAの上に出ているが、少し弱い。一旦75MAまで戻すのではなかろうか。その時のもみ合いを見てからロングすべきチャート。今日だけなら陰線が予測されるので、ショート推奨だ。

4時間足について。

75MAの上で順調に上げている。その意味で、ロング推奨だ。ただし、上昇速度が遅いのが気になっている。その意味では、様子見がより一層いい。ロングするなら、75MAまで落ちてくるのを待とう。

1時間足について。

1時間足は75MAの上にあるが、75MAまでの長めの陰線が出てしまっている。75MAをクロスしてしまうかもしれない。クロスしたら、ショート推奨だ。

 

ドルスイスは、様子見かショート推奨。

 

ところで、今日は全体的にドル売り予想になっている。しかし、ダウ平均の日足を見るに下がってくるイメージがないのだ。

その意味で、ドル売りはしにくい。ダウ平均の方向とドルの売買の方向はたまに相関しないことがあっても、安全の為に維持すべきだろう。

しかも、今日だけなら、長期のトレンドと逆方向になっている。今日は難しい一日になると思う。できないと割り切ることも大事だ。勝てる勝負だけをとっていくべきなのだ。有意義に過ごす方法は、私みたいなニートにも、いくらでもある。今日は相場に振り回されない一日を過ごそう。