ダウ平均の暴落を願うドル売り日記(*‘ω‘ *)

暴落を願うトレーダーの日常と相場の話。本命はドル売り(*‘ω‘ *)他にも本の紹介などできたら。

ドル売り保有中!!ダウ平均の暴落を希望(*‘ω‘ *)

先週の金曜日からドル円ショートをリアルで、ドル円以外のドルストのドル売りをデモで保有中。

今朝の値動きで分かるように、ドル円をショートしつつドルストをドルロングする投機筋がいると見ている私。その為、本格的な暴落以外では、ドルストでのドルショートはこの投機筋の動きのせいで初動では損失になりやすいと考えている。

 

ところで、今日は冒頭で、投機筋の逆をやっても利益がでる理由について、書いておこうと思う。

 

投資資金と投機資金というのは違うのである。投資資金というのは、日本からアメリカの株式に、円を売ってドルを買うという途中経過をたどって投資されたものだ。同時に、アメリカから日本への動きもある。しかし、ドル円レートがアベノミクス以降に、急激に円安になったのには、アメリカから日本への動きよりも、日本からアメリカへの動きの方が強かった…投資資金が多かったと思っている。

当然ながら、この投資資金は、ダウ平均が暴落して世界同時株安になる時は、決済されるので、各国に戻るのである。元々日本からの株式投資への流れが活発だった以上、日本に戻ってくる資金の方がずっと多いのである。これが円高の正体であり、投機マネー(笑)で円高円安になるというのは、完全なる勘違いだ。

 

しかし、ドル円ショートをよくやっている人は目にしていると思うが、ドル円の直近の底の際に急激にV字するのは、投機マネーだ。ドル円ショートと株式市場の暴落が相関すると思っている人の踏み上げが、あの正体である。

株式市場が上昇している最中であれば、あのように下降トレンドが完成した後ではなく、上昇途中に逆張りで円買いをしないとダメだ。それを分かっておらず、結果底で損失になる勢はかなりいる。

 

ユーロドルやポンドドル、ドルスイスでも同じ現象が起きて、ドル安株安が相関する事情も、ドル円と同じだが、昨今ドルが強めだったのは、景気が良かったからだ。景気がいいから、成長期待があるアメリカに、斜陽国(成熟国)から資金が集まるのだ。

しかし、不景気になると、多くの人は貯金を切り崩さないといけない。その切り崩しの動きが、アメリカの株式を決済して、円に戻して、日本で金を使うというものだ。

 

だから、断言する。

もう一度不景気になったら、円高になる。

 

しかし、民主党政権の頃の円高よりも円高になるかは、分からない。

 

これらの投資資金の動きと同じぐらい大事なのが、経常収支の増減だ。

現状日本の経常収支は圧倒的な黒字。アメリカは赤字である。

景気がいい時は、赤字国へ資金が流れ、景気が悪化したら黒字国に資金が流れる。

しかし、民主党政権末期に、日本は経常収支は黒字でも、貿易収支が赤字になってしまったので、もしかしたら、ドル円70円ぐらいに限界があるのかも知れない。

それでも、アメリカ国債を買った際の利払いのアメリカから日本への流れに対して、日本からアメリカの国債や株式に投資する資金が多いので、円安になりやすい反面、常に、この経常収支の流れが働いているので、ドル円の頭は抑えられやすいのだ。

だから、ダウ平均の上昇が止まったら、ドル円は落ちるしかない。

そういう意味で、私はダウ平均に注意して、ドル売りをしている。

 

何度も言うが、ドル円ショートではなく、ユーロドル、ポンドドル、ドルスイス、ドル円、でのドル売りだ。

 

日本はアジア通貨危機の際に真っ先にアジアから投資資金を引き揚げた前科がある。そのせいか、現在アメリカからの資金の引き上げも、暴落時には、早い。そして、ドル円以外のドルストでは、投機筋の間違ったドル買いが入る。結果的に、ドルストで、ドル売りをするのは、時期をずらした方がいいだろう。

 

どこが資金拠出国になっているか。それは、経常収支で黒の国が出してになっていると考えて間違いない。しかし、一個だけ謎なのは、暴落時に、ポンドすらドルに勝てるという点だ。これは、もしかしたらブレグジットの際に、自国に投資できないと思った勢が、アメリカに投資したという流れがあるのかも知れない。ポンドだけは、注意が必要だ。

 

さて、今日の予測に入ろう。

 

ダウ平均について(今からチャート見る)。

朝から窓を開けて下に落ちたようだ。この状態から陰線が伸びるとは考えにくい。しかし、数日以内に、12月23日ぐらいにつけた安値は下抜いてくるだろう。そうなると、かなり大きめの暴落になると見ている。もし、今日、この状態から更に下を目指してくるなら、既にかなりまずいレベルの暴落だと言える。

しかし、ここ数年それはなかったので、期待はしない方がいいだろう。

特に、世界が暴落する時、『まさか…このまま株式市場は終了しないよね??!!』みたいな期待が日本市場が包む。これを絶望させて下落させるのは、難しい。人間は自らの最期を認識するのは難しい。修正不可能な暴落は突然来るものだ。日本市場は強くなりやすいと思うので、ドル売りなどを行うなら、ロンドン時間やアメリカ時間まで待つべきだ。

 

ドル円(*‘ω‘ *)】

日足について。

2018年10月4日の高値から見て、今の位置は一時的な天井だとは思う。しかし、昨晩陰線とは言え、ドル円の日足は75MAの上にあり、75MAなどのMAと一緒にした分析では日足の上昇トレンドは否定されていない。ドル円は、日足だけを見るなら、様子見すべきだ。本来はロングだが、ダウ平均が弱い今、ロングはできない。ショートもできないので様子見しよう。

4時間足について。

108円から110円のレンジを上にブレイクした状態。更に、75MAの上にチャートもあり、気になるのは乖離だけだ。ただし、ドル円のファンダメンタルズは、ダウ平均が更なる高値を更新しない限り変化しない。となると、このブレイクは騙しであった可能性が高い。日足でも陰線が昨晩出ているのでショートだろう。ただし、私は既にショートを持っている。一応75MAの上に4時間足があるので、ロング目線が崩れていないことを忘れないのが大事だ。ショート推奨だが、様子見がより推奨だ。

1時間足について。

75MAどころか25MAが上昇について、機能している印象だ。25MAに下を支えられている&75MAの上に1時間足がある。これだけでロングを推奨したい。しかし、ダウ平均が弱い上に4時間足の乖離も気になるので、様子見推奨だ。

 

上位足の75MAとの関係性次第だが、これを速いスピードで下抜いてくるなら、ロンドン時間でショートする。

 

【ユーロドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

75MAの下で急激に下げたので、ボラティリティが広がるかも知れないと期待したが、先日から反発を始めている。ダウ平均が上がるなら、これはショートではあるが、ダウ平均が下げるなら、ロングだ。しかし、75MAの下にローソク足があるので、ショート目線崩れず、なので、下落に注意しつつロングと言う感じだ。積極的には推奨しない。

理由は、これ以上ダウ平均が今日中に陰線を長くすることはあまり考えられないからだ。

4時間足について。

25MAの下で順調に下げていたところ、ダウ平均の下落が決定した瞬間、それを上抜き、75MAの近辺まで上げている。75MAを超えてくるならロングだが、ダイレクトに超えず、レンジになるパターンもあり、様子見か、ロングだ。ただ、ここからダウ平均が絶望的に下げるパターンが想像できないので、ダイレクトに超えてくる可能性は低い。様子見がより推奨。

1時間足について。

75MAの上にユーロドルが出ている。綺麗なブレイクだと思うが、これだと上昇トレンドだろう。上位足のMAの位置に注意しつつ、デイトレードでロングするのはありだ。ただし、日本時間は株高になりやすいので、ロンドン時間まで待とう。

 

1時間足と5分足が同時に75MAを上抜くなら、ロングするが、それまでは様子見。

 

【ポンドドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

2019年10月21日から不規則なレンジだ。今現在は75MAを挟んでもみ合っている。手出ししない方が良さそうだ。

4時間足について。

レンジ幅を狭くしつつあると思う。75MAの近辺でもみ合っている状態だ。これもトレンドが出にくいと思う。様子見だ。

1時間足について。

75MAの上に1時間足があり、丁度上抜いてきた雰囲気だ。これならロングだが、上位足まで波及するか分からない。ロングしてもデイトレードに限定すべきであり、ロンドン時間まで待とう。

 

5分足と1時間足が75MAの上に同時にいた場合はロング。それ以外は様子見だ。

 

【ドルスイス(*‘ω‘ *)】

日足について。

75MAを上抜いて急激に上がるかと思ったら、75MAで上昇がストップしてしまった。下落トレンドが開始すると思う。ショート推奨だ。ただし、ロンドン時間まで待とう。エントリーの時は、5分足を見てやる。

4時間足について。

まだ、上昇トレンドが完全に否定されたわけではない。75MAのところで、下落が止まった状態だ。これを下抜いてくるようならショートだが、上を維持するなら、ロング。白黒はっきりしないので、ここは様子見だ。

1時間足について。

長めの陰線で急激に75MAの下で下落している。これならショート推奨だが、一時的に下げ過ぎているので、反発を注意する必要がある。ショートがいいが、するなら5分足を見ながらで、ロンドン時間まで待とう。

 

ドルスイスは、ショート推奨。5分足を見ながらショートしつつ、証拠金に余裕があれば持ち越して大丈夫。

 

ドル円→様子見

ユーロドル→様子見かロング

ポンドドル→様子見

ドルスイス→ショート