ダウ平均の暴落を願うドル売り日記

暴落を願うトレーダーの日常と相場の話。本命はドル売り(*‘ω‘ *)他にも本の紹介などできたら。

ダウ平均の予測がつかなくなってしまった(*‘ω‘ *)

今日が節目だと思う。

今日長めの陰線だったら暴落再開、今日長め陽線だったら上昇トレンド。短めの足や十字だったら、分からなくなる。レンジかも知れない。

そんな風に考えている。今日を見てから入った方がいいかも知れないので、今日だけは様子見がいい様子のダウ平均。何とも煮え切らない。

 

ところで、まだチャートを見ず、朝ニュースや噂だけでダウ平均の暴騰を聞き、ドル円が昨晩の高値付近で止まっている様子を聞いた時の私の感想は、今日からドル円をロングしようかな…というものだった。しかし、チャートを見た後の感想としては、直感はショートに変わった。その意味では、ダウ平均は、今日は下落するかもしれない。とても、ドル買いをする気分にはなれない。それだけ相場が、特に為替相場が、弱いと感じる。

 

反発するなら、底ではもっと勢いがあるものだと思うが、為替相場に限れば、今回の底は勢いがない。その意味では、上昇は厳しいのかも知れない。

 

しかし、これらすべて、『ポジを持ちたい』と言う私の願望が予測を生み出している可能性がある。先週金曜日にポジポジ病気味になり、しかし、そこは幸運で乗り切り、火曜日に調子が悪いことに気が付いて、休むと決めたので、ポジは本当は持てない。でも、ポジがある方が、一日に張り合いが出て、楽しいのだ。

 

しかし、この、『ポジがある方が楽しい』という困難、ほとんどのトレーダーが途中で通る道かも知れないとも思うのだ。色々考えたが、調子を崩し始めたのは、このブログには載せていない『5分足のエントリー基準』を破って利益を上げてしまって、それ以降エントリー基準を無視するようになってしまってから、ソワソワ感も、利益率の低下も出てきた気がする。そこから直そうと、これ書いていて気づいた。

 

さて、ダウ平均の予測に移ろう。

 

ダウ平均。今日だけなら上げるのか下げるのか分からない。日足~1時間足、5分足を丁寧に分析するしかないと思う。

日足だけで見るなら75MAの下にチャートがあるので、下落トレンドが決定している。しかし、急反発している。75MAまで戻すかもしれない。その意味で、今日は上昇トレンドの可能性が高い。ドル買いの方が優勢の可能性すらある。

ただ、分からない。今日がもし長めの陰線になるなら、暴落が再開されてしまう可能性も高い。これだけ分からないなら、手出ししない方がいいのではないか。

ダウ平均がはっきりと今日も動くなら、ドルも動くとは思うが、その肝心のダウ平均の方向性が分からない。

 

為替相場について。

 

ドル円(*‘ω‘ *)】

日足について。

75MAの下に日足があるが、少し下げ止まっている印象もある。ショートが鉄板の位置ではあるが、今日だけなら手出ししにくいかも知れない。

4時間足について。

4時間足も75MAの下で下げているので下落トレンドである。しかし、75MAとの乖離が気になる状態だ。乖離を無視して暴落を続けるパターンもあるが、ダウ平均の反発があり、その意味ではファンダメンタルズ的変化がないと言える。それなら、乖離は有効である可能性が高い。同時に、日足でも陽線が出ている。日足陽線かつ4時間足乖離の状態では、反発の確率はかなり高い。ショートは控えるべきであり、やるならロングである。

1時間足について。

75MAの下で順調に下げている。これならショートが優勢に見える。しかし、4時間足には反発の気配が見て取れる。一時的な反発になるかもしれないが、ショートには注意が必要である。ロングもショートもとにかくデイトレードに限定すべき一日だ。しかし、1時間足は、下落途中の踊り場に見える。スイングでショートを持つなら絶好の売り場という印象も。今日は難しい。

 

5分足次第である。ショートもロングも、慎重にならできそうだ。ショートなら今日持つべきだが、ロングなら焦る必要はない。5分足が条件を満たしても様子見しよう。

 

【ユーロドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足が、75MAの上に出てきているので、長きに渡った下落トレンドに終止符が打たれている可能性がある。ユーロドルが長期で上昇してドル安になるなら、ダウ平均は下落する可能性がある。一昨日陰線が出ているが、これは無視される可能性が高い。ロングが推奨される。

4時間足について。

4時間足は高値でもみ合っている印象はある。一旦上げ止まっている印象もあり、落ちてくるかもしれない。同時に、75MAとの乖離も広がっている。しかし、乖離を理由に逆張りは絶対にやめた方がいい。75MAの上での上昇であり上昇トレンドなのは明らかだからだ。ただ、ロングもしにくい。

1時間足について。

1時間足が75MAに接触している。75MAを試している状態だろう。反発してくるならロングだが、下抜いてくるならショートだ。上位足だと、ロングが優勢。反発した場合に限り、ロングしよう。下抜いてくるなら様子見した方がいい。

 

5分足でエントリー条件を満たしたロングしよう。ショートの方向に動いた場合は様子見だ。

 

【ポンドドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は75MAの下で下降トレンドとなっている。ショートと言いたいが、少し反発してきているのと、下落スピードがあまりに遅いので、この下落に無理がある可能性があり、やるならロングかも知れない。

4時間足について。

4時間足が反発してきている。75MAにも近づいている。上抜いて来たらロングが確定するチャートだと思う。

1時間足について。

75MAの上で上昇トレンドを再開した様に思う。どの程度上がるかは分からないが、ロングが推奨される。今回そこそこ長い上昇トレンドになったら、日足でもロングがはっきりと推奨される上昇トレンドになるのではないか。

 

5分足がエントリー条件を満たしたらロングすべきであり、それ以外は様子見しよう。

 

【ドルスイス(*‘ω‘ *)】

日足について。

75MAの下で急激に下げている。下落トレンドであり、今すぐにでもショートしたくなってしまう。これでダウ平均の予測が下なら完璧なのだが。しかし、今日だけなら上がる可能性もかなり高い。今日は難しい。

4時間足について。

75MAとの乖離が広がっているが反発するタイプのチャートではない。その意味で、今を踊り場と見なしてショートできそうだ。4時間足も75MAの下にあり、下落トレンドと確信できる。

1時間足について。

1時間足が75MAの下限に近付いているが、接触する様子はない。ほとんど触れるか触れないかで下落するのではないか。しかし、触れるかどうかは見たいと思ってしまう。触れた時の値動きを見てからショートしても遅くないのではないか。

 

様子見しよう。5分足がエントリー条件を見てしてもショートせず様子見しよう。

 

ドル円→ショートか様子見

ユーロドル→ロング

ポンドドル→ロングか様子見

ドルスイス→様子見