ダウ平均の暴落を願うドル売り日記

暴落を願うトレーダーの日常と相場の話。本命はドル売り(*‘ω‘ *)他にも本の紹介などできたら。

ダウ平均は下げ止まったと見ている。ドル円ロング持ち越し(*‘ω‘ *)

ダウ平均は下げ止まったと見ている。

今回の下落について、コロナの影響と見られているが、それについて、収束するか否かはともかく、ほとんどの人はコロナの危機に慣れてくると見ている。しかし、コロナを理由に娯楽が自粛される状態は長く続くとも見ている。その意味で縮小した経済が常態化するのではないかとも思う。その縮小した状態までは、もう下げたのではないかというのが、私の見方だ。

 

その意味で為替は分からないがダウ平均や日経平均はレンジになるだろうと思う。

その縮小した経済を理由に更に経済が悪化すれば、下落に転じるだろうが、それまでは、この高値(安値)で耐えると思う。

一応短期的な底打ちではないかと思っている。

だから、ここからやっていくならダウ平均も日経平均ドル円も、全てロングが推奨されるが、今回のことで学んだこともある。

下落の途中でロングを入れたせいで、収支が不安定になってしまったのだ。それとも、トレードとは、そもそもが不安定なものなのだろうか?

 

私の信条として、ショートだけをやりたいと思いつつ、上昇の兆しを見つけたら、ロングもしたくなってしまうのだ。結果として、ロングのタイミングが常に良かったので、下落した場合でも、持ち越したとしても、大した損失にならず、ショートの利益を残せる傾向が強かった。

 

それでも、ロングを我慢してショートだけをしていたらどれだけの利益になっただろうかと考えてしまう。それとも、トレードで完璧を求めるのが間違っているのだろうか。考えても、まだまだ駆け出しのトレーダーである私に答えなど出ないだろう。

 

今日は、昨日からドル円ロングとドルストのドル買いと、日経平均先物のロングを持ち越している。ダウ平均も欲しかったが、この前の爆益の時に怖いと思ってしまったので、ダウ平均はスキャルしかやる気がしない。

 

さて、今日の予測に入ろう(*‘ω‘ *)

 

ダウ平均について。

今日下げる確率は低いと見ている。だからと言って急激に上げるかは、分からない。もう一段下げるには、一旦上昇が必要なのではないかと思う。正直、その二度目の下落のスタート地点でダウ先をショートしたくて仕方ない。それまでは、ダウ先のトレードは少し難しいと思うので、控えるべきだろう。

それでも、もし今日何かしたいならロングがお勧めだ。

ダウ平均そのものは、75MAの下で下げているし、2018年の安値も下抜いたし、月足の陰線も25MAを下抜いているので、下落トレンドでいいだろうと思う。本来なら、月足も75MAを下抜くのを待つべきではあるが、月足が25MAを下抜くケースすら、当分なかったものなので、今回の下落が、もう少し長い下落トレンドになる可能性は凄く高いと思う。しかし、そろそろ反発する時でもあるのは事実だ。

安心して売れない下落トレンドと言えるだろう。本来なら様子見がいい。

 

ドル円(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は75MAの下にあって、急落した後に、75MAの目前まで戻した形になっている。75MAがレジスタンスとして機能していそうなので、ここを勢いよく上に抜けるのは、難しそうだ。日足だけ見るとショート推奨だが、もう少し、この位置でもみ合ってからショートした方がいいかも知れない。ここのところ、ドル円は強い。急落の可能性は、ダウ平均の底打ち予測も助けて、確率的に低いと思う。

4時間足について。

75MAの下で下落トレンドだ。今チャートを見たら、昨日からのロングを今すぐに決済したい気持ちに駆られた。しかし、この衝動的なトレードは成功したことがないので、よく考えよう。今日中に108円を超えられなかったらショートがいいが、ダウ平均が底打ちしたっぽいので、分からない。様子見しよう。

1時間足について。

75MAの下で順調に下げている。108.50近辺の高値を超えることがあれば、上昇トレンドと、ダウ平均の上昇が確定する。その意味で、ここまでは売り圧力が強いと思う。その中でロングを持つのは大変だが、今は、ダウ平均がこれ以上落ちそうにないので、ロングの方がいいだろう。持つとしたら低レバがいいと思う。

 

低レバでロング。ただし、108円~108.60近辺の動きには注意が必要。このラインまでは、増し玉はやめよう。

 

【ユーロドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

75MAの上に急激に上げた後に、同じペースで急落している。上昇がなかったことになっていて、上昇トレンドのスタートが否定されている。それでも、下落トレンドそのものも否定されていると思うので、次に急騰する機会を狙うべきだが、それまでは、最安値近辺までは落ちると思う。もみ合って上昇するのは、多分その後だ。今日だけならショートが推奨だ。特に、ダウ先が上げてきたら積極的にショートしたい。

4時間足について。

75MAの下で下げていて、安値も更新している。下落トレンド入りしていると思う。ショートがいいだろうと思うが、ダウ平均の上昇と相関する形でドル高になるには、もう少し時間がかかると思うので、それまでのもみ合いに耐える為に、低レバがいいだろう。

1時間足について。

75MAの下で順調に下げているので、下落トレンドだ。ショートがいいと思うが、ダウ平均との相関が直ぐに出ると思えないので、低レバでショートしよう。しかし、ショートするにも、ロンドン市場までは様子見した方がいいかも知れない。

 

ロンドン市場で低レバでショートしよう。

 

【ポンドドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

昨日月足の最安値まで落ちたようだ。ダウ平均は昨日はほとんど横だったので、相関は関係なし。この位置は数年間のサポートになっていて、越えにくい。故にロングがいいと思う。しかし、ここ数日のドル高は劇的なものだったので、直ぐにロングするのはやめた方がいいかも知れない。様子見が推奨だ。

4時間足について。

4時間足も75MAの下で急落しているが、そろそろ乖離が気になる。そして、今朝だけなら少し反発してきている。デイトレードでロングするのがありな気がするが、ロンドン市場まで待った方がいいかも知れない。

1時間足について。

1時間足も75MAの下で急激に下げているが、25MAまでは反発してきている。これを勢いよく超えてくるなら、4時間足の乖離に反応した可能性がある。ロンドン市場で、勢いを見て、それ次第でロングがいいと思う。

 

ロンドン市場でデイトレード設定でロングがいいだろう。

 

【ドルスイス(*‘ω‘ *)】

日足について。

75MAの下で急激に下げたあと、急反発している。ここから見るに、当分レンジになって、トレンドは出ないのではないかと思う。暴落が始まったら、暴落中は広めのレンジになると予測できる。今日は様子見がいいと思う。強いて言うならショートだが、ダウ平均が底打ちした状態でドル売りは分が悪い。

4時間足について。

昨日の急上昇で、75MAの上での動きが確定した状態だ。今日の東京市場では少し下げるかもしれないが、ロンドン市場で上昇を再開すると思う。その意味で、ロンドン市場を待ってロングがいいと思う。今日はダウ平均も上がりそうだ。

1時間足について。

75MAの上で順調に上昇している。上昇トレンドなので、ロングがいいだろう。しかし、1時間足単位の長めの陰線が出たら、一旦切って、その後にロングを持ち直した方がいいかも知れない。東京市場では動きそうにないので、ロンドン市場まで待とう。

 

ロンドン市場まで待ってロング。東京市場ではショートでもいける。

 

ドル円→ロング(低レバ)

ユーロドル→ショート(低レバ)

ポンドドル→ロング(ロンドン市場でデイトレード

ドルスイス→ロンドン市場でロング(低レバ)