ダウ平均の暴落を願うドル売り日記(*‘ω‘ *)

暴落を願うトレーダーの日常と相場の話。本命はドル売り(*‘ω‘ *)他にも本の紹介などできたら。

トレードする為に予測ブログを書く(*‘ω‘ *)

 

 

昨日も、ブログに書いた通りにトレードすることができた。1週間ルールを守り通したのは、最長記録である。ここには書かないが、ブログのルールを守るか守れないかについて、ペナルティとご褒美を決めたのだ。それが効いているようだ。

今は値幅がないので、一時期みたいに、短期間に20倍とかにはならないが、ブログルールを守っているお陰で、資産も順調に増えている。

 

しかし、トレードする度に思うのは、本当にエントリーが上手いなということだ。損失になることがまずない。

 

ロスカットになることは稀だが、稀なせいでロスカットのルールが曖昧だ。しかし、利食いについては、ルールが決定しつつある。

 

今日は、昨日から、ドルストのドル買いを持ち越している。株式市場は反転してきている。それなら、株高を期待してドルを買うのがいいだろう。

本当は、ドル円でもドルを買いたいが、ここだけは、ショート縛りしているので、ロングはできない。

 

さて、ダウ平均について。

今日も基本的には上がると思う。しかし、値幅はどんどん小さくなると思うので、300ドル程度の上昇があれば、奇跡の大反発だろう。

ダウ平均的には、75MAの下に日足があるので、下落トレンドであることには変わりないが、下が反発してきている。そして、その下が落ち着いてきている。これなら、順調に上げてくるかもしれない。ショートするのは、もう少し上昇に限界が見えてからの方がいいだろう。

 

日経平均も同じである。

 

為替について。

 

ドル円(*‘ω‘ *)】

日足について。

75MAの下に日足があるので、下落トレンドである。しかし、昨晩の100pip近い反発は警戒すべきであり、即ショートすべきではない。様子見しよう。寧ろ、ロングは好調になりそうだ。しかし、ショートしかしないと決めているので、様子見。

4時間足について。

4時間足が75MAの下にあるが、順調に落ちることなく高止まりしている。これなら、もう一度75MAの上に戻るかも知れない。しかし、移動平均の位置関係からして、ショートの方がまだ優勢である。しかし、そのショートにも限界が見えてきている。様子見しよう。

1時間足について。

75MAの下に1時間足があるので下落トレンドである。しかし、下落に勢いがないので、ここから深追いのショートはしにくい。トレ転している可能性もあり、一時的に様子見がいいだろう。寧ろ、ロングの方ができそうではあるが、ショートしかしないと決めているので、様子見しよう。

 

様子見。

 

【ユーロドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、3年間程度下落トレンドである。今も、日足が75MAの下にあり、下落トレンドと言える。この前一時的に上に出たが、あれも騙しに終わったようだ。ショートしよう。

4時間足について。

4時間足も昨日、75MAを下抜いて、下落を決定したようだ。ショートがいいだろう。

1時間足について。

1時間足も75MAの下にあり下落トレンドである。そして、下落速度を少し上げたのが昨日だ。今日もショートがいいだろう。

 

ショート。

 

【ポンドドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

75MAの下に日足があるので、下落トレンドである。しかし、ここ数日の急反発が結構過激であり、この勢いに即売りを浴びせるのは危険である。もしショートしたいなら、陰線が一本出るまで待つべきなので、今日は様子見しよう。

4時間足について。

4時間足が、75MAの上にあり、上昇トレンドである。しかし、上値が重いようにも見える。様子見がいいだろう。

1時間足について。

1時間足が、75MAを下抜きも上抜きもせずに、レンジになってしまっている。レンジブレイクした方についていくのがいいが、上位足から、下にブレイクする確率が高いと予測できる。しかし、その前に騙しがある可能性も否定できないので、日足で陰線が出るレベルのブレイクが起きるまで待とう。

 

様子見。

 

【ドルスイス(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、長期的な下落トレンドである。しかし、ここ数日は、75MAを上抜いているので、ロングがいいと思う。恐らく直近高値は抜いてくると思う。

4時間足について。

4時間足が、75MAを上抜いたので、上昇トレンドである。ロングがいいだろう。

1時間足について。

1時間足も75MAの上で上昇している。昨晩上昇の速度を速めたようだ。これなら、安心してロングできるだろう。今日もロングだ。

 

ロング。

 

ドル円→様子見

ユーロドル→ショート

ポンドドル→様子見

ドルスイス→ロング