ダウ平均の暴落を願うドル売り日記

暴落を願うトレーダーの日常と相場の話。本命はドル売り(*‘ω‘ *)他にも本の紹介などできたら。

今日の予測(*‘ω‘ *)

 

 ダウ平均について書こうと思う。

 

直近高値を昨日の急上昇で越えてきた格好になっている。

丁度25MAを超えたところと言った感じだろうか。これ以上、コロナ以外の材料が出てこないのであれば、下がらないと見ている。しかし、順調に上がっていく未来も想定しにくい。それでも、この前みたいに、1000ドルとか暴落する日々はなくなったと思う。

恐らく、各国は、これ以上の株価の暴落を防ぐ為に、経済対策をちゃんとやってくるだろうと思う。ここでの悪材料は、困窮からのデモや暴動を期待するぐらいであるが、これは、全力で防がれるだろう。経済対策やバラマキによって。つまらない…。

私は、75MAを基準にしているので、今は、まだ下落トレンドである。しかし、25MAにぶつかってはいるので、今日は売ってもいいかも知れない。ただ、大暴落は期待できないので、ダウ平均ではリスクはとりたくない。

 

日経平均も同じ感じだ。

 

為替について。

 

ドル円(*‘ω‘ *)】

日足について。

111.70近辺の高値は超えないと思う。112円には二度とならないと思う。今は、75MAの上に日足があり、上昇トレンドではあるが、この二つの高値に頭を抑えられると思うので、ショートしていいと思う。そして、今日下がるなら、今日の高値も、長い事越えない高値として固定されるだろう。

4時間足について。

75MAの上に4時間足があり、上昇トレンドではあるが、112.20を超えようとして、111.70で止まった経緯があり、そこから下落基調にはなっている。その途中で、一時的に、75MAを上抜いているに過ぎない。これなら、この上昇を騙しとして、再び下げてくるだろうと思う。ショートがいいだろう。

1時間足について。

1時間足が、75MAの上にあるので、上昇トレンドではあるが、勢いがないと思う。上値を抑えられている印象を抱く。ロングはやめた方がいい。ショートの方がいいだろう。

 

ショートがいいと思う。もう一度大きくとれる局面がきそうだ。

 

【ユーロドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足としては、長期のレンジになりそうな印象である。この位置では、一時的に上昇すると思う。日足は、75MAの下にあり、下落トレンドではあるが、ここ2日ぐらい下げ止まっている感じである。今日が陽線になるなら、明日からは安心してロングできそうなチャート。

4時間足について。

4時間足の、3月21日の安値に対して、押し目買いが入ってきたのが、今の位置だと思う。押し目買いが入って下げ止まったのだから、下には行きにくいと思う。やるならロングである。しかし、75MAの下に4時間足があるので、下落トレンドであるということは忘れずに。

1時間足について。

1時間足は、下値が堅い。ここ2日ぐらい、ドル高を狙ってショートしていたので分かるが、大抵同じところで止まっては、幅の狭いレンジになってしまっているのである。下値が決定していると思う。75MAの下にあり、下落トレンドではあるが、それが終了しつつある。ロングがいいと思う。

 

ロングがいいと思う。しかし、MAとの関係では、まだまだ下落トレンドであり、注意が必要だ。

 

【ポンドドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

ここ数日の予測が甘かったのか、一旦陰線になったものの、再び陽線になりつつある。75MAの下にあり、下落トレンドではあるが、少しもみ合った後、反発してくるかもしれない。再び、75MAを上に越えてくるかもしれない。ロングがいいだろう。

4時間足について。

4時間足が、75MAの上にあり、上昇トレンドである。若干上値も重いが、下値も堅い。少し手出しがしにくいが、どちらかと言うと、ロングの方がいいかも知れない。ただし、様子見はより推奨されるので、様子見しよう。

1時間足について。

1時間足が、75MAの下にあり、下落トレンドである。しかし、あまりにも値幅が小さくなりつつある。MAを超える時は値幅を伴うので、こうやって、値幅がないと超えない可能性が高いと見ざるを得ない。一応、ロングがいいが、それは消去法での選択であり、積極的には様子見がいいだろう。

 

どうしてもポジりたい場合はロングしてもいいが、できたら様子見しよう。

 

【ドルスイス(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足はここ数ヶ月安定的に下落トレンドである。この前の急落でも最安値をつけた。今、75MAの上にあるが、そろそろ落ちてくる頃だと思う。本来なら、75MAを下抜いてからショートすべきだが、今の段階でショートしても全く問題ない。しかし、安心感がないかも知れない。様子見がよりいいかも知れない。

4時間足について。

これも、大体ドル円と同じチャートになっている。今の位置は下落を警戒すべき状況である。それでも、75MAを下抜いてからも積極的に下に行く可能性があるので、今日直ぐにショートする必要もない。様子見よりのショート。

1時間足について。

4月3日から値幅が本当になかったみたいだ。それについて、無理に上に行こうとしたからではないかと言う印象が拭えない。テクニカル的には上だったので、それは間違いないのだが、恐らくは、ファンダメンタルズ的には下なのだろう。そのせいで、不自然な値動きになった。今日からは、ショートを毎日のように狙うべきではあるが、1時間足が、75MAを下抜いてからにした方がいいかも知れない。ショートよりの様子見。

 

ショートよりの様子見。しかし、ポジポジになるなら、ショートするのもいい経験だ。

 

ドル円→ショート

ユーロドル→様子見かロング

ポンドドル→様子見かロング

ドルスイス→様子見かショート