ダウ平均の暴落を願うドル売り日記

暴落を願うトレーダーの日常と相場の話。本命はドル売り(*‘ω‘ *)他にも本の紹介などできたら。

今日の予測(*‘ω‘ *)

今日の予測だ。

【ダウ平均(*‘ω‘ *)】

予測つかず!がはっきりしている。ここ数日はほぼ横だし、落ちてくる時に落ちてこなかった限り、下を予測するのは、無邪気過ぎるだろう。

ただ、言えることは、暴落期と違って、ボラティリティが下がっている。その意味で、パニックは収まったと言えると思う。各国政府が金を刷って景気対策をしているのも、相場には効いてきていると言えるだろう。

しかし、昔知人に聞いたことがあるのだが、ソ連というのは、チェルノブイリの事故があるまでは、上手く行っていたらしいのである。しかし、事故があり、その事故を受けて、国民に保障をしっかりとした結果財政が悪化したらしいのだ。私は、MMTには懐疑的な立場をとっている。今回のコロナ騒動の保障をきっかけに、将来的には財政危機のリスクは高まったと思っている。しかし、それを理由にまたVIX指数が上がるのは、今日ではないと思う。

日足について。

日足は値幅がなくなってきているので、上昇トレンド入りすると思う。暴落はもう終わったと見ていいだろう。今回の株価の反転だが、ほぼ、FRBが金融緩和を決めた日ぐらいを堺に上がってきている。やはり、金融緩和には注意して売って行った方がいいという経験になった。75MAの下にあるが、暴落を狙ったショートはしないようにしよう。

4時間足について。

4時間足は、75MAにサポートされて順調に上げている。上昇トレンドと見ていいだろう。日足にこれが波及するのも時間の問題だ。やるならロングの方がいいだろう。

1時間足について。

1時間足は、75MAの下にあり、ここ数日は下落トレンドだったと言えると思う。しかし、ここ数週間の為替のチャートが、MAを挟んで揉み合う傾向にある。ダウ平均も、この様子なら、もみ合いに入るのではないかと思う。

 

今日は様子見がいいだろう。

 

日経平均(*‘ω‘ *)】

昨日は、5分足を見ていたら、一時的に落ちるチャートになったので、入ろうと思ったが、少し気になるチャートの形だったので、エントリーをやめた。下落を思ったより長く続けていること。最安値から、75MAまで急反発していること。この二点が気になったのだ。順調に上げるなら、最後の急落急騰はないはずだと思った。

この判断は正しく、昨日は、日経平均は上がってしまった。しかし、ノーポジだったので、損失は被らずに済んだ。

日足について。

数日前まで、下げに行く様子を見せていたが、ここ2日で持ち直している。日足は、75MAの下にあり、下落トレンドと言える。しかし、山が高値を更新している状態で、谷の下値も更新する様子がないことから、上昇トレンドと言える。この状況でのショートはできない。だからと言って、ロングもどうかと思う。勢いがないので、あまりとれないだろう思う。低レバで1ヶ月とか持つなら別だが。その場合も、ショートよりロングがいいだろう。

4時間足について。

4時間足は、昨日75MAの下に沈んだが、再び上げてきている。上昇トレンドと言える。75MAもサポートとして機能しているので、やるならロングがいいだろう。暴落は、もう終わったと思う。

1時間足について。

1時間足は、今日のこの時間は、75MAをレジスタンスとして、75MAと戦っている状態だ。これを上抜いたらはっきりとロングできるだろうと思う。5分足のエントリー条件にしたがい、5分足に勢いがあったらロングしよう。しかし、ドル円ロングの方がいいかも知れない。

 

ロングがいいだろうが、ダウ平均同様、1ヶ月とか持つつもりの低レバで、という条件がある。

 

為替について。

 

ドル円(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足で見ると、8日間ほぼ横になっている。それは、株式市場の値幅がないことを反映しているだろうと思う。日足そのものは、75MAの下にあり、下落トレンドである。この状態では、まだ積極的にはロングはできない。しかし、早晩、75MAの上に上がるだろうと思う。やるならロングがいいだろう。

4時間足について。

75MAをレジスタンスとしてもみ合っている。かなり長い期間横になっている。しかし、直ぐにはじかれて下に行かないあたり、サポートもないのに、レジスタンスに抑えられている癖に、強いなと感じてしまう。ここに、75MAとの位置関係には違和感を持ってしまう。出来たら様子見したいが、もしポジを持ちたいなら、ショートよりロングの方がいいだろうと思う。

1時間足について。

1時間足は75MAの上にあるが、それをサポートとしているにもかかわらず、順調には上げてこない。これは、4時間足とは逆の状態だ。結局、4時間足の75MAをレジスタンス、1時間足の75MAをサポートとして、それに挟まれる値動きになっているのだろうと思う。これだと動きにくい。しかし、株式市場も含めて総合的に分析すると、ロングの方が勝ち目があると思う。

 

ロングがいいが、できたら様子見したい。

 

【ユーロドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、75MAの下にあり、下落トレンドである。やるならショートがいいだろうと思う。ハッキリとショートを推奨できる。しかし、低レバにしておこう。

4時間足について。

4時間足も、75MAの下にあり、下げている。下落トレンドである。しかも、ここ数回で下落速度を上げているので、75MAが、はっきりとレジスタンスとして機能したと思う。ショートがお勧めだ。

1時間足について。

1時間足も75MAの下にあり下げている。しかし、レンジにも見える。1.08ぐらいがサポートになっている。これの近くまで、75MAが近づくまで様子を見た方がいいかも知れない。

 

様子見かショート。5分足次第だ。

 

【ポンドドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

75MAの下で長めの陰線が出ているので、下落トレンドで、それも、強めの下落トレンドだと思う。やるならショートがいいだろうと思う。

4時間足について。

4時間足も、75MAの下にあり、下落トレンドである。ショートがいいだろうと思う。低レバなら、まず勝てるのではないだろうか。

1時間足について。

1時間足も、75MAの下で順調に下げているので、下落トレンドである。ショートがいいだろう。

 

ショートで大丈夫だ。5分足のエントリー条件に従い、ショートしよう。しかし、低レバにしておこう。2週間ぐらい持つことになるかもしれない。

 

【ドルスイス(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足が、75MAの上にあり、上昇トレンドである。ロングがいいだろうと思う。

4時間足について。

4時間足は、75MAの上に、一応あるが、勢いが全くない状態だ。上昇トレンドだとは思うが、横である可能性はもっと高い、ロングが推奨だが、様子見がより一層いいかも知れない。

1時間足について。

1時間足は、75MAの上で順調に上げている。上昇トレンドなので、ロングがいいだろうと思う。

 

ロングがいいだろうと思う。5分足のエントリー条件に従い、慎重にロングしよう。

 

ドル円→ロングか様子見

ユーロドル→ショートか様子見

ポンドドル→ショート

ドルスイス→ロングか様子見