ダウ平均の暴落を願うドル売り日記

暴落を願うトレーダーの日常と相場の話。本命はドル売り(*‘ω‘ *)他にも本の紹介などできたら。

何事もルーティン化しないと上達しないと実感してきている(*‘ω‘ *)

ここ数週間トレードが不調。理由は、チャートを見れば分かる。値幅がないからだ。

ここにきて、珍しくデモの方が好調になっている。理由は持ったロングを持ったことを忘れてしまってロスカットしていないからだ。低レバだからできることではあるが…。

 

個人的にはちょっと方向性が掴めなくなってしまった。

しかし、その方向性が掴めない中で、トレードしないと利益もない、機会損失は嫌だ、そんな焦る気持ちがあるのだ。こういう気持ちとどう向き合ったらいいか。これは、今の課題である。

そんな時、ルールに沿ったトレードをすることが役に立つ。エントリーの条件を満たさなければポジらない。そう決めていれば、焦りと戦うことができる。

しかし、感情的にトレードしなくなってから、トレードが少しつまらなくなってしまったのだ。当然と言えば当選だけれども…。

 

ところで、今日は朝の寝覚めがとても良かった。朝、ブログを書かないといけないと思うと、朝から結構鬱になったのだが、自分の気持ちを少しまとめることができると思うと気持ちが前向きになった。

 

悩むのはやめて、できることをしていこうと思う。

 

さて、今日の予測に入ろう。

 

【ダウ平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、75MAの下にあり、下落トレンドである。しかし、底からは反発してきていて、高値下値共に切り上げている。反発途中かも知れないが、ここ数日のローソク足の流れを見ると、上値が重い。また下値を切り下げるかは分からないが、一旦落ちてくると思う。今日はショートが良さそうだ。

4時間足について。

4時間足は、75MAがレジスタンスとして機能していそうだ。上値を75MAに抑えられる形で、75MAの下で推移している。ショートがいいだろうと思う。

1時間足について。

75MAを一旦超えたのが昨日だが、それが日足の長い上髭となり、1時間足では、75MAと丁度の位置まで落ちてきている。下落トレンドになるかは、この状況では分からない。5分足がエントリー条件を満たすのと、1時間足が、75MAを下抜くのを目安にショートがいいと思う。その両方の条件が揃わないなら、様子見しよう。

 

ショートか様子見。しかし、トレンドは出にくいという説も支持したい。それならば、様子見がよりいいかも知れない。

 

日経平均(*‘ω‘ *)】

大体がダウ平均と同じ感じだ。

日足について。

75MAの下にあり、下落トレンドである。しかし、底から急反発してきていたので、その状態でショートはできなかった。しかし、ここ数日上値が重くなっているので、一応ショートできる状態になっている。それでも、トレンドが出ず、横になる可能性もあるので、様子見がより推奨される。

4時間足について。

4時間足も、75MAの上で急激に上げようとしたが、それが騙しとなる形で、75MAまで落ちてきている。下落トレンドだと思う。ショートがいいだろうと思うが、4時間足が、75MAを下抜くのを待とう。

1時間足について。

1時間足は、75MAの上にあり、上昇トレンドである。この状態でショートはできないので、ショートするなら、75MAの下に1時間足が落ちるのを待つべきだ。しかし、その前に、5分足がエントリー条件を満たすと思う。その状態でホールドして、1時間足が落ちるかどうかで、持ち越すかを決定するのがいいと思う。

 

基本的にショートだが、値幅が出ない可能性も考慮して、慎重にやろう。5分足に注意すること。

 

為替について。

 

ドル円(*‘ω‘ *)】

日足について。

ドル円は面白みがないかも知れない。107円がサポートになっているが、上手く上がることが出来ていない状態だ。ここ数日ロングで予測を出していたが、それがことごとく外れる状態になっている。お陰で自信を喪失している。ここにきて、株式市場が下向いてきたので、ショートがいいかも知れない。一応、日足も、75MAの下にあるので、下落トレンドである。しかし、形が今一気に入らないのと、ドルストがドル高になりそうなのに、ドル円だけが円安になるというのは想像しにくい。様子見がいいかも知れない。

4時間足について。

4時間足はほぼ横である。40pipぐらいの値幅でもみ合っている。トレンドが出てきてから入った方がいいと思う。今は様子見しよう。

1時間足について。

1時間足は、75MAの上に出てきている。107円のサポートと75MAというレジスタンスに挟まれていた結果、この二つが近づいて、上に動いた状態だ。トレンドのスタート地点かも知れない。やるならロングがいいだろう。

 

5分足に注意しつつ、デイトレードでロングがいいだろう。下位足だと、ロングに傾いているが、上位足で、ロングを否定している。100pipとか利益が出そうなら一泊二日させて大丈夫だが、可能性として低いと思う。

 

【ユーロドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足が、75MAの下で下げているので、下落トレンドである。ショートがいいだろうと思う。

4時間足について。

4時間足は、75MAの下で下落の速度を増しつつある。ショートがいいと思う。

1時間足について。

1時間足も、75MAの下で順調に下げている。低レバなら数日間ショートが持てるかもしれない。ショートがいいだろう。

 

ショートしよう。ドル円と違って、自信を持ってショートを推奨できる。

 

【ポンドドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足が、75MAの下にあるので、ショートがいいだろうと思う。一時期急反発していたし、この急反発が、75MAの上でなら、ロングの方が優勢になってしまう。しかし、75MAの下ならショートが優勢だ。

4時間足について。

4時間足も75MAの下にあり、ショートの方が推奨される。しかし、少し上げだしている状況にも見えなくもないので、5分足のエントリー条件に従いつつ、慎重にショートすべきだろう。

1時間足について。

1時間足は、75MAの上にあり、上昇トレンドである。ロングが推奨される。

 

上位足と下位足で判断が分かれる。難しいので、様子見しよう。

 

【ドルスイス(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足が、75MAをサポートとはっきり決め、上昇しているのでロングがいいだろうと思う。ここから上昇トレンドが発生すると思うので、積極的についていこう。

4時間足について。

4時間足が、75MAの上にあり、上昇トレンドだ。ロングがいいだろう。

1時間足について。

1時間足が、75MAの上で順調に上げている。ロングがいいだろうと思う。

 

ロングがいいだろう。5分足のエントリー条件に従って、ロングしよう。

 

ドル円→ロングか様子見、かなり慎重に。

ユーロドル→ショート

ポンドドル→様子見

ドルスイス→ロング

 

____________________________

 

ここ数週間トレードは調子が悪い。

そのせいで、朝起きて、どうせまた資産減るんだろうなとかなり卑屈になっていた。

しかし、このブログを書いていたら、気持ちは上がってきた。

 

思えば、ハイレバにして、選択肢を狭めて、直ぐにロスカットになるからと、針の穴に糸を通すように精密にトレードしていたのが疲れたのかも知れない。

しかし、数週間前の乱高下の時程、興奮はしなくなって、今一つまらないという気持ちもある。

個人的に株式市場は何となく、上げるのではないかと言う気がしている。

暴落を希望している勢を見ていると、何か貧乏神に憑りつかれたような、運気の下がる連中が多いのだ。彼らの望みが叶うわけがないと確信してしまう。

その反面、外を見ると下げる材料しかないのも、買うのを躊躇わせる。凄く難しいマーケットだと思う。

 

思えば、上昇相場って簡単だったのだなというのが、今の感想だ。

 

3ヶ月ブログを書いて、やってはいけないことは分かったが、やるべきことは、今一分からずという感じだ。先が長いという思いになると、気が重くなる。それでも、今できることをするしかないのだ。

ブログを書く、ルールに従う、それ以外にできることはない(*‘ω‘ *)

 

ここからは、日常について。

 

ここのところ、トレードがルーティン化するとある程度資産が増えるという記録が作れている。

そのせいか、何事も下手くそな時から、ルーティン化する努力をしないと上達しないと考えるようになっている。

 

トレードも上達したいが、それと同じぐらい上達したい分野が、ブログとコスプレである。

この二つもコスは毎週やる、ブログは毎日書く、の様にやると上達するのか?と考えるようになっている。

 

トレードは、本気で研究しだして1年程度だが、かなり上達したと思っている。

当時、あるトレーダーにエントリーが上手いと褒められたが、何が上手いのか分からなかった。しかし、今なら、どの種類のエントリーで利益が出やすいのかは、分かってきている。

ここ数週間は負けているが、それも、今の相場が値動きがないせいだろう。その中でも、ポンドの急落など、とれている場面は多い。

 

今は、新しいルールとして、一泊二日を付け加えようかとも思っている。

ここの予測も毎日だしている。その中で外すこともある。

そして、上記トレーダーに、私のエントリーは短期で優位性があるとも言われたのだ。

そのことも、経験則で分かるようになってきている。

 

何事も、ルーティンを決めて続けることが大事だと思う(*‘ω‘ *)

 

ところで、『今できることをやる』というフレーズについて考えてみた。

不可能に見える目標に向かう時、これが大事だということは、皆分かっている。

そのせいか、皆が口に出す。しかし、その不可能な目標に到達できるのは、一握りである。

そのせいか、このフレーズを口に出して、結果届かない人間をよく見るせいか、届かない場合のフラグとして認識できることの方が多い。

 

漠然と思ったのだが、届かない人間は、その時その時の、自分のルーティンをコロコロ変えているのではないかと思った。

 

例えば、toeicで高得点をとる為に、毎日英単語を10個覚えるみたいな目標を立てることを考えてみる。しかし、10個の英単語が到達目標に資するようにはとても見えない。

結果、最初の、この10個というルーティンを曲げて、長文読解に挑戦する、みたいにルーティンを変える人を良く見る。

 

このフレーズを口にする人は凄く多い。

しかし、できることを理解して、それを精一杯やりつつ、当初のルーティンを維持する人は凄く少ないのだ。

 

そのせいか、『できることを精一杯やる』『今できることをやる』そう口に出す人のほとんどは、貧乏な負け組だ。

 

実際、この前までの、FXのライングループにこういう負け組の典型がいたのだ。

 

今、何故、そのことを、ここで書いているか。

それは、後からこのブログを見返す為である。

見返して、あの時の私は正しかった。やっぱり、負ける人間には特徴がある。そういうことを理解していきたいのだ。

 

この言葉を口にした人物。運送系のフリーランスだったと思うが、それで、月26万程度しか稼げてなかった。つまり、底辺だ。コロナ騒動では運送の需要が上がるので、大丈夫だと思うが、リーマンショックみたいなことがあったらどうするつもりだろうか。

 

私は、その人物を心底見下している。彼が、トレードで成功する未来は、まず見えない(*‘ω‘ *)

 

懐かしいのが、私は喫煙者が大嫌いなのだが、彼が喫煙者を嫌いと言った時、無視したことだ。

私は、確かに煙草が嫌いだが、それには二つの理由がある。

一つは臭い。

二つ目は、底辺や貧乏人が煙草を好むので、これを嫌いと大々的に言っていると、底辺の貧乏な男と付き合う羽目になったり、彼らが両想いになれるなどと幻想を抱いてくる可能性が減るのだ。それは、精神衛生上凄くいい。

 

この二つ目の理由は大事だ。

 

だから、運送業の底辺のクズが煙草嫌いと言った瞬間、それを無視した。当然だろう。

こいつみたいなのと、関わるのが嫌。

 

FXのライングループを辞めた理由だ。

 

素人のライングループだと、ドカタ、喫煙者、運送業、つまり、底辺の発現が凄く多い。

私が、ライングループに入ることは、もう二度とないだろう。

こういう連中と関わりたくない。

こいつらで、5年後、資産を作っている人はいないだろう。賭けてもいい(*‘ω‘ *)