ダウ平均の暴落を願うドル売り日記(*‘ω‘ *)

暴落を願うトレーダーの日常と相場の話。本命はドル売り(*‘ω‘ *)他にも本の紹介などできたら。

トレードの勝利に対する飢えが薄くなった(*‘ω‘ *)

以前はポジポジ病気味だった私。出金しても、直ぐに次ぎのポジが欲しくなって安くことができなかった。

しかし、今は自然とそれができるようになった。昨晩は、ポンド円とドル円それぞれショートを持って、30pip~50pipの利益を得た。

これらのポジは自然な気持ちで利食うことができた。これ以上落ちる確率は低いとこれまでの経験に従ったのだ。お陰で、両方共、ほぼ最安値で利食うことができた。ただ、今日は用事で出かけていたので、相場を見るタイミングも良かった気がする。

しかし、運も実力の内だ。それに、私は元々運がいい。

両方共、ルール通りにエントリーして、ルール通りにロスカットを設定して、ルール通りに利食った。とてもいい取引だったと思う。

そして、以前は、本当にポジを決済すると、それが勝利でも敗北でも、その後そわそわもやもやしてしまって、落ち着かなくなり、次のトレードがしたくて仕方なかったものだ。

そんな中、私が欲しいのは、利益(金)なのか、勝利(名誉)なのか、どっちだろうと自問自答したのだ。その中で、利益が本当に欲しいと強く願っているのなら、トレードを控えることはできるはず。それができないのは、欲しいのが勝利だからだ、と結論したものだ。

私にとって、勝利は一番欲しい物だった。

しかし、それがここのところ、変わってきている。

以前は、動いたらついていって儲け損なわないようにとかそういうことばかり考えていたが、今はそういう考えが過ることがない。

 

今日、父親とケーキ屋に行った。

理由は、私がバイト1年続けることが出来たので、そのお祝いにお菓子を買って貰う為だ。

そうしたら、出かける前に雨が降っていたのだ。しかし、出かけて5分程度で止んだ。それを見て、父親は、タイミングが悪かったねと言った。私はそれに対して、『これだけ短時間で止む雨は珍しい。降り続ける確率の方が高かった。例えば、10回の内9回大吉が出て、10回中1回大凶が出るおみくじがあったら、それを引くのは賢明と言えるけど、一回目に大凶が出ることもある。しかし、引いた判断は間違ってない。雨だってそれと同じだ。』と言った。これがトレードから学んだことだった。

しかし、かなり初期から分かり切っていた。それでも、実践するのが難しかったのだ。しかしそれも、今では自然に実践できるようになっている。

先程、為替が3時間前に少し頭をよぎったトレードの通りの動きをしたが、確率的にそれが伸びる可能性は低い。だから、エントリーしなかった。これで伸びても、儲け損なうが、今日の雨と同じだと思う。

以前だったら悔しい思いをしただろう。しかし、今はそれがない。自然な気持ちで確率に賭けられる。

1億作ると決心したのと関係があるのか、とても、落ち着いた気持ちで全てを眺めることができる。

 

さて、今日の予測に入ろう。

 

株式市場について。

 

【ダウ平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は一昨日下落を否定して再び上昇に入っている。急落するなら、ここで陽線は出ない。しかし、75MAの下に日足があり、下落トレンドである。それでも、こう言う上がり方をしている時に、ショートはできないので、様子見しよう。

4時間足について。

4時間足も、75MAの上に上がってきているので、上昇トレンドである。やるならロングがいいだろう。

1時間足について。

1時間足も、75MAの上に上がっているのでロングがいいだろう。

 

5分足のエントリー条件に従ってロングしよう。しかし、日足では、ショートが推奨されているので、デイトレードで切り上げよう。

 

日経平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、75MAの下にあり、下落トレンドである。しかし、ここ3日の陽線で、一昨日の下落を否定した格好になっている。急落する場合、ここで3本も陽線は出ない。下落トレンドなので、ショートが優勢だが、こういう順調な上がり方をしている時に、ショートはできないので、様子見すべきである。

4時間足について。

4時間足も、75MAの上にあり、上昇トレンドである。ロングがいいだろう。

1時間足について。

1時間足も、75MAの上にあり、上昇トレンドである。ロングがいいだろう。

 

5分足のエントリー条件に従い、ロングしよう。しかし、日足ではショートが推奨されているので、デイトレードで切り上げよう。

 

為替について。

 

ドル円(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、75MAの下で下げているので、下落トレンドである。ショートしよう。

4時間足について。

4時間足も、75MAの下で下げているので、下落トレンドである。75MAも下に傾きつつあるので、下落トレンドが強まる前兆が今である。今日も安心してショートできるだろう。

1時間足について。

f:id:fpe6665:20200506154653p:plain

 

1時間足も75MAの下で下げているので下落トレンドである。しかし、75MAから今の程度1時間足が75MAから乖離してしまった場合、ここ数週間は、戻している。だから、今の状態でのショートエントリーは危険である。ストップを遠目に置くなら大丈夫だが、その場合は、それまでに情勢が傾いたら痛い。ファンダメンタルズが急激に変化しない限り、これ以上の急落は期待できない。ロングできるチャートではないので、様子見がいいだろう。

 

様子見しよう。

 

【ユーロドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

f:id:fpe6665:20200506155041p:plain

日足は、75MAの下にあり、下落トレンドである。しかも、この画像には映っていないが、2年程度下げ続けている。下落トレンドは今後も続くと見ていいのが、最後の三つの陰線だ。今日もショートがいいだろう。

4時間足について。

f:id:fpe6665:20200506155257p:plain

4時間足も、75MAの下にあるので、下落トレンドと言える。しかし、ここ2カ月程度、1.08で止まるようになっている、今のレートが、1.0827なので、ここでショートしてもあまり値幅はないだろうと思う。様子見の方がいいかも知れない。ここから、1.08を割る為にはもみ合う必要があるか、ファンダメンタルズ的変化が必要か。それか、徐々に割るなら、またチャンスもあるだろうと思う。今の状態でのエントリーは不利だ。

1時間足について。

f:id:fpe6665:20200506155515p:plain

1時間足も75MAの下にあり、下落トレンドである。しかし、ファンダメンタルズ的な変化がない限りは、ここから一気に乖離を広げることは想像しにくい。もちろん、一気に広げる確率もあるが、極めて低い。毎回このパターンでショートするなら、それも戦略だが、ある意味狂気だ。今日は様子見しよう。

 

様子見がいいだろう。一応、逆張りでロングをとる作戦はあるが、かなり利益は少な目になるだろうというのと、勝率も期待値も悪い。5分足の条件があれば入れるが、それでも、様子見の方が資産を残せる確率は、ずっと高いだろう。

 

【ポンドドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

f:id:fpe6665:20200506155939p:plain

日足は、75MAの下にあり、下落トレンドである。この前まで急激に反発してきていたが、それも、ここにきて陰線が出ている。しかし、ダウ平均などの株式市場の様に、陰線を否定する形での陽線の出現はない。下落トレンドと見ていいだろうと思う。基本的にショートがいいだろうと思う。急落する局面が、近々あると思う。

4時間足について。

f:id:fpe6665:20200506160326p:plain

4時間足は、75MAに沿っている形になっている。一応、75MAの上にあるので上昇トレンドであるが、あまりに上昇の力が弱い。4月終わりに上昇を陰線の連続で帳消しにされている部分は気になる。これだったら、上がりにくいだろうと思う。4時間足が、75MAの下に沈んだらショートがいいだろう。

1時間足について。

f:id:fpe6665:20200506160558p:plain

1時間足は、75MAの下にあり、下落トレンドである。75MAも下に傾きつつあり、下落の初動かも知れない。やるならショートがいいだろうと思う。

 

ショートがいいだろう。5分足のエントリー条件に従ってショートしよう。しかし、ロスカット浅めで持とう。4時間足が75MAを超えない限りはデイトレードで逃げた方がいい。しかし、様子見がより推奨される。それは、4時間足の75MAがサポートとして機能している可能性が極めて高いからだ。

 

【ドルスイス(*‘ω‘ *)】

日足について。

f:id:fpe6665:20200506161101p:plain

日足が、75MAの上にあり、上昇トレンドである、やるならロングがいいだろうと思う。しかし、2019年6月からは一定の下落トレンドである。この前の急落でそれが終了した可能性に賭けてのロングになる。

4時間足について。

f:id:fpe6665:20200506161307p:plain

4時間足が、75MAの上にあり、上昇トレンドである。順調に上がり始める前兆の様に見える。今日陰線になり、再び75MAの下に沈むなら、当分のレンジが決定しそうだ。日足から考えてそうなる可能性は低い。なら、そのまま上がる確率が高いだろう。ロングがいいだろうと思う。

1時間足について。

f:id:fpe6665:20200506161521p:plain

1時間足は、ここ数日間の様子から考えると、少し上がりすぎである。75MAとの乖離が酷い。ここでいきなりファンダメンタルズが変化するなら急騰もあり得るが、その情報は得ていない。例えば、日足の75MA越えなどの条件が重なっていたらロングができたが、今の状態でのロングでは勝率が悪い。今日は様子見しよう。

 

様子見がいいだろう。1時間足の乖離を利用してのショートエントリーの作戦はあるが、それでも、それは利益率、勝率共に凄く悪いので見合わせよう。

 

ドル円→様子見

ユーロドル→様子見

ポンドドル→様子見かショート(デイトレード

ドルスイス→様子見

 

完全なる全様子見予測なので、少しそわそわしてしまう。物足りない感じがする。冒頭の文章とは異なる気分だ。特にドル円は直感の中では狙うことが出来ると思う。しかし、大事なのは確率であるので、様子見がいいだろう(*‘ω‘ *)