ダウ平均の暴落を願うドル売り日記

暴落を願うトレーダーの日常と相場の話。本命はドル売り(*‘ω‘ *)他にも本の紹介などできたら。

久しぶりに当たった相場予測(*‘ω‘ *)

昨日の相場予測は久しぶりに当たったようだ。

このブログを始めた当時は、かなり的中率が高く、このブログに従うだけで、資産が増えて、最悪の場合でも減ることはないという状態だったのだが、ここ数週間外れていたのだ。

外れていた理由は分からない。レンジだったから、移動平均線を使う私にとって相性が悪かったのか。それとも、変な癖が出てきていたのか。

私は、移動平均線とファンダメンタルズ分析しか使えないので、仮に前者だったとしても、前者のことは忘れて愚直にブログを書くことしかできない。しかし、後者だったら改善が見込める。そういうわけで、少し自分の行動を見直してみた。

外れるようになってから、移動平均線に頼りすぎていたのだ。それまでは、『今日の日足の形は?』というのを意識して、日足の方向とトレンドの方向が同じだった場合に限り、エントリーするというブログスタイルだったのにいつのまにか、トレンドだけを見ていた。

トレンドの方向は基本的に合っていた格好だが、基本的に5分足に振り回される短期売買の私には、その日の日足の方向の方が重要になる側面があったのだ。それを忘れていた。

しかし、土日、月曜日に、紙の日記を書きながら、自分の何が悪いのか考えていたら、上記のような答えが出た。

その結果、昨日の予測はぴたりと当てることができた。

 

しかし、このスランプの期間に得た技術もある。それは、ロスカットすべきところを決める技術だ。

それまでの私は、100pip負けたら強制ロスカットになるというレバレッジ設定をするだけで、ロスカット指値はしていなかった。

しかし、スランプで悩みながらエントリーを厳選している内に、こういう場合は一旦逃げた方がいいなと思えるパターンを見つけられるようになったのだ。結果、ストップを置けるようになり、損失が極端に減った。

多分、2年後には1億円稼いでいるだろうと思う。

正直、1億は大変だ。数年がかりで1億の資産を作るのではなく、ほぼ1~2年で1億稼ぎきるのを目標にしているからだ。これでは、天才トレーダーと同じパフォーマンスだ。

しかし、凄い人を見て、『彼は私とは違う』と思っていたら、永遠にその高見には届かない。『その人』にできることは自分にもできる。同じ人間なのだから…と思うことが重要だ。

 

さて、今日の予測に移ろう。

 

株式市場について。

 

【ダウ平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、75MAの下にあり、上値が重くなっている。下落トレンドと見てい良い。その面でもショートだが、今日そのものも陰線になる可能性が高いと思う。積極的にショートしよう。

4時間足について。

4時間足も長めの陰線を伴って、75MAを下抜いている。下落トレンド入りしたと見ていい。基本的にショートがいいだろうと思う。乖離も心配すべきところにはなく、下落の初動になっている。しかし、75MAの近くにいるわけではないので、少しストップを遠めに設定してショートしよう。

1時間足について。

f:id:fpe6665:20200513085433p:plain

1時間足も、75MAの下で急激に下落している。しかし、これぐらいの位置まで下落したら一旦反発する局面があると思う。もちろん、ここからダイレクトに落ちるパターンもあるが、それは、急落の場合である。今は、まだ状況はそこまで緊迫していない。一旦戻すと見て、少し慎重に対処しよう。

 

今日の日足も陰線になるので、基本はショートがいいだろうと思うが、ロンドン市場かNY市場までは、1時間足の下がりすぎに注意して、様子見した方がいいだろう。

 

日経平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、75MAの下にあり、下落トレンドである。75MAもレジスタンスとして機能したのか、75MAに日足がぶつかってから陰線が出ている。今日も陰線になる可能性が高いと見ている。ショートがいいだろうと思う。

4時間足について。

4時間足は、75MAの上にあり、まだ上昇トレンドである。しかし、長めの陰線が出ていて、下落を示唆している。もう少し下に落ちてからショートした方がいいのは確かだが、それは、1時間足と5分足次第だ。

1時間足について。

f:id:fpe6665:20200513090007p:plain

1時間足は、75MAの下にあり、下落トレンドである。しかし、ここで即次の足が陰線になる可能性は低いと見ている。今の足がある程度伸びる可能性もあるが、それでもエントリーしたら微益に終わるだろう。少し様子見をしてからショートしよう。

 

5分足のエントリー条件に従い、のんびりショートしよう。

 

為替について。

 

ドル円(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足はやはり、急騰の後に落ちてきた。これがドル円の特徴だ。何故か総楽観で円安が進んだ直後に株式市場の下落を伴って落ちてくる。そして、日足そのものも、75MAの下にあり、下落トレンドである。今日そのものも陰線になる可能性が高い。ショートしよう。

4時間足について。

4時間足も、75MAの上に一時的に顔を出したのは騙しと言う形になり、下落を再開している。少し緩やかな感じはするが、ドル円の初期の下落は緩やかになり、綺麗にレジスタンスを形成する傾向がある。これもショートでいいだろうと思う。今日も数時間かけて順調に下がるだろう。しかし、朝方は注意が必要だ。

1時間足について。

1時間足は、75MAの上にあり上昇トレンドである。しかし、先日の高値、107.75近辺を再び狙えても、日足での下落トレンドに影響しない。ここをストップにショートする上では安全だろうと思う。今日もまだまだ順調に下落しそうだ。ショートがいいだろう。

 

5分足のエントリー条件に注意してショートしよう。

 

【ユーロドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、75MAの下にあり、下落トレンドである。しかし、今日だけなら陽線になる可能性が高いと見ている。しかし、トレンドと日足の方向は同じではない。その意味では、様子見がいいだろう。様子見な理由は、デイトレードなら日足をとるのはありだが、スイングできないからである。ドル円で、満足しよう。

4時間足について。

4時間足は、値幅を小さくしつつ、75MAの真上でもみ合っている。トレンドが出ない状態だ。ここ数時間すら方向性が掴めない。動き出すのを待つべきであり、様子見しよう。ただし、動けばかなり急激な値幅になると思う。

1時間足について。

1時間足は、75MAの上にあり上昇トレンドである。75MAそのものも上向きの傾きを示している。ここ数時間は落ちてくる可能性があり、注意が必要だが、75MAに近づいたら反発するだろうと思う。5分足のエントリー条件に従いロングしよう。

 

ロングでいいが、やるならデイトレードだ。

 

【ポンドドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、はっきりと下落トレンドを示している。もちろん、75MAの下に日足があるという理由だ。そして、今日そのものも陰線になる可能性が高い。ショートがいいだろう。

4時間足について。

4時間足も、75MAの下にあり、下落している。しかも下落の初動なので、ここで乗らない手はない。そして、今日そのものも、比較的陰線の多い日になるだろうと思う。ショートしよう。

1時間足について。

f:id:fpe6665:20200513091336p:plain

1時間足は、75MAの下にあり、下落トレンドである。しかし、75MAからの距離(乖離)から見て、ここのところのトレンドなら、少し横になるか戻る可能性がある。一旦下には行くだろうと思うが、その下落をとるのは少し素早さがいるので難しいかも知れない。少し様子を見た方がいいかも知れない。もちろん、1時間足に注意しつつ、ショートするのが良い。

 

ショートがいいだろう。5分足のエントリー条件と、1時間足の乖離に注意しよう。

 

【ドルスイス(*‘ω‘ *)】

日足について。

ドルスイスの日足は、75MAの上にあり、上昇トレンドを示している。しかし、ここ数週間、移動平均が機能しないレベルでもみ合っている。今日ももみ合いの可能性が高いと思う。様子見した方がいいだろう。

4時間足について。

4時間足の傾きは少し上向きであるが、4時間足は、75MAの下にあり、下落を示している。しかし、傾きや、もみ合いの傾向から、方向感は出にくいと思う。様子見しよう。

1時間足について。

1時間足は、75MAの下にあり、下落トレンドを示している。しかし、75MAとの乖離をここ数週間では大きめに広げたこともあり、少し戻している。この急激な戻しの最中にはショートもできない。しかし、75MAに近づいたら再び下落を再開する可能性が高く、やるならショートである。ロンドン時間かNY時間になるだろう。

 

デイトレードでショートしよう。ただし、5分足のエントリー条件を守ろう。

 

ドル円→ショート

ユーロドル→デイトレードでロング

ポンドドル→ショート

ドルスイス→デイトレードでショート