ダウ平均の暴落を願うドル売り日記

暴落を願うトレーダーの日常と相場の話。本命はドル売り(*‘ω‘ *)他にも本の紹介などできたら。

ルールを破った場合、利益ではなく損失が出る(*‘ω‘ *)

このブログで予測を始める前の頃は、ブログに書いた通りにトレードするというルールを破っても利益になることも多かったのだが、ブログで予測を始め、その予測通りにトレードすると言うことを始めてから、ブログの予測に反するトレードをすると損失が出るようになっている。

一昨日が、正にそんな感じだった。

それなのに、その予測も、1週間に1回の割合で、全レートで外れてしまう。その日は、ルールを守っても損失になる。しかし、ここで度々触れる、5分足のエントリー条件、それを守っていれば、損失は最小限に抑えることができる。

 

しかし、一昨日にルールを破って負けたことを引きずっているのか、昨日今日と、ロスカットの置き方にブレがある。

やっぱり、利益を確保したいと思うと、ロスカットを遠くに置いてしまう。結果資産は減りやすい。5分足のエントリー条件をもっと厳しくすればいいのだが、そうなるとエントリーチャンスすらなくなる。ここの部分は研究しても、答えが出るには、まだまだかかる。そして、この答えを出す為には、まずは、ブログのルールを守るというところからしなければならない。

 

ルールだけで勝率も利益率も目に見えて変わる理由について考えてみた。

昨日は、運悪く予測が外れる日だった。お陰で損失になってしまった。しかし、上にも書いた通り、ルールを守ったので、損失は最小限だ。

 

ルールを守ったら勝てる、そして資産が増える、もし負けても、損失を最小限にすることができる。

その理由は、ブログで勝率の高いパターン、優位性のあるパターン、それを絞り込んで、その日のトレードを決めている為だろう。

だから、その逆に対応する『ルール破りのトレード』は勝率も悪いし、優位性もない、だから繰り返しすることもできない。しかし、一度ルールを破ったら定期的に破る様になり、結果資産が減る。そういうことだと思う。

せっかく、ブログのお陰で優位性の高いパターンが見つかったのだ。ルールを守るようにしたい。

 

しかし、負けたり、その日、資産が上手く増えなかったり、所謂上手く行かない日は、ルールを破りたいという魔が差してしまう。これが、トレードの難しいところだろう。今日は予測が外れている。なら、ルールを破れば、利益が出るのではないか?そう思ってしまうのだ。しかし、今のところそれは間違いで、予測が外れている時でさえ、外れた後に、ブログの予測の逆をやると、時すでに遅しで、損失になってしまうのだ。

 

ブログの予測に従うというルールを守ろう。

そして、エントリーに際しては、5分足のエントリールールを守ろう。

 

さて、今日の予測に入ろう。

 

株式市場について。

 

【ダウ平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

陰線陽線と代わり交代に、75MA上で出ている。その繰り返しを見るに、今日は陽線になるだろうと思う。恐らくは、下位足でレンジになっているだろう。僅かに、75MAより上に日足が出た状態になっている。上昇トレンド入りするか、ここから下降するか、今が見極めどころである。こういう時は、一応は、様子見した方がいい。

4時間足について。

4時間足は、75MAの上にあり、上昇トレンドである。これが動くのを見られるのは、4時間足が、75MAに近づいた時である。それまでの時間は様子見がいいだろう。

1時間足について。

1時間足は、僅かに、75MAの下に出ているが、ここから急落してくる様子はない。それでも、数時間前に、75MAに下値が触れた後に、反発に失敗している。そして、その後は、失敗に終わったにもかかわらず、75MAを割ってない。当分もみ合いになるかもしれない。基本的には、75MAを下抜いてくると思うが、値幅があまり期待できないと思うので、様子見しよう。

 

様子見がいいだろう。

 

日経平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、一応75MAの上にあるが、少し弱い。このまま順調に上げてくることはないと思う。しかし、今日だけなら陽線になると思う。それでも、値幅がなくなる可能性はもう少し高い。ロングエントリーで利益は出ると思うが、少しストレスが溜まるかも知れない。様子見しよう。

4時間足について。

4時間足は、75MAの上で順調に上げている。しかし、4時間足が、75MAに近づくまでは、様子見した方がいい。しかし、近づくまで待ってしまったら、日足の75MA越えが失敗に終わったチャートになるかもしれない。後々ならショートに軍配が上がりそうだ。しかし、今日は様子見しよう。

1時間足について。

1時間足は、75MAの下にあり、下落トレンドである。これだけ見ていると、ショートがしたくなる。しかし、昨今の相場環境を思うに、急落してくることはイメージしにくい。一応、5分足がエントリー条件を満たしたらショートしていいが、上位足の判断と異なるので、デイトレードに限定しよう。寝る前に決済だ。

 

デイトレードでショートか様子見がいいだろう。

 

為替について。

 

ドル円(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、上値を75MAに抑えられている。基本的には下落トレンドだ。しかし、今日は陰線になる可能性は高いが、陰線の値幅は、あまり期待できないだろうと思う。様子見がいいだろう。

4時間足について。

4時間足は、75MAの上にあり、75MAをサポートとしている。しかし、日足の75MAもレジスタンスとして機能していて、上値は108円と言ったところだろう。個人的には、日足のレジスタンスが勝つと思っているので、ショートの方がいいだろうと思うが、今日、4時間足が、75MAを下抜いてくる可能性は低い。様子見がいいだろう。

1時間足について。

1時間足は、75MAの上で順調に上げている。基本的には、上昇トレンドだ。位置そのものも、75MAに近づいている。この状態でショートはできない。勢いがあるからだ。しかし、1時間足が、75MAを下抜いたらショートできるが、その時は、5分足では出遅れているかも知れない。今日は5分足のエントリー条件に従ったらショートするチャンスはないだろう。

 

ショートがいいが、様子見はより一層いいだろう。1時間足に注意しないといけないからだ。

 

【ユーロドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、コロナの急落以降レンジになっている。そして、今がレンジの上限になっている。75MAとの関係なら、日足が、75MAの上にあり、上昇トレンドではあるが、昨日陰線が出ていて、上抜きを騙しに終わらせる可能性がある。今日も陰線の可能性が高く、ショートがいいだろう。

4時間足について。

4時間足も、ここ2ヶ月のレンジの上限になっている。上値が重くなるだろうと予測できる。昨日の5分足の急落を見るに、このレジスタンスは機能していると思う。今日の4時間足も陰線が出やすく、ショートがいいだろう。

1時間足について。

1時間足は、昨日まで急激に上げていたが、昨日の終わりぐらいに、75MAまで急落している。このまま、75MAを下抜いて数日間下げると思う。やるならショートがいいだろう。

 

ショートがいいだろう。5分足のエントリー条件を守りつつ、ショートしよう。

 

【ポンドドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

ここ2年程度下落トレンドである。今も、75MAの下に日足があり、下落トレンドである。緩やかに下げていくだろう。75MAそのものも、日足のレジスタンスとして機能している。今日も陰線になる可能性が高いと見てる。ショートがいいだろう。

4時間足について。

4時間足も、75MAをレジスタンスとしている。下落トレンドなので、ショートがいいだろうと思う。75MAと乖離もないので、即ショートして大丈夫だ。

1時間足について。

1時間足は微妙である。昨日まで、75MAの上ではっきりと上昇トレンドを形成していたが、それが、昨日弱くなっている。しかし、75MAで下げ止まっている様にも見える。しかし、幸いにも、1時間足との距離が近い…というか沿っている。だから、このまま、1時間足が、75MAを下抜いたらショートしよう。

 

5分足のエントリー条件に従い、ショートしよう。

 

【ドルスイス(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、昨日陽線になった。しかし、上昇トレンド入りする様子はない。当分細かいレンジだろうと思う。レンジの形は、4時間足などで、はっきりと分かるだろう。今日は短めの陽線になるだろうが、上髭の陰線の可能性もあり、手出ししない方がいいだろう。

4時間足について。

4時間足では、75MAがレジスタンスとして機能している。このまま落ちてくる可能性が高いと見るのが自然だが、75MAまで上げた陽線が長い。次は陽線の可能性の方が高いのではないかと思う。ロングが基本だが、レジスタンスに近いので、様子見がよりいいだろう。

1時間足について。

1時間足は、75MAの上に顔を出している。乖離もないので、上昇トレンドであり、やるならロングだ。しかし、75MAそのものは、まだ下向いたままであり、即上昇トレンドになるには、かなりの勢いが必要だ。それが出るとは思えないので、値幅は小さくなるだろう。様子見しよう。

 

ドル円→ショート(1時間足次第)か様子見

ユーロドル→ショート

ポンドドル→ショート

ドルスイス→様子見