ダウ平均の暴落を願うドル売り日記(*‘ω‘ *)

暴落を願うトレーダーの日常と相場の話。本命はドル売り(*‘ω‘ *)他にも本の紹介などできたら。

予測を外しているわけではないのに、利益が出ない(*‘ω‘ *)

ここ2日ぐらい、予測を外しているわけではないのに、利益が出ない状態が続いている。

私は、逆張りはせず、トレンドフォローをしているのだが、トレンド発生前に騙しの様な動きが混ざってしまったのが、ここ2日なのだ。それで振られてしまって利益が出ない状態が続いている。

しかし、過去にもこういう時期はあったので、今を凌げばいいのだと思うが、この騙しの対策や、騙しになりそうな動きの見極め、これらは必要なのかも知れないと思った。

騙しがあると、最高値での買いポジや最安値での売りポジを持つ羽目になる。

実際、ここ2日程度そういう感じだった。

しかし、騙しだと分かる前に一時的に薄利だが、そこそこの利益が出るのである。私の利益の基準は100pipとかなのだが、それが間違いなのだろうか。

それでも、薄利で逃げるべき時と、100pip伸びる時の区別がまだつかない。

そして、騙しに振られてしまうと、ロスカットも増えるが、再エントリーもするので、エントリー回数も増える。これが、更に資産が減りやすい原因ではないかと思った。

 

過去に交流していたトレーダーで、エントリーを厳選する為に、一日のエントリー回数を制限しているという人がいた。私も、この制限をしてみようと思った。

多分エントリーを制限できないから、騙しでポジを持つ頻度が比較的上がっているのだと思う。順調に資産が増えていて、勝率がいい時は、そもそもエントリー回数が少ない。

やはり、負けている時は、悔しいから、ついついエントリーしてしまうのだろう。

ここの部分を直したいものだ。

今回の変調の原因は、確か火曜日だったと思う。全ペア及び株式市場で様子見予測を出してしまい、結果として儲け損なってしまった悔しさがあったのだ。その日は、実は結構動く日になってしまった。

予測の精度は、上げても毎回当たるわけはない。その意味で、火曜日みたいな日が合ってもいいと思うが、私の今のメンタルでは、そういう哀しい日を受け入れることが今一できない。結果、アグレッシブにポジを持たないと儲からないと思ってしまい、その翌日から様子見すべきところでも、エントリーするようになってしまう。

これがなければ、資産はもっと順調に増えるのに、と心底思う。

一時20倍まで増えた資産も、今回の様なことをやって、原資に戻ってしまったり、20倍から10倍のラインまで落ちたり…繰り返しである。

それでも、そのアグレッシブさがあるからこそ、20倍とか、そういう増え方をする一面があるので、その部分をどう生かしていくかは、かなり慎重に考えないといけない課題だ。

 

さて、予測を書いていこう。

 

株式市場について。

 

【ダウ平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足そのものは、75MAの上にあり、上昇トレンドである。しかし、75MAそのものは下向きになっている。その意味で、この上昇は、まだ弱い。昨日は、十字気味の陰線になった。今日以降、少し落ちてくるかもしれない。それでも、75MAで止まるだろう。今日は、陰線だと思う。

4時間足について。

4時間足は、75MAの上で順調に上げている。上昇トレンドなので、推奨されるのは、本来ならロングである。しかし、上値が少し垂れてきている。少し落ちるかもしれない。それでも、この状態のチャートをショートするのは、賢明ではないので、様子見がよりいいだろう。

1時間足について。

1時間足も75MAの上にあり、順調に上げている。しかし、昨日、75MAとの乖離を埋める形で、少し垂れてきたようだ。75MA近辺はもみ合う可能性もあるが、上位足とのバランスを考えると、少し下抜いてくるかもしれない。上昇トレンドなので、本来ならロングだが、様子見がより、いいだろう。

 

日経平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、75MAの上で急激に上げている。上昇トレンドだが、それだけではなくて、勢いもある。今日も上がるだろうと思う。やるならロングがいいだろう。

4時間足について。

4時間足は、75MAとの乖離が少し気になる状態だ。今日は少し垂れてくるかもしれない。しかし、この状態でのショートは少し慎重になるべきであり、ショートの勝率は悪い。少し様子見した方がいいかも知れない。

1時間足について。

1時間足は、75MAに沿う形で、徐々に上げている状態だ。乖離は開いているけど、乖離を開けた1時間足に、75MAがついてきている。このペースを崩さないか、更に早くなる速度で上がっていくだろうと思う。やるならロングがいいだろう。

 

5分足のエントリー条件に従ってロングしよう。

 

為替について。

 

ドル円(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、ここ2週間ぐらいずっと狭いレンジで横になっている。ここ2年では、こういう相場は珍しい。本来なら、待つが勝ちなのだろう。しかし、現実は、今日こそ動き出すと思い込んでしまい、エントリーしたくなる。低レバで、動きそうな方向を持ってもいいが、博打にしかならないだろう。様子見がいいかも知れない。一応、75MAの下に日足があるので、下落トレンドだと思うが、株式市場が上がっている関係だろう。そのテクニカル条件と、株式市場というファンダメンタルズ条件が相場を挟んでいる格好だ。

4時間足について。

4時間足は、75MAの上にあり、下値を徐々に切り上げている。このまま上昇する可能性が高いが、スピードが十分に出るか、この遅いペースなのかが想像がつかない。遅いペースになるなら、他のペアを弄った方がずっといい結果になるだろう。ドル円は当分様子見がいいかも知れない。

1時間足について。

1時間足は、一応75MAがサポートとして機能しているが、上値も切り下げている。上に行くのか下に行くのか判然としない状態だ。動きがないので、当分様子見でいいかも知れない。何か、ファンダメンタルズ的な見通しがあれば、はっきりと動きやすい方向が分かるが、それがなく、テクニカルだけなら、手出ししない方がいい。

 

【ユーロドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、75MAの上で急激に上昇している。ここ2年の下落トレンドが終わった可能性がある。やるならロングがいいだろう。

4時間足について。

4時間足は、1.10近辺のレジスタンスを昨日突破した。このまま上がり続けるだろうと思う。やるならロングがいいだろう。4時間足そのものも、75MAの上にあり、まだ乖離が気になる状態にはなっていないから、ロングしやすいだろう。

1時間足について。

1時間足は、75MAとの乖離が気になる状態だが、75MAの上で上昇している。この上昇に対して乖離を理由にショートするのは、分が悪い。やるならロングがいいだろうが、乖離が開き続けるのか、戻すのかが分からない。上位足から判断するに、1時間足の乖離は今回頼りにならない気がする。ロングでいいだろう。

 

5分足のエントリー条件に従い、ロングしよう。

 

【ポンドドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、75MAの下にあり、ここ1ヶ月ぐらいの動きだと、75MAは日足のレジスタンスとして機能した状態だ。それ故、このまま下落するかに思えたが、ここ数週間は上昇している。下落トレンドを終了した可能性がある。下落途中ではあるが、この急激な上昇の最中にショートするのは賢明ではない。様子見がよりいいだろうが、やるならロングである。

4時間足について。

4時間足は、75MAの上に出ていて、上昇トレンドを開始している。このまま上がる可能性が高く、ロングがいいだろうと思う。

1時間足について。

1時間足も、ここ数日間75MAの上で上昇トレンドである。しかも、75MAがサポートとして機能している。このまま上昇するだろうと思う。今のところ、乖離も気にならないから、ロングしよう。

 

5分足のエントリー条件に従い、ロングしよう。

 

【ドルスイス(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、長い間75MAを挟んで陰陽を繰り返し、もみ合っていたが、昨日ぐらいから、下落を開始した兆候がある。やるならショートである。

4時間足について。

4時間足も、75MAの下にあり、下落の初期段階っぽくなっている。やるならショートがいいだろう。

1時間足について。

1時間足は、75MAの下で急落している。少し乖離が気になる状態だ。しかし、上位足との兼ね合いで考えると、もう少し下落すると思う。その意味で、1時間足の乖離は、今回は無視できるだろう。ショートしよう。

 

5分足のエントリー条件に注意して、ショートしよう。

 

ドル円→様子見

ユーロドル→ロング

ポンドドル→ロング

ドルスイス→ショート