ダウ平均の暴落を願うドル売り日記

暴落を願うトレーダーの日常と相場の話。本命はドル売り(*‘ω‘ *)他にも本の紹介などできたら。

トレードは、仕事としてストイックに向かい合うべきだろうがドキドキする方が楽しい(*‘ω‘ *)

ところで、昨日は、一日トレードのことを忘れ、副業のバイトのことも忘れ、すごく気楽で楽しい自由な一日を過ごすことができた。

一日カフェに籠ってゲームしてショッピングして帰ってきた。以前は、ショッピングの途中やカフェでの時間の途中で、トレードのことが気になってしまって、度々チャートを見て、スマホからトレードしてしまっていたのだが、昨日は、そういうことはなかった。

朝早くに用事があった関係上、朝はブログが書けなかったのだ。だから、トレードできなかった。そもそもPCを開ける時間がなかったので、トレードが朝はできなかった。

やっとブログを書いてトレードの準備ができたのは、昼過ぎだった。

 

それでも、トレードのない一日がこんなに気楽で楽しいなんて…と考えてしまった。

それも、今日は、昨日アクティブに凄すぎたせいか、朝から怠さと眠気があり、今一やる気がでなかったのだ。

相場と距離を置きすぎると、気持ちが冷やされすぎてしまう。

今日は相場をしないといけないから憂鬱なのか、それとも別の理由があるから憂鬱なのか…自分でも、今日の朝の憂鬱の正体が分からなかった。

 

それでも、相場は少しドキドキわくわくして眺められるぐらいの方が楽しいと思う。

今では、ルールを守ることに躍起になってしまっているので、過去のドキドキ感がほとんどなくなってしまった。

それでも、大きく勝てば、自由になる金が増える。副業の出勤するタイプのバイトを辞めて悠々自適に過ごすことが出来るようになる。

 

それでも、今日の予測はドル円以外は昨日と大して変わらないし、そろそろ負ける周期に入るなら、負けた後に毎回やっている、ドル円のショート縛り、それを今からやった方がいいなと思っているので、昨日と同じ内容のブログを書くと分かっていたから、ブログを書く前に、ドルストのショートのポジを持ってしまった。

理由は昨日と同じで4時間足の乖離だ。多分、今日は、日足は陰線になるだろうと思っている。

本来なら、陰線出現以降に持つべきなのだが、この部分はまだはっきりとしたルールがない。

多分、今日負けたら、陰線出現まで待つというルールを作ることになるだろうと思う。

 

しかし、それが、ポジを持ったら少し興奮したのか、気分が良くなったのだ。

今日は、上にも書いた通り、朝から怠かったので、ブログを書くのが凄く億劫だった。

しかし、ブログで分析することが、トレードの成績をよくすると思っているので、書くようにしたいのだ。その為に、英気を養おうと、少し眠った。

結果、寝るより、ポジを持って覚醒した方が気分がいいということが分かった。

 

ドキドキわくわくしすぎると衝動的なトレードが増えそうである。

しかし、そのドキドキわくわくが、トレードのやる気を生み出す。結果として、ブログも書けるし、後々はトレードで勝てるようにもなるのだろうと思う。

 

昨日みたいに距離を置いてリアルを楽しめる日があるのもいい。しかし、トレードを楽しむのも同じぐらい良い。相場との距離感は、難しい。

 

さて、今日の予測に入ろう。

 

【ダウ平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

昨日はかなり長めの陽線になったようだ。ダウ平均は昨日以前は、日経平均に比べて出遅れていた。しかし、昨日はついに上がる方向性をはっきりとさせたようだ。日足だけを見るなら、今日も陽線になりそうである。日足そのものも、75MAの上にあり、上昇トレンドだ。ロングがいいだろうと思う。

4時間足について。

4時間足は、少し、75MAとの乖離が気になる。しかし、もう少し上がるだろうと思う。上値が重くなりそうだったら手出ししない方がいいが、基本はロングでいいだろうと思う。

1時間足について。

1時間足も、75MAとの乖離が気になる。しかし、このブログを書いている時点で、1時間足の陰線が一本出てきている。次のローソク足で、最高値を更新する可能性はないだろうと思う。一本分ぐらい様子見してから、ロングがいいだろう。1時間足そのものも、75MAの上にあるから上昇トレンドである。乖離は気になるが、ショートはしずだい。

 

基本はロングだが、乖離から、ショートが出来そうに見える一面も。少し様子見の方がいいかも知れない。

 

日経平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、急激に上げているし、日足そのものも、75MAの上にあるから、本来なら、ロングである。しかし、今日が陰線になったら、ショート目線にすべき状況である。それは、日足の、75MAとの乖離である。ここのところ、急騰しすぎである。このチャートの状態が、5分足なら、乖離は無視でいい。しかし、日足の乖離には、注意を払う必要がある。

4時間足について。

4時間足も、75MAとの乖離が気になる。このまま上昇する可能性もあるが、日足にまで乖離が波及している状態なので、反転の可能性の方が高い。今日が陰線になったら、翌日からは、ショートが良さそうだ。今日だけなら、様子見の方がいいだろう。

1時間足について。

1時間足も、75MAの上で順調に上げているが、上げるペースが少しずつ落ちてきて、長めの陰線が出る様になってきている。レジスタンスを構成しつつあるのではないだろうか。75MAまでなら落ちてくるかもしれない。やるならショートがいいだろう。

 

本来ならロングしないといけないチャートだ。しかし、乖離の為にショート目線になりつつある。陰線が出た後にショートした方が安全なので、今日は様子見しよう。

 

為替について。

 

ドル円(*‘ω‘ *)】

日足について。

ドル円の上値は、114→112→110と落ちてきている。104円が下値なのは変わらない。今は、109円目前まで上げている。本来なら、108円で引き返す予定だったのではないかという気がしてならない。その意味では、広義のレンジが上にブレイクしている。そして、日足そのものも、75MAの上にあり、上昇トレンドである。本来ならロングすべきだろう。しかし、ロングに魅力を感じない。

4時間足について。

4時間足も、5月7日以降上昇トレンドで、一昨日あたりに、75MAの上に大きく出てきた。このまま上昇しそうなので、やるならロングがいいだろうと思うが、様子見したい。

1時間足について。

1時間足も、75MAの上で急上昇しているので、上昇トレンドである。しかし、一時的には乖離が気になる。5分足で見ていると、少し戻すかもしれない。しかし、基本は、ロング目線だ。それでも、5分足だけを見ていると、ロスカットに引っかかりやすくなるので、気を付けよう。ショートしたいのが本音だが、今日はロングの方がいい。できたら様子見しよう。

 

ロング(気が進まない)か様子見。

 

【ユーロドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、75MAの上で急激に上げている。上昇トレンドなので、ロングがいいだろうと思う。しかし、乖離が少し気になる状態だ。少し戻すかもしれない。今日が陰線になったら、明日から積極的にショートしよう。

4時間足について。

4時間足も、75MAの上にあり、上昇トレンドである。しかし、75MAと乖離を広げて久しい。そろそろ、戻してくるかもしれない。ロングしたくなるが、少し手控えた方がいいかも知れない。様子見しよう。

1時間足について。

1時間足は、5月35日ぐらいから、75MAに沿う形で順調に上げている。今も、75MAの上で上げている。このまま上がる可能性の方が高い。基本はロング目線でいいと思うが、少し期間が長すぎる気がする。そろそろ落ちてくる頃かも知れないので、5分足がエントリー条件を満たしたら、ショートしよう。

 

5分足がエントリー条件を満たしたらショート。日足が陰線で引けそうなら、そのまま持ち越そう。

 

【ポンドドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、75MAの上にあり、上昇トレンドである。この状態で日足だけを見てのショートは勝率が悪い。やるならロングがいいだろう。しかし、今日あたり陰線になる可能性も高いと見ている。今日が陰線になったら、再び下降トレンドになるだろうとも見ている。

4時間足について。

4時間足も、75MAの上にあり、順調に上げている。上昇トレンドである。しかし、75MAとの乖離が気になる。少し垂れてくるかもしれない。やるならショートがいいが、日足で陰線が出るまで待った方がいいかも知れない。様子見か、ショートだ。

1時間足について。

1時間足も、75MAの上で順調に上げているが、ここ数時間分は少し垂れてきている。このまま下落する可能性もあり、やるならショートがいいかも知れない。1時間足を下抜いた状態になれば、持ち越しも可能だ。

 

やるならショートがいいだろう。

 

【ドルスイス(*‘ω‘ *)】

日足について。

基本的には、1年ぐらい下落トレンドである。レンジになりつつも、それは継続していると見ている。今も75MAの下にあり、下落トレンドが決定しているので、やるならショートがいいが、ポンドドルとユーロドルで、ドル高が警戒される状態である。ドルスイスは、近頃、ドル円よりもドルストと相関する。様子見がいいだろう。

4時間足について。

4時間足も、75MAの下にあり、下落トレンドである。やるならショートがいいだろう。しかし、ドルストとの相関を考えるに動かない一日になる可能性が一番高い。様子見しよう。

1時間足について。

1時間足は、6月に入ってからレンジになっている。トレンドが続くなら、このレンジというトレンドも続くと見ていいだろう。当分様子見がいいかも知れない。

 

様子見しよう。

 

ドル円→ロングか様子見

ユーロドル→ショート

ポンドドル→ショート

ドルスイス→様子見