ダウ平均の暴落を願うドル売り日記

暴落を願うトレーダーの日常と相場の話。本命はドル売り(*‘ω‘ *)他にも本の紹介などできたら。

ショート(暴落に賭けるトレード)だけしようか悩んでいる(*‘ω‘ *)

ここ1年真面目にデータをとって、暴落が来た時だけトレードするというスタイルで十分な利益が出ることは分かってきている。

ただし、私の場合は、暴落をとり逃したくないので、暴落の気配が来たら、問答無用でストップ遠目に無理矢理にでもポジを持つ傾向は強い。

ところで、ここ2日の予測はきっちり当たった。お陰で、株式の方で利益が出ている。

しかし、FXは用事があって出かけていたのでノーポジにしてしまった。昨日のポンドの予測もしっかりと当たっているみたいだ。

それでも、これらは、暴落を前提とした予測だった。しかし、今日朝、チャートを見たら、今日一日の動きは少し分からなかった。

 

昨日のブログと被るが、こうやって、トレードを控える気持ちになった時、それは臆病から来ているのか、合理的な慎重さか…、これが分からない。

 

強いて言うなら、今日の予測はロングだ。しかし、暴落だけとるという自分のスタイルを完成させたいと言う思いと、とにかく利益も欲しいから、ロングがしたいという思いの間で揺れている。

 

相場と自分との距離感はどの程度がいいのだろうか。とりあえず、その時になってみないと、ショートだけのスタイルになるのか、ロングもするのか…、分からないので、予測だけは書いておこうと思う。

 

一応は、経験則から、予測しやすい時は、見慣れているチャートに近い形なので、利益が出やすいなどのことは、分かってきている。

 

株式市場について。

 

【ダウ平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、今日は陽線か陰線か分からない。陽線の方が確率が高そうに見えるが、自信がない。一応、日足は、75MAの上にあり、上昇トレンドである。陽線がここ4日間連続していることからも比較的強い相場だと言うことができる。ショートしたいなら、少し上値が重くなるまで待つべきだろう。今日は様子見がいいかも知れない。

4時間足について。

4時間足は、一旦75MAの下に落ちている。今現在は、75MAをレジスタンスとしてもみ合っている。それでも、少し超えたのに、上昇しないという煮え切らない状態なので、一応75MAの上ではある。はっきりと、4時間足が75MAの下に出たら、ショートでいいが、ロングできるチャートではないと感じる。今日だけなら様子見がいいだろう。はっきりと陰線が出だしたら、ショートしてもいいが、夕方以降になりそうだ。

1時間足について。

1時間足は、75MAの上にあり、上昇トレンドである。昨日一旦二本陰線が出ているが、下がる様子がない。順調に上がっていくチャートを形成する可能性が高い。しかし、ここ数日上がりすぎているので、今日は様子見がいいだろう。

 

様子見しよう。

 

日経平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

日経平均の日足は、今日も陽線になりそうだ。しかし、数日前の暴落前の高値は超えていないので、今はロングしにくい。一応、75MAの上に日足があり、順調な上昇トレンドの途中ではある。しかし、今は、様子見しよう。

4時間足について。

4時間足は、一旦75MAの下に落ち、今現在、75MAをレジスタンスとしてもみ合っている。意外と、75MAは超えないかも知れない。陰線が出るようならショートがいいだろうと思うが、夕方以降まで様子を見た方がいいかも知れない。

1時間足について。

1時間足は、75MAの上にあり、順調な上昇トレンドを形成する前段階みたいな感じになっている。このまま上昇していく可能性が高い。しかし、長めの陰線などが出て、75MAを下抜くなら、5分足のエントリー条件次第でショートしていいと思えるのが、4時間足だった。

 

5分足のエントリー条件に従い、1時間足が、75MAを下抜いたらショートしよう。

 

為替について。

 

ドル円(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、もみ合い期に入っている印象だ。しかし、数日以内に下に動くだろうと思う。日足そのものも、75MAの下にあり、それだけではなく、200MAの下でもある。今日か明日には、下落するだろう。

4時間足について。

4時間足は、200MAをレジスタンスとして、張り付く形でもみ合っている。当分この位置でもみ合うと思う。定着してしまっているからだ。上に動くのか、下に動くのか、それは分からない。しかし、移動平均との位置関係からして、推奨されるのは、どちらかというとショートだ。

1時間足について。

1時間足は、200MAの下にあるが、75MAの上にある。一応は下落トレンドだ。200MAを優先的に見るべきだからだ。75MAはもう直ぐで下抜かれるかも知れない。やるならショートがいいだろう。

 

5分足のエントリー条件に従い、ショートしよう。しかし、動かない可能性も考えて、ストップは遠目にしておこう。直ぐにロスカットしないように。

 

【ユーロドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

ユーロドルは、乖離が開いた後に陰線が沢山出てきている。このまま下落すると見るのが乖離での判断だが、乖離に反応して陰線が出た割には、直ぐに落ちてくることがない状態が続いている。このまま高値でもみ合いながら、日足の75MAに近づくのではないだろうか。今は、様子見しよう。

4時間足について。

4時間足はここの所上でレンジだったが、昨日、75MAを僅かに下抜いている。しかし、75MAを下抜いたにも拘わらず、急落はしていない。これだと、寧ろ、上昇は強いのではないかと思う。当分、75MAを挟んでもみ合うのではないかと思う。トレンドが出るまでは、様子見がいいだろう。

1時間足について。

1時間足は、75MAの下に出ている。下落トレンドを再開している可能性もある。しかし、それだと、上位足の判断と異なる。トレンド判断が上位下位で異なる時は、トレンドが出にくい場合が多いので、今は、様子見しよう。

 

様子見がいいだろう。

 

【ポンドドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、75MAの上にあり、上昇トレンドである。しかし、陰線が多数出てきているのと、株式市場との相関から、下落トレンド入りしているという予測がしやすい気がする。やるならショートがいいだろう。

4時間足について。

4時間足は、75MAまで落ちた後、再び75MAの上まで上がったが、そこで戻り売りが入ってきた形になっている。再び、75MAの下にある。一応沿う形でもみ合っているが、早晩下落するだろう。やるならショートだが、もう少しはっきりと勢いが出るのを待った方がよりいいかも知れない。

1時間足について。

1時間足は、75MAの下に落ち、そこで乖離を広げた後に、再び75MAまで上昇している。今は、75MAをレジスタンスとするかの勝負所だろう。これだと、5分足単位で見た場合、少しトレンドが出にくい上に、ショートするにもはっきりとレジスタンスを作る傾向も、あまりないだろうと思う。今日は、様子見しよう。

 

様子見がいいだろう。

 

【ドルスイス(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、ここ1年下落トレンドである。長期で見たらスイスフランが高くなることは、明らかだ。ここ数日も、75MAの下で急落してきた。今も、75MAの下にある。このままショートがいいだろう。今日が陰線になるかは、少し自信がない。

4時間足について。

4時間足は、75MAの下にあり、下落トレンドである。乖離もないし、75MAもレジスタンスとして機能している。このままショートがいいだろう。

1時間足について。

1時間足は、75MAの上にあり、75MAをサポートとして認めている。このまま上昇する可能性がある。上位足と下位足で判断が異なる。この場合は、トレンドが出にくいので、今日は様子見しよう。

 

様子見がいいだろう。

 

ドル円→ショート(ストップ遠目にスイング用で)

ユーロドル→様子見

ポンドドル→様子見

ドルスイス→様子見