ダウ平均の暴落を願うドル売り日記

暴落を願うトレーダーの日常と相場の話。本命はドル売り(*‘ω‘ *)他にも本の紹介などできたら。

【相場予測】そろそろ暴落を開始するだろう(*‘ω‘ *)

このブログは、2月から6月中旬まで予測ブログだったのだが、その予測に疲れたのと、予測してトレードするという作業が楽しくないので、それが憂鬱さを誘ってしまって、病気になりそうだなって思ったので、予測はやめていた。

 

それに、『トレードは本能と逆の行為』という人結構いるが、私の知っている限り、この文章は、①ネットのブログで、②ラインの負け組で、しか見たことない。

私自身、本能の赴くままにトレードして資産40倍まで増やしたことがある。勝っている人にとって、本能と正しいトレードは同じものだと思っている。

 

しかし…だ。

 

このブログ、予測をやめてからアクセス数が下がったのだ(*‘ω‘ *)

正直、『え?画像も貼らないあのつまらない予測ブログ読んでいた人、いたんですか?』

『アクセスとか…、間違って踏んだ人がいても文章までは読んでくれていないでしょう?』

と言う感じだったのだが、このアクセスの減り方を見て、読んでいる人がいたのだな…と嬉しくなった。

つい最近は、本の感想でアクセスがあったみたいだが、基本は予測ブログは読まれていたようだ…不思議だ!!私だったら絶対に読まない。だって、単調でつまらないものw

 

でも、世の中には物好きがいるらしい。私のブログは、基本はてなスターもつかないので、読んでいる人は、普通にGoogleでブックマークして度々訪問してくれている可能性が高いということも、アクセス傾向から分かった。読まれていたのか…嬉しいが、不思議だ。

 

私自身は、トレードの腕を磨く為に書いていて、アクセスとか気にしていなかっただけに、読んでくれていた人がいたのは、凄く嬉しかった。もちろん、読者になってくれている人が読んでいるのは分かるのだが、それ以外だと、あの単調な予測をね…読んでたと…。

嬉しいが不思議だ(何度目w)

 

だから、今日から頑張って予測を書こうと思う。

 

ただし、今日は午前中は用事があったので、予測を書けなかった。だから、こういう遅い時間になった。それでも、頑張って書こうと思う。

ちなみに、予測をしようがしまいが、今の私にとって、資産の増減に差はなかった。いつも通りだ(*‘ω‘ *)

これは、予測をするモチベーションを下げるが、今日から予測をしてトレードしようと思う。

今後、【相場予測】とあれば、今まで通り。【日常】とあれば、世間話、そう思って欲しい。あと、最低限画像を貼ろうと思う。予測読んでくれていた人たち、物好きとしか思えないし、頭大丈夫か不安だが、ありがとう!!!(私ならこんな単調な予測ブログは読まないと思う(何度目w))

 

株式市場について。

 

【ダウ平均(*‘ω‘ *)】

①日足について。

正直難しい。私は、ダウ平均を参考にしているが、ナスダックは高値更新している。ナスダックの押し目でロングするのが、普通だと思う。今後、ダウ平均の次にナスダックも書いていこうと思う。とりあえず、ダウ平均の日足は、高値を更新せず、戻り高値で長めの陰線が出てきて、その後の戻り売りの局面が現在だろう。

f:id:fpe6665:20200701133027p:plain

このチャートで、2677あたりの戻り高値を超えたら、上昇ははっきりする。現在のところは、移動平均線の上にチャートがあるので、上昇トレンドだから、基本姿勢はロングではあるが、この陰線と戻り売りが怖くてエントリーできる状態ではないと思う。もし、どうしてもポジりたいなら、ショートになると思う。やはり、陰線が長めなので、短期的には下げてくると思う。移動平均を下抜いたら、本格的にショート再開しようと思う。

②4時間足について。

f:id:fpe6665:20200701133331p:plain

4時間足は、移動平均線レジスタンスになっている。ここでこれだけはっきりと抑えられているなら、これを超えるのは難しいだろうと思う。ショートがいいだろう。

③1時間足について。

f:id:fpe6665:20200701133416p:plain

1時間足に関しては順調な上昇トレンドである。このまま上げ続ける可能性の方が高い。上位足によりショートしたいなら、陰線が多数出現するのを待つべきだろう。即ショートすると、間違いなく負けると思う。

 

基本はショートだが、1時間足が明らかに上昇トレンドであり、5分足のエントリー条件に従っても負ける可能性は高い。1時間足で陰線が多数出現してはっきりと上値が重くなってからショートしよう。ロングは控えよう。

 

【ナスダック(*‘ω‘ *)】

①日足について。

ナスダックは直感的には、寧ろショートだが、論理的には、ここでロングするのはやめようという感じだ。

f:id:fpe6665:20200701133951p:plain

チャートは、移動平均の上にあり、上昇トレンドだが、長めの陰線が多数出ていて不安定だ。高値でこういう動きをよく見ることがある気がする。ファンダメンタルズ的に考えると、一旦コロナが落ち着くと予測されたが、収束しそうにない…それを表している気もする。しかし、2008年のような大暴落が期待できるかというと、難しいだろう。基本的に、株式市場は、金持ちに打撃を与えないと落ちないと言うのが私の信念だ。コロナは貧乏人の生活を直撃しているだけだ。

②4時間足について。

f:id:fpe6665:20200701134156p:plain

4時間足は、移動平均線の上に出ていて、上昇トレンドである。しかし、高値は超えていない。この高値を超えずに再び移動平均線の下に落ちたら、ショートしようと思う。この状態では、ロングもショートもできないので、様子見がいいだろう。

③1時間足について。

f:id:fpe6665:20200701134308p:plain

1時間足は、はっきりと上昇トレンドである。この高値でのもみ合いを下抜くぐらいの長めの陰線が出たら、下落トレンド入りの兆候と捉えることができる。しかし、現段階では、チャートが移動平均線の上にあり、上昇トレンドである。ショート目線だが、この状況でのショートは勝率が落ちるので、やめておこう。

 

基本はショートだが、今は様子見がいいだろう。陰線がはっきりと出て、移動平均線を下抜いてからでも遅くない。ロングできるチャートではないがショートを安全に撃てるチャートでもない。

 

日経平均(*‘ω‘ *)】

①、日足について。

こっちはショートのポジを持っている。下落すると思ったからだ。今日、長めの陰線になる可能性は高い。そう言えば、雇用統計が近いので、その前にスイング用のポジを持ったのは、少し失敗だったかも知れない。まあいい。

日経平均は、ナスダックと違い、高値は更新していない。そして、ここ1ヶ月ぐらい、75MAの上で推移しているので上昇トレンドである。しかし、上昇トレンドなら、そもそも、2週間前の長い陰線はでないし、今回も、その長い陰線からの戻り売りが入ってきているが、少しずつ戻り売りが勝ってきている。下落トレンド入りする可能性が高い。ショートがいいだろう。

②、4時間足について。

4時間足も75MAの下にあり、あと数本陰線になれば、75MAそのものも、下向きになるだろうと思う。下落トレンドであり、積極的にショートしたい。

③、1時間足について。

1時間足も、75MAの下で下げていて、下落トレンドである。75MAもここ数時間で下向いてきた。そして、左を確認したら、まだまだ乖離を気にするレベルにまで来ていない。ゆっくりとショートしたい。

 

ショートがお勧めだ。

 

為替について。

 

ドル円(*‘ω‘ *)】

①、日足について。

ドル円は、既にショートポジを持っている。チャートでポジがバレるので、チャートは貼らない。しかし、109円台から急激に陰線を出して長いもみ合いを移動平均の下に作り、移動平均を上抜いたかと思ったら、それを騙しとして陰線になり、再び下に…このストーリーから、下落は明らかかと思う。ショートがいいだろう。

②、4時間足について。

4時間足も、日足と同じ感じだ。日足と同じ文章になるので、割愛するが、日足と4時間足がシンクロしているので、凄く簡単だ。積極的にショートしよう。

③、1時間足について。

1時間足だけは、まだ上昇トレンドである。見方によっては、1時間足では下落が終わり、上昇トレンド入りしていて、今日の下落は押し目と捉えることもできるだろう。どっちにも捉えることができるのが、相場だ。しかし、再び、107円になったら下落は決定する。今日中に107になる可能性は低いと思うが、ストップを遠目にして持っていてもいいだろうと思う。

 

ショートがいいだろう。

 

【ユーロドル(*‘ω‘ *)】

①、日足について。

こちらも、既にショートのポジを持っている。しかし、ドル円ショートとユーロドルショートを持つなら、ユーロ円ショートを持つべきだとここを見ている人は思うだろう。しかし、私の場合、相関を利用しているので、ドル円ショートとユーロドルロングはドル売りとして相性がいいが、ここが逆になる場合は、どちらかしか利益が出ない場合が多い。そして、クロスの勝率は、何故か悪い。だから、これでいいのだ。

ユーロドルの日足は、1.14という高値を付けたあともみ合っている。一応、チャートは移動平均の上にあり、上昇トレンドと言える。この状態でのショートは勝率が悪いが、もみ合い期間が長すぎる。これだけ長くもみ合っている場合は、上に行こうとして失敗したと捉えることが出来る。再び、移動平均の下に落ちるだろうと思う。

②、4時間足について。

4時間足は、75MAの下に出て、少しずつ75MAをレジスタンスとして認めつつある動きをしていた。そろそろ、上に行くのを諦めて落ちてくると思う。十分に長くレンジだったからだ。ショートがいいだろう。

③、1時間足について。

1時間足は、1.14、1.134、1.128と少しずつ上値を抑えられてきた。そして、今日ついに、75MAを下抜いた。このまま下落する可能性が高い。ショートがいいだろう。1.116近辺をはっきりと下抜いて来たら、長く持っていいだろう。しかし、途中で戻しがあるので、増し玉の際は注意が必要だ。

 

積極的にショートしよう。

 

【ポンドドル(*‘ω‘ *)】

①、日足について。

こちらも既にショートのポジがある。ポンドドルに関しては、ドル円ショートポンドドルショートで相性がいい相関だと思っている。だったら、ポンド円ショートしろと言う意見が聞こえてきそうだが、私がクロスを弄る場合は失敗が多いので、こういう場合でも、クロスは弄らない。

日足は、一旦75MAの上に出たが、75MAそのものが下向きだったのか、その上昇の力は元々弱かった。昨日今日と、75MAを下抜こうと試している。移動平均線そのものが下向きでかつ移動平均上でのもみ合いなので、これは、下落トレンドである。75MAは早晩レジスタンスになるだろうと思う。こちらも、積極的にショートしよう。

②、4時間足について。

4時間足の形状は、ユーロドルに似ている。ここのところ、ドルを中心にはっきりとした相関があったのかも知れない。ポンドドルも75MAの下で下落しているので、下落トレンドである。少しずつ速度も上げている。近々暴落するのではないだろうか。ショートしておこう。

③、1時間足について。

1時間足は、75MAの上にあり、上昇トレンドである。この状態で1時間足だけ見てショートすると勝率が凄く悪いので、少し様子見した方が良さそうだ。しかし、75MAそのものは下向きであり、下落トレンドである。一時的な上抜きに過ぎず、基本高値を更新するのは、難しいと思う。その意味で、5分足がはっきりとエントリー条件を満たしたら、ショートしよう。

 

ショートがいいだろうと思う。

 

【ドルスイス(*‘ω‘ *)】

①、日足について。

f:id:fpe6665:20200701140936j:plain

ドルスイスの日足は、75MAの下にあり、下落トレンドである。ショートがいいだろうと思う。他のドルストではドル買いになっているが、ドルスイスとドル円なら、ドル安になる可能性が高い。ユーロもそうだが、この二つの通貨の方がドル売りとの相性はいいだろうと思う。しかし、今のところ、まだレンジだと思うので、様子見しよう。

②、4時間足について。

f:id:fpe6665:20200701140955j:plain

一旦、75MAを上抜いて、それから下に戻っている。綺麗な騙しを作った状態にあり、ショートでいいだろうと思う。しかし、上位足を見るに、レンジになる可能性の方が高いのではないかと思う。ドルスイスに関しては材料不足だと思う。しかし、ショートは面白そうだと思う。

③、1時間足について。

f:id:fpe6665:20200701141111j:plain

直近では、綺麗な下落トレンドである。チャートが、75MAの下にあるからだ。基本はショートでいいだろうと思う。しかし、4時間足まで参考にすると、レンジからは抜けていないと思う。それでも、下落の初動である可能性が高い。やるならショートだが、出来たら様子見したい。

 

様子見かショートでいいだろう。

 

ドル円→ショート

ユーロドル→ショート

ポンドドル→ショート

ドルスイス→ショート