ダウ平均の暴落を願うドル売り日記

暴落を願うトレーダーの日常と相場の話。本命はドル売り(*‘ω‘ *)他にも本の紹介などできたら。

【日常】昨日のトレードの勝率は良かった(*‘ω‘ *)【トレードの感想含む、予測なし】

昨日のトレードの勝率は凄く良かった。

最初はあまり良くなかったのだが、途中一回勝ってからは、無駄がなく、何しても勝てるという状態だった。お陰で昨日のデイトレードだけでかなり資産が増えた。

最初は、『ブログで予測を書いて、その通りにトレードしないと資産が減ってしまう。以前の様にドテンを繰り返していたら、お金がいくらあっても足りない』と焦りを感じていて、ブログで予測を始めたのだが、その予測期間中に分析力が磨かれたのか、ドテンを何回もしたのに、資産は寧ろ増えた。

こういう爆発的な増え方は久しぶりなので、とても嬉しい。

しかし、ほとんどがロンドン市場での増だった。やはり、東京市場では、日経平均ドル円しか扱わないというのが、正しいのだろう。

 

今日は、本格的な予測は書かないが、長期的に見たら、日経平均もダウ平均も絶対的に上目線だ。『株価はいつか落ちる』この常識は、中央銀行ETFなどの形で株価の下支えをするようになった今の時代、変わったと思う。

もちろん、この前のコロナショックの様に、少し調整することはあるだろう。しかし、2008年のように暴落することはないだろうと思う。

中央銀行ETFを買っている』このファンダメンタルズに影響を与えるような、『金融的な』情勢の変化がない限りは、 暴落はない。

著名人で暴落を予測している向きがあるみたいだが、私は圧倒的に買いで行こうと思っている。

今日も日経平均を買う予定だ。

 

 

 

 

 

日常について。

 

昨日今日と副業が休みなので、家で過ごした。それでも、やることが一定程度ある。今日は郵便局は行かなければいけない。本当は、昨日行く予定だったのだが、忘れてしまった。

それ以外は、パウンドケーキを焼いた。

f:id:fpe6665:20200709083539j:plain

色が黒いのは、全粒粉と黒砂糖を使っているからだ。ちなみに、卵も米卵を使っている。

このパウンドケーキは、毎回焦がしてしまうので、次はオーブンの時間を少し短くして焼いてみようと思う。

味は、今回もとても美味しかった。

昨日は、それだけではなく、ピロシキボルシチも作った。

f:id:fpe6665:20200709083759j:plain

以前、ロシアと関係の深い友達がいたことがあるのだが、その友達がいなかったら、トマトスープとボルシチの区別が一生つかなかったし、ビーツという食材の存在も知らなかったと思う。ちなみに、ピロシキを食べたのは、昨日が生まれて初めてということになった。手作りだし、材料難で、結局豚肉ではなく鶏肉で作ったが、それでも美味しくできて嬉しかった。

 

それ以外は、一日ゲームして過ごした。

今はツイステッドワンダーランドはやっていない。刀剣乱舞の秘宝の里というイベントで忙しいからだ。しかし、それも今日で終わるので、今日の午後からは、ツイステのゴーストマリッジと言うイベントをやろうと思う。

 

トレードがロンドン市場に限定されることになったので、落ち着いて済ませないといけない読書は、午前中にやっておきたいと思っている。

今は、MMTに関する本を読んでいる。

この本の理論によると、『中央銀行が株を買っている限りは暴落しない』ととることもできる。しかし、中央銀行国債を買うことによって、金利上昇は避けられるが、インフレや為替相場の変動を否定している本ではない。

しかし、私自身は、全世界が同時に金融緩和をしている限り、為替相場の変動はどんどんなくなるのではないかと思っている。

確かに、この前のコロナでは結構変動したし、今もコロナ前に比べたらボラティリティが大きい。

しかし、横に線を引くとコロナ前と後で、ドル円のチャートの位置は、大して動いていないのである。もし、低レバで持っているなら、それがロングであれショートであれ、あまり利益も出ないけど、損失も出ないという状態になっていたのではないかと思う。

 

今日もドテンをするトレードをしようと思う。

 

正直、トレードを元のアグレッシブなスタイルに戻すと、ポジポジ病になるのではないいかと心配したが、今朝の雰囲気から、それはない。

これは動かないなと見なすと、普通にエントリーを控えることが出来るようだ。

これも、2~3ヶ月分析に徹した成果だろうと思う。

しかし、トレードで大事なのは、自分は勝てるトレーダーだと心から信じることだと思う。恐らくは、あまり意識はされないが、勝っている人は、それが自然にできていると思う。自己信頼の薄い人間は、相場では勝てないだろう。

 

認知の歪みと言う言葉があるが、勝てると思うことは楽観的な方に歪んでいる。

負けると思うことは、否定的な方に歪んでいる。

正確に現実を捉えることはできないと思う。

その意味で、選べるとしたら、どう歪みたいかだと思う。

 

私は、楽観的過ぎる人を見ると、よく、『精々5万しか稼げない癖に、自分が天才的なトレーダーとかw良く思うわwww』などと馬鹿にしたものだ。しかし、そう言う風に楽観的に歪むのも、見たい現実を選ぶ上ではいいのだ。

『自分は、5万しか稼げない。だめなトレーダーだ。』と思うよりも、上の方がずっと幸せに生きられる。もちろん、現在の所在に不満を感じつつ打開する為に努力する為に、自分の状態を悪く見るのも大事だ。しかし、幸せなのは、前者だろう。

 

今日も積極的に資産を増やそうと思う。