ダウ平均の暴落を願うドル売り日記

暴落を願うトレーダーの日常と相場の話。本命はドル売り(*‘ω‘ *)他にも本の紹介などできたら。

【日常】生理前故、気持ちが沈みやすい(*‘ω‘ *)そんな時の過ごし方は??

私は、基礎体温を付けているのだが、それによると、今は生理前の様だ。そのせいか、気分が少し沈む。

女性なら分かってくれると思うが、沈みが深い生理前と、そこまで深くない生理前、二種類あるのだ。

今は7月だが、6月の生理前は、今よりもずっと気分が沈んで大変だった。

 

今回は、ニートやトレーダー、その他、パートタイムで仕事している人しか参考にならない面もあるかも知れないが、生理前の過ごし方について書こうと思う。

 

【1】辛かったら、兎に角横になる。すなわち寝逃げ(*‘ω‘ *)

眠気もあるので、読書などの活動には不向きなのが、生理前だ。

そんな時は、寝るのが一番かも知れない。しかし、寝ると他の雑念が入らなくなるので、生理前の鬱気分の時は、暗い内容を考えてしまうこともあるかも知れない。

特に、午後から仕事があるフリーランスなどの人の場合、午前だけ寝て休もうと思うと、眠りが浅くなり、暗い夢を見やすい。

個人的経験からしたら、寝るのはお勧めしない。

 

【2】ゲームなどの軽い活動をしよう!!夢中になることを探してみよう(*‘ω‘ *)

私は、近頃ゲームが楽しくなっている。ゲームに夢中になっている時は、生理前でもそこまで暗い気持ちにはならない。

私は、ゲームだが、何か夢中になれる趣味があると、気が紛れていいかも知れない。生理前に辛いのは、暗い事をぐるぐると考えてしまいがち、ということだ。何か趣味に没頭してみよう。

 

【3】ブログを書いてみよう。生理前の悩みをぶつけてみよう(*‘ω‘ *)

正に、今やっていることだ。生理前ではないorそこまでメンタルが落ち気味ではない、そんな時は、朝もTwitterを見ているとワクワクして楽しいのだが、生理前で少しメンタルが落ち気味の時は、Twitterが退屈だ。

そんな時は、レベル一つ負荷を増やしてみるのがいいかも知れない。ブログを書くのは、特にいいだろう。

生理前の辛さについて、吐き出すところがあれば、少しは気持ちも楽になるし、共感してくれる人もいるかもしれない。ブログを書いてみよう。

 

【4】散歩や軽い筋トレなど、運動をしてみる。脳に酸素が行けば、少し気持ちが明るくなるかも(*‘ω‘ *)

生理前は億劫だし体が重い。そんな時に運動なんて!!と思うかもしれない。しかし、有酸素運動鬱病にもいいことが分かっている。筋トレも少しなら疲れないし、気持ちがすっきりするだろう。

誰でも、生理前だろうとなかろうと、その日の日課で済ませないといけないことがあるはずだ。そんな時、最初の気付け薬代わりに運動を取り入れてみるのはどうだろうか。

少しはやる気が出るかもしれない。

 

【5】お菓子作りなど、暇つぶしになる楽しい日課を作ってみよう(*‘ω‘ *)

生理前は食欲がある人もいるかもしれない。私は、そういう変化はないが、このブログにもある通り、趣味はお菓子作りだ。私は、普段から食欲は抑制されているタイプなのだが、生理前は過食になる人もいると聞く。

そんな時は、全粒粉に黒砂糖を使った低糖質レシピでお菓子を作ってみるのがお勧めだ。太りにくいし、紅茶もおいしくなる。ティータイムをリラックスして過ごして、生理前を乗り切ろう。

 

【結論(*‘ω‘ *)】

生理前でも、生理が重くなくなる為には、夢中になる趣味が必要だということが、分かってもらえただろう。

夢中になる趣味ではなくても、日課があると乗り切れることもある。

日課だと、生理前に、面倒だ…、動きたくないと思い、重荷に感じることもあるかも知れない。

しかし、このブログの最初に書いた通り、寝逃げは完全に熟睡できなかったら、寧ろ悲惨である。特に、生理前の時期にリアル生活で嫌なことがあった場合は、寝逃げは本当に苦しむことになる。

どうせ苦しいなら、起きて気が紛れることをして、メンタルも同時に鍛えた方がいい。

それが、私の考えだ。

 

昨今では、頑張らない考え方が主流になってきているが、私は、その生き方で豊かな老後が待っているとは思えない。どこかで、考え方を変えて努力しなくては、ダメだ。

だから、生理前を有意義に頑張って乗り切ろう。

 

(全ては、資産運用とパートタイムの仕事だけで生活できるトレーダーの乗り切り方だというのは、断っておく)