ダウ平均の暴落を願うドル売り日記(*‘ω‘ *)

暴落を願うトレーダーの日常と相場の話。本命はドル売り(*‘ω‘ *)他にも本の紹介などできたら。

【相場予測】久しぶりに予測を書いてみるのと、方向性を変えようと思う(*‘ω‘ *)【トレード】

ところで、私の相場予測のやりかたは、基本は移動平均線を使ったトレンドフォローだったのだが、それに対して、少しチャートのレジスタンスやサポートを意識する感覚を織り交ぜている。

もちろん、MMT等の本を読みつつ最新の経済の知識にも親しんでいる。

 

しかし、ここのところ、トレードのブログを少し読むようになって、私の予測の仕方はかなり複雑で難しい事をしていると気づいたのだ。

 

ただ、正直、この相場予測ブログは疲れる。

だから、日常について書きたくなってしまうのだ。

 

だから、少し肩の力を抜こうと思う。

やる気のある日は、株式市場についても移動平均や乖離との関係を見ることにするが、やる気のあまりない疲れている日、レジスタンスとサポートだけを見ることにする。株式市場の上値が重いとか、それだけを見つつ、為替を移動平均との関係を見て、相関を探る、そういう方向性に限定しようと思う。

 

さて、今日の予測に入ろう。

 

株式市場について。

 

【ダウ平均(*‘ω‘ *)】

【ナスダック(*‘ω‘ *)】

この二つは同時に考察しようと思う。

ダウ平均は上値が重たく、前回の高値からの戻り売りが入ってきている状態だ。ナスダックは順調に高値を更新している。ダウ平均は、上値が重そうに見えつつ、75MAの上にあり、75MAそのものも上向いている。

これは、基本的には上昇トレンドと見ていいだろうと思う。

 

しかし、景気が一巡しているという見方もでいる。

それが、【日経平均(*‘ω‘ *)】と【テスラがトヨタ時価総額を超えたこと(*‘ω‘ *)】の二つの事象だ。

日経平均は、月足で見ると、2018年からずっとレンジである。あと数回レンジを繰り返したら、75MAと25MAの距離がなくなり、25MAが75MAをクロスする可能性が高くなる。そうなれば、本格的な下落トレンド入りをするだろう。

テスラについては、2007年なのだ。トヨタGM時価総額を超えたのは。歴史が繰り返されるなら、似た事象が起きた今、近い将来株価が大きく暴落すると見るのは自然だろうと思う。

しかし、ここまで来るには、Facebook株を10代の子供が購入しようとしたなどのニュースも流れ、バブルではないかと想像されたのは、2013年よりも前だった。

 

私のトレードの仕方だと、上がっているものは更に上がるということになっている。

 

ダウ平均とナスダックは高値を更新するから、暴落狙いのこのブログ的には手出ししては駄目だ。

日経平均も日足で見ると、75MAの上にあり、75MAそのものも上向いているので、上昇トレンドだ。

しかし、ナスダックが上値を重くした時、日経平均が高値を更新していないなら、ショートチャンスとしてかなりいい状況になるだろう。

 

今は、ショートできない。

 

為替について。

 

ドル円(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、75MAも200MAも25MAも下回っており、下落トレンドだ。やるならショートがいいだろう。

4時間足について。

4時間足も、75MAと200MAと25MAを下回っている。下落トレンドだ。しかも、25MAが75MAを下回ったばかりであり、75MAももう少しで下向きそうだ。200MAもきっとそれについてくるだろうと思う。急激な下落が想定できるのではないだろうか。

日足もショート可能なので、ショートがいいだろう。

1時間足について。

1時間足も、75MAと25MAと200MAの下にあり、下落と見ていい。しかし、少し、200MAの乖離が気になる状態になっている。ここから即ショートはやめた方がいいかも知れない。上昇が続くなら、レンジも続く。今のレンジ相場で、乖離を無視して更に下落することは、考えにくい。

今日は様子見でいいだろう。

 

様子見しよう。

 

【ユーロドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、75MAの上にあり、25MAに沿う形でレンジになっている。レンジになっているものは更にレンジになるとの見方だが、レンジがいつか終わるという意識も必要だ。

それでも、日足で見るならレンジであり、様子見すべき状態だ。下位足でチャンスがあったらエントリーしていいが、日足でのトレンドが期待できないので、デイトレードに限定すべきだろう。

4時間足について。

4時間足は、6月に入ってからほぼレンジだ。今は、75MAの上にチャートがあり、やるならロングがお勧めだ。しかし、オセアニアなどとの相関を見るに、株価上昇とドル安に相関がありつつ、オセアニアが頭打ちになっている印象がある。ロングは少し様子見した方がいいかも知れない。

1時間足について。

1時間足は、75MAの上に一応あるが、もう少しでクロスしそうな状態だ。デイトレードでやるならショートがいいのではないだろうか。25MAが75MAの下にあり、短期的には弱いことを示している。今日もショートがいいだろう。

 

やるならショートでデイトレードだ。

 

【ポンドドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、75MAの上にあり、上昇トレンドだ。しかし、75MAを上抜いたのに、勢いは全くない。このままだと落ちてくる可能性かレンジになる可能性が、一番高いと思う。日足だけならロングがいい状態には変わりないので、ショートするならデイトレードになる。

4時間足について。

4時間足は、75MAの上にあり、25MAなども75MAの上にある。ペースは遅いが順調な上昇トレンドだ。少し上値が重い印象もあるが、どうだろうか。ロングもショートもお勧めできないのが、4時間足だ。移動平均だけ見るならロングがいいだろうが。

1時間足について。

1時間足は、75MAをサポートとして順調に上がっている。今回の上昇に失敗したところをショートするのが王道だろうと思う。しかし、1時間足の段階でも、まだロング目線なので、今日のところは様子見がいいだろう。

 

様子見がいいだろう。

 

【ドルスイス(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、75MAと25MAの下にあり、順調に下げている。下落トレンドであり、ショートがいいだろう。しかし、レンジになりながらの下落であり、チャートそのものは、あまり綺麗ではない。やるならショートだが爆益は期待できない。

4時間足について。

4時間足は、75MAの下にあり、下落トレンドだ。やるならショートになるが、それまでのレンジになりながらの値幅のない下落を見るにスイングではないと、利益が見込めない。そして、ドル安株高で相関する以上、このショートは株高をとるのと同じだ。

株価だが、ここまで上昇してしまったのなら、一旦レンジを待った方がいい。ドル買いができないのなら、様子見しよう。

このブログはドル安と株安が相関すると見て書き出したものだが、コロナで相関が変わったようだ。

1時間足について。

1時間足は、75MAの上にあり、上昇トレンドである。やるならロングがいいが、上位足の判断と異なるので、やってもデイトレードがいいだろう。

 

デイトレードでロングしよう。

 

オセアニア通貨(*‘ω‘ *)】

オセアニアはほとんど弄らないが、為替と株式の相関を見るのに役に立つと思う様になったので、ここでも触れることにする。

日足について。

株式のチャートと凄く似ていると思う。このままナスダックが上昇目線なので、これも上昇するだろうと思う。しかし、75MAの乖離が気になる状態なので、ここからのロングはできない。様子見しよう。

4時間足について。

4時間足は、共に75MAの上にはあるが、上値は重くなってきている。ロング目線だが、ここからのロングは危険であり、様子見がいいだろう。

1時間足について。

1時間足は、75MAの下にあり、25MAも75MAを下にクロスしているので、下落トレンド入りしている可能性もある。やるなら、デイトレードでショートがいいだろう。

 

デイトレードでショートがお勧めだ。

 

ドル円→様子見

ユーロドル→デイトレードでショート

ポンドドル→様子見

ドルスイス→デイトレードでショート

オセアニア通貨→デイトレードでドル買い