ダウ平均の暴落を願うドル売り日記

暴落を願うトレーダーの日常と相場の話。本命はドル売り(*‘ω‘ *)他にも本の紹介などできたら。

【トレード】少し長期めのポジを持ってみよう(*‘ω‘ *)【相場予測】

 ここ1年テクニカルを研究して分かったことがある。

一時資産40倍と言っても、増える時には決まったパターンがあった。

それは、【ドル円ショートだった】というだけのことだ。

私の場合は、ドル円ショートの場合は、『ロンガーには一銭もやらない。その反面絶対に利食いもしない。利食い時の注文はロンガーに有利だから絶対に注文出さない。同時に、売り増しして一気に相場の下落をとる』というものだった。

ロンガーに金をやらないどうこうというのは別として、その他の部分はジェシーバモアから学んだものだった。

結局ここれが正しかったのだなと分かった感じだ。

FXでテクニカル分析しだしたのは、1年程前だが、ドル円ショートだけなら2013年のアベノミクスの開始からやっていて、度々大きな下落をとっていた。

利食いはどうするのか?それは、『ロスカットで逃げるのと、利食いで逃げるの、どちらかを選ばないといけないとしたら、負け組のロンガーが注文出して欲しくない場所はどこか?』というのを基準にしていた。

それで、これはもう逃げないと、負け組のロンガーが喜ぶ位置でのロスカットになってしまうと、早めに利食いしていたのだ。

でも、私が大きく勝つのが、このパターンである。

正直、円安と株高は、相関しやすい。

この先進各国の中央銀行が金融緩和をして株価を上げている環境において、ショートとか、狂気の沙汰だと思うのだ。だから、普通のトレードもできるようになりたい。それが正直な気持ちである。

その反面、たまに来るショートのチャンスだけをとっていても十分な収益になるのは分かっている。

しかし、それもいつまでだろうか。これだけ金融緩和していたら、戻しすら作らないことが出てくるのではないだろうか?暴落はあるのか?これらが不安なのである。

 

これからも、ロングショート双方の全通貨の研究はしつつ、本格的にトレードするのは、スイングでドル円ショートなどの、株安相関ポジのみ、とした方がいいのかも知れない。

 

正直、トレードは楽しい。

トレードしていた方が、生活に張りが出る。

だから、頻繁にエントリーしたい。

頻繁にエントリーできるように、【その日の値動きを予測するブログ】を書いている。

 

ドル円ショートを100pipでロスカットされるように持つ生活は、今一楽しくないだろうなとその不安がある。

 

 

暗くなっても仕方ないので、もうドル円ショートやドル売りを主にやるから予測に意味があるかは、分からないが、5分足でずっと見ていたせいで、ゆっくりしたトレードで損失が出なくなったのも確かだ。

だから、5分足でのエントリー機会を探る為の予測を書いていこうと思う。

 

株式市場について。

 

【ダウ平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、75MAの上にあるが、200MAを上から下へクロスしようとしている。75MAや25MAも少し下向きそうな気配だ。そろそろショートのチャンスを探ってもいいと思う。しかし、しっかりと、200MAをクロスした後の方がいいだろう。それまでは様子見でも、展開は早くないからまだ間に合うと思う。今日は様子見しよう。

4時間足について。

4時間足は、75MAをチャートが下にクロスしている。このまま下落する可能性が高い。200MAの上にはまだあるが、打診売り程度のポジなら持っていいだろう。やるならショートがお勧めだ。

1時間足について。

1時間足は、25MAまで、全ての移動平均を上にしている。200MA、75MA、25MAの順に上から並んでおり、下落の調子がいいと思う。やるならショートだ。4時間足でもショートできる条件が整っているので、スイングでも大丈夫だ。明日辺り、日足でもショートできるようになるだろう。

 

ショートがいいだろう。

 

【ナスダック(*‘ω‘ *)】

日足について。

ナスダックは、ここ2週間程度上値が重い。以前の様に急ピッチに高値更新をしなくなっている。今日は、25MAを下抜こうとしている。本来なら、75MA以上を参考にすべきだが、これまで、25MAをサポートとして上げていたので、25MAを下抜いたらショートしていいだろう。今日はまだ下抜いていないので様子見しよう。

4時間足について。

4時間足は、75MAを下抜きつつ、200MAより上にある。25MAも75MAを下抜いている。下落の初動だと思う。やるならショートがいいだろう。

1時間足について。

1時間足は、200MAと75MAの下にあり、下落トレンドだ。25MAも200MAの下にあり、今度は、75MAを下抜こうとしている。このまま下落する可能性の方が高い。やるならショートがいいだろう。スイングで持とう。

 

スイングでショートできると思う。

 

日経平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、25MAを下に交差している。200MAや75MAよりも上にあり、75MAは200MAを上抜く目前だった。この上抜きは失敗するだろと思うが、そうなると、75MAと200MAが絡んで、少し複雑な波形になるかもしれない。基本はショートだが、増し玉する際は注意しよう。先の話だが…。

4時間足について。

4時間足は、75MA越えを騙しとして下落して、現在は、200MAの下にある。このまま下落する可能性が高い。やるならショートがいいだろうと思う。

1時間足について。

1時間足は、75MAと200MAの下にあり、先刻、75MAを25MAが下抜いた。このまま下落する可能性が高い。スピードも上がるだろう。やるならショートがいいだろうと思うが、乖離が開いた辺りでの増し玉は控えよう。

 

ショートがいいだろうが、乖離が開きだしたら注意だ。

 

為替について。

 

ドル円(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、25MAと75MAと200MAの下にある。このまま下落する可能性が高い。やるならショートがいいだろう。以前だったら気になるレベルの乖離だったが、コロナショック後なら、これぐらいの乖離は問題にはならないだろうと思う。

4時間足について。

4時間足も、200MAと75MAと25MAの下で下げている。このまま下落するだろうと思う。少し乖離が気になる状態だ。しかし、移動平均がついてきていない。これらが近づくまでは大丈夫だと思うが、少し下落のスピードを下げるかもしれない。それでも、もう少し複雑な波形でも、今迄もドル円ショートを持ってきていた。今回も持ち越そう。

1時間足について。

1時間足は、200MAとの乖離なら気になるが、75MAとの乖離なら埋めている。このまま下落に賭けて大丈夫だと思う。しかし、今日は増し玉はやめた方がいいかも知れない。

 

今日は様子見しよう。

 

【ユーロドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

ユーロドルは先日乖離が広がってから日足の陰線が出ている。この場合少し戻すケースが多い。もちろん、戻さない場合もあるが。しかし、様子見すべきだろう。

4時間足について。

4時間足も、75MAとの乖離がかなり広がっている。日足に陰線も出ているので、少し戻すかもしれない。やるならショートをデイトレードで。しかし、基本は様子見だ。

1時間足について。

1時間足は、75MAの上で順調に上げている。このまま上がり続ける可能性の方が高い。しかし、もう少し75MAに近づいてから、下に行くかもしれない。今は様子見の方がいいだろう。

 

どうしてもポジりたいならショートをデイトレードで。しかし、基本は様子見だ。

 

【ポンドドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、75MAの上にあり、先日レンジを上にブレイクした。上昇トレンドと見るのが自然であり、やるならロングがいいだろう。1.30まで上がったら乖離も気になるが、今の段階で乖離を気にする必要はない。

4時間足について。

4時間足は、75MAとの間にかなりの乖離を作っている。少し上昇に対して警戒すべき状況だろう。今日は様子見がいいかも知れない。

1時間足について。

1時間足は、75MAの上にあり、25MAをサポートにしている。しかし、25MAをサポートにできる状態はそこまで長くは続かない。乖離も少し気になる状態である。しかし、これだけ勢いのある上昇をショートするのは、賢明ではない。今日は様子見がいいだろう。

 

様子見。

 

【ドルスイス(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、75MAの下で下げていて日に日にスピードを上げている。このまま下落する可能性が高い。それも急落してくるかもしれない。やるならショートがいいだろう。

4時間足について。

4時間足は、75MAの下にあり、少し乖離が気になる上に、25MAを上に試す動きを少ししている。この下落をロングするのは賢明ではないが、ショートも警戒すべき状況である。様子見がいいだろう。

1時間足について。

1時間足は、一時開いた75MAとの乖離をほぼ埋めた。25MAに沿う形で下落している。しかし、下値が少し固い。ショートもロングもしにくいのが本音だ。様子見がいいだろう。もし、迷ったらロングだ。

 

基本は様子見だが、デイトレードでロングしてみるのは、ありだ。

 

オセアニア通貨(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、数日前に長めの陽線が出てレンジを上にブレイクしたのに、その後勢いがない。この状態なら、下落してくるかもしれない。しかし、勢いがあるので、デイトレードでのショートに限定しよう。

4時間足について。

4時間足も少し上値が重くなっている。これは、4時間足と75MAの乖離に反応している可能性があり、ロングは控えるべきである。基本は横だと思うので、様子見がいいだろう。

1時間足について。

NZドルドルの1時間足は75MAの下にあり、下落トレンド入りしようとしている。オジドルドルの1時間足は、まだ75MAの上にあり、上昇トレンドだ。NZドルドルならショートしていいかも知れない。しかし、基本は様子見であり、ショートしても、デイトレードに限定すべきだ。

 

ドル円→様子見

ユーロドル→様子見かデイトレードでショート

ポンドドル→様子見

ドルスイス→様子見かデイトレードでロング

オセアニア通貨→様子見かNZドルドルのみ、デイトレードでショート