ダウ平均の暴落を願うドル売り日記(*‘ω‘ *)

暴落を願うトレーダーの日常と相場の話。本命はドル売り(*‘ω‘ *)他にも本の紹介などできたら。

【トレード・冒頭に日常話あり】現在ドル円ショートでまた利益が出ている(*‘ω‘ *)【相場予測】

去年に9月だったかにかなり儲かった時期があったのだが、その時もドル円ショートでかなり長めのトレンドがとれた。そして、トレード結果を集計するに、儲かっているトレードの8割以上がドル円ショートである。

そりゃそうだ。アベノミクスの初期からドル円ショートの逆張りしかしていないのだから。上達するはずである。

今もそうだ。ドル円ショートで利益が出ている。正直、もうドル円ショートだけでやっていけると確信に近づく一歩手前である。

しかし、それだと楽しくないので、ドルストや株式市場も見ている。

相場というのはできることが増えれば増える程楽しいと思っている。

ドル円ショートや株式市場のショートポジションだけで十分儲かっているが、それだけというのは、私の性格に合っていない。

正直、ドル円ショートも逆張りでやっていたせいか、コンスタントに短期スイングで利益が出る様になるまで数年かかった。ドルストでの上下無視したトレードも、今も僅かなプラスにはなっているが、ドル円の様に爆益になるまでは、数年かかると思っている。

相関がはっきりしたら、ドルストでもかなり利益が出るのだが、今の相関のない相場はちょっとキツイ。

どちらにしろ、気長に努力するしかないだろう。

 

 

ここから少しだけ、日常の話になります。

予測を読みたい人はスクロールして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、この仕事をしていると、金のある男とない男が分かるようになる。

ハッキリ言えることだが、男は収入を盛る。

婚活していたことがあるのだが、大した収入もないのに、『モルディブ行きたいですね♡』なんて言うと、お前の3ヶ月分の給料分必要だよwって言うことも知らずに、『一人だと旅行って行きたくないけど、誰かとなら行きたいな~!!(【~】表記は貧乏人の特徴)』と言う人しかいない。

こういう男は要注意だ。

他にも、いつも同じ外食チェーンで食事をするようなタイプにも要注意だ。

ベンツを持っているからと、金持ちとは限らない。

5万円以下の出費がしょっちゅうある場合も貧乏人だ。

ロレックスは、フリーターでも持っている。

 

トレードにも通じるが、【利益を追求するよりも、損失を回避した方がいい】というのと同じで、【金持ちを探すより、貧乏人を避けた方がいい】。

 

意外と収入を隠さなかったのは、数年前にSNSで知り合ったトレーダーである。

月に20万しか稼げていなかった。これだと、手取りは当然20万以下だ。私は、月の小遣いが20万ないとやっていけないので、貯金の分など考えると、これだけ貧乏ならバイトする。

しかし、不労所得の世界にはあるのだ。

5万毎月稼げているトレーダーなら、負けている人が多い世界では、勝ち組だ、と。

しかし、それは思い込みである。

貴方なら、30万稼ぐ普通の労働者と、手取り20万以下のトレーダー、どっちを結婚相手に選ぶだろうか。当然後者は選ばない。社会的価値が低いことに気づきにくくなるのも、不労所得者の特徴なので、気を付けた方がいい。

不労所得者の場合、20万前後稼いでいる場合は、自分は勝ち組と思い込んで開示する。

しかし、5万前後の場合は、ニートとしての引け目があるから、金持ちのフリをするケースが見受けられる。

しかし、両方共、臭わせるのは、月収20万。両方現実みがあるのだ。しかし、それが、こいつらの空想する現実であり、実家暮らしで月5万の収入でできるのが、正に月収20万の生活なのだ。【嘘をつくときは、(盛る時は、)真実(現実)を織り交ぜろ】。貧乏人たちは、これを分かっている。プライドだけは高いのだろうかw

 

この話の最初に戻るが、【金があったらできる生活を隠喩で臭わせる男】は、十中八九貧乏人である。婚活の際は、気を付けたい。

 

一番いいのは、金持ちを見たことあるということだ。

私は、人生の半分を金持ちのサークルで過ごしたので、彼らと、贋作の違いは一発で分かる。騙される女もブスなんだろうなって自然に思う。

ブスは金持ちと関わる機会がないからねw

 

昔、ドル円ショートでも利益が出なかった頃、もし、このまま利益が出なかったら、相場していた時間は無駄になり、何も残らないと思ったが、詐欺師を一発で見抜く才能だけは残ったので、婚活したら最強だと思っている。実際やったら、金持ちとしか会わずに済んだという経験もある。

 

他にも色々とある。一発屋で終わる人の特徴や、本来一発屋で終わる予定だった人間なので、会社では出世しにくい男の特徴など…。婚活は相手を【さしすせそ】で持ちあげないといけないから辛いが、苦労はしない。

 

トレードは、初期は絶対に利益が出ない。

しかし、トレードを磨く中で、自分の中で育つ才能が必ずある。それは、日常生活で役に立つ。絶対に無駄ではないのだ。そして、トレードそのものも、数年の後、必ず結果が出る。私が保証しよう。

だから、ダメだと思うことがあっても、一つの手法をずっと研究して、トレードを頑張って欲しい。

正直、また元の婚活話に戻るが、金持ちとツガイになるよりも、独身でトレーダーになる方が、ずっといい生活ができる。

ニート歴が長いと、結婚に頼りたくもなるだろう。しかし、割と結婚生活は忍耐だ。

それだったら、数年トレードで苦労して、その後悠々自適になった方がいいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、相場の話に戻る。

 

今日の予測についてだ。

 

【ダウ平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

ダウ平均の日足は、200MAと75MAのクロス地点をサポートとして上放れしている。基本的には上昇トレンドなので、ロングがいいだろう。上値に重さがあるが、陰線一本出ていない。絶対にショートはやめよう。

4時間足について。

4時間足は、200MAと75MAの上で上がっている。移動平均そのものも、下から200MA、75MA、25MAの順に並んでいる。現在、25MAを挟んでもみ合っている。25MAを下抜く場合は、次の目標は、75MAになるが、現在そこを目指す様子はない。しかし、当分もみ合いが続く可能性が一番高い。移動平均トレーダーは損失が出やすいだろう。様子見しよう。

1時間足について。

1時間足の下で、75MAと25MAが絡み合っている。しかし、200MAの上にある。上昇途中の踊り場だと思う。低レバならロングできるが、高レバだった場合は、直ぐ損失になるだろう。低レバでのロングがお勧めだ。しかし、少し様子見した方がいい気もする。

 

様子見が一番。ポジポジ病になったら、低レバでロングしよう。

 

【ナスダック(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、200MAと75MAの上にあり、上昇トレンドだ。移動平均そのものも、下から順に、200MA、75MA、25MAと並んでいる。しかし、少し上値が重そうにも見える。しかし、この角度の上昇がダイレクトに落ちてくることは、稀だ。上昇トレンドだが、様子見がよりいいかも知れない。

4時間足について。

4時間足も、75MAと200MAの上にあり、上昇トレンドだ。移動平均そのものも、下から順に、200MA、75MA、25MAと並んでいる。しかし、25MAと75MAは絡みつつある。高値が更新されていないのも、気になる。一応様子見しよう。

1時間足について。

1時間足は、75MAと200MAの上にあるが、25MAを下抜いていて、200MAなどにサポートされても直ぐに上がる様子がない。レンジに入るかも知れない。様子見しよう。

 

様子見しよう。

 

日経平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、200MAと75MAの上にある。200MAでサポートされてから急激に上げてきたが、6月5日の高値で上げ止まっている。長く続いたレンジがここで終わるということも考えにくい。それは、ドル円が下げ基調だからだ。やはり、想定為替レートを企業が発表している現状、円高が重しにならないとは考えにくい。レンジになるか下落する可能性があると思う。しかし、この状態をスイングでショートすることはできない。基本は様子見だ。

4時間足について。

4時間足は、200MAと75MAの上にあり、上昇トレンドだ。現在、200MAを75MAが下からクロスしつつある。一旦乖離に反応して、上で陰線を出現させたが、そこから急落する様子はない。基本は上昇トレンドであり、4時間足で乖離があっても、日足に陰線が出ていないなら、ショートはできない。しかし、長めの陰線は、少し気になる。様子見がいいだろう。

1時間足について。

1時間足は、200MAと75MAの上にあり、上昇トレンドだ。先日、25MAだけは下抜いてきたが、75MAにサポートされている。ドル円の下落基調を見るに、このまま上げて行くというのは、考えにくい。しかし、1時間足だけならロングがいいだろうと思うが、レンジである可能性を捨てると、途端に損失が出るので、今日は様子見しよう。

 

様子見がいいだろう。

 

為替について。

 

ドル円(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、200MAと75MAの下にあり、下落トレンドだ。この前、75MAまで上がったが、ぶつかったところで陰線が出ている。75MAがレジスタンスとして機能している可能性が高い。このまま下落して104円辺りなら目指す可能性が高い。やるならショートだ。私は、現在ショートを持ち越して利益も出ているので、若干ポジトークも入るw

4時間足について。

4時間足は、一旦200MAの上に出たが、今朝再び下を目指した。しかし、失敗した感じあるので、200MAを挟んだレンジになる可能性がある。私は現在ドル円ショートを持っているが、レンジになるなら、売り増しは、今日ではない方がいいかも知れない。今日は様子見しよう。

1時間足について。

1時間足は、200MAの上にあるが、75MAの下にあり、25MAは75MAを上から下にクロスしている。移動平均は全体的に下向きだ。下落圧力の方が強いと思う。それでも、チャートは、200MAの上にある。ポジポジ病になったらショートだが、やっても低レバにした方がいいだろう。基本は様子見だ。

 

基本は様子見。低レバショートはあり。

 

【ユーロドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

ユーロドルの日足は、今日陽線になれば、翌日以降、上放れが決定すると思う。現在、75MAの上にあり、上昇トレンドだ。今日は様子見がいいかも知れない。陰線ならレンジ継続だ。

4時間足について。

4時間足は、200MAと重なる形でレンジになっている。このままレンジを当分続ける可能性が高い。続いたものは明日も続く…、こう見ることが勝ち続ける秘訣だ。今日は様子見しよう。

1時間足について。

1時間足は、75MAの上にあり、上昇トレンドだ。しかし、ここ数日のレンジ上限近辺である。上がっても上昇率は低いのではないかと思う。やってもいいが、基本は様子見がいいだろう。

 

様子見しよう。

 

【ポンドドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

ポンドドルは、75MAの上にあるが、25MAの上にすらある。かなり急激な上昇であることは確かだが、この状態というのは、実は、長くは続かない。しかし、この角度をショートするのは禁物だ。様子見しよう。

4時間足について。

4時間足は、75MAとぶつかっている。75MAをサポートにするか、それを今試しているところだろう。基本的にはロングだが、少し様子見した方がいいだろう。

1時間足について。

1時間足は、8月になってからレンジになっている。当分続くだろうと思う。レンジ幅は狭くしていくと見ている。今は様子見しよう。

 

様子見がいいだろう。

 

【ドルスイス(*‘ω‘ *)】

日足について。

ドルスイスは、75MAの下で順調に下げている。下落トレンドであり、やるならショートがいいだろう。少し乖離が気になるが、はっきりと陽線が出ているわけではなく、陽線が出ても即陰線が出る点、下落圧力が強い。

4時間足について。

4時間足も、75MAの下にあり、下落トレンドである。やるならショートがいいだろうと思う。しかし、少し底固くもなっている。レンジになる可能性も高い。様子見がよりいいかも知れない。

1時間足について。

1時間足は、75MAの下にあるが、8月に入ってから、75MAを挟んでレンジになっている。今はレンジ下限なので、ショートは注意が必要だ。様子見がいいだろう。

 

様子見しよう。

 

オセアニア通貨(*‘ω‘ *)】

日足について。

NZドルは下落にトレ転しつつあるが、豪ドルは相変わらず上昇トレンドである。この二つが相関していない時は、株式市場にトレンドが出にくい。そうなると、為替もレンジになりやすい。様子見しよう。

4時間足について。

NZドルの4時間足は、75MAの下で順調に下げている。豪ドルの4時間足は、75MAを挟んでもみ合っている。豪ドルがここから上に行くのか、NZドルについて行くのか、分からない。しかし、NZドルは先に崩れやすい。結果的に、全ドルストがドル高に行く可能性があるだろう。ショートがいいかも知れない。

1時間足について。

NZドルは、75MAの下で下げていて下落トレンド。豪ドルは、75MAの上で上がっていて上昇トレンドである。最終的には、NZドルについて行くと思う。やるならショートだ。

 

ロンドン市場以降にショートしよう。

 

ドル円→様子見か低レバショート

ユーロドル→様子見

ポンドドル→様子見

ドルスイス→様子見

オセアニア通貨→NZドルをロンドン時間以降にショート、様子見