ダウ平均の暴落を願うドル売り日記(*‘ω‘ *)

暴落を願うトレーダーの日常と相場の話。本命はドル売り(*‘ω‘ *)他にも本の紹介などできたら。

【トレード】昨日は結局予測外れるも、お陰でトレードせず…(*‘ω‘ *)【相場予測】

私は予測する際に、下位足を優先にしている面がある。

それは、上位足で様子見にしても、下位足でスキャルができる場合があるからだ。だから、入る時は、絶対的にショート推奨!と言う時でも、一旦5分足を参考にしている。

そうしたら、昨日は、5分足がエントリーできる条件を一切満たさなかった。

その最中では、このまま売り場(買い場)を逃したらどうしようとそわそわする感じはあったが、しかし、朝起きてみたら、自分の判断は正しかったと確信できるような展開になっていたようだ。

 

昨日は、ドル円のエントリーを躊躇う際に、今まであまり参考にしなかった基準を参考にした。

『このチャートが出た直後は反転の確率結構高いな…でも、つい見逃しがち。』と思っていたパターンがあったのだが、昨日は偶然そのパターンを見逃さないで済んだ。

トレードの特徴だが、一回そのパターンに従えると従える回数が飛躍的に伸びる。今後も、見逃さず、トレードを控えるパターンとして利用できるようになっていくだろうと思う。

 

さて、今日の予測に入ろう。

 

【ダウ平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は上値が重く、少し調整に入ろうとしている雰囲気だが、25MAの上にあり、まだまだ上昇トレンドである。25MAまで落ちてこないと分からないが、25MAを下抜いたら長めの調整、下抜かないで反発したら、25MAをサポートとしている、という結果論が残る。私は、25MAに沿う形で上がり続けるだろうと思っている。上昇トレンドなので、ロングがお勧めだ。

4時間足について。

4時間足は、数日前に25MAを下抜き、現在75MAまで下げている。これまで綺麗に、200MA、75MA、25MA、4時間足と綺麗に並んでいたが、これが崩れてきているので、下落の初動かも知れない。しかし、まだはっきりとトレンド転換はしていないので、ショートをデイトレードでやるのがいいだろう。

1時間足について。

1時間足は、200MAや75MAの下にあり、下落トレンドである。25MAは200MAを下抜いており、75MAも200MAを下抜こうとしている。ショートがいいだろう。

 

デイトレードでショートしよう。

 

【ナスダック(*‘ω‘ *)】

日足について。

ナスダックの日足は順調な上昇トレンドだ。25MAをサポートとして上がっている。移動平均も、下から順に200MA、75MA、25MAと並んでいる。このまま上昇するかは分からない。基本はロングだが、長さからしてそろそろ調整が入るだろうとは思う。日足的には様子見がいいかも知れない。

4時間足について。

4時間足も、75MAや200MAの上にあり、上昇トレンドだ。今、25MAを試している最中だ。しかし、接し方が陰線なので、越えてくるだろうと思う。移動平均そのものは、下から順に、200MA、75MA、25MAと並んでおり、上昇トレンドである。しかし、真のサポートは200MAにあり、25MA等でサポートされる可能性は低い。200MAまでなら落ちてくるだろうと思う。上位足が様子見なので、デイトレードでショートしよう。

1時間足について。

1時間足は、綺麗に下落へとトレ転している。75MAも下抜いていて、はっきりした下落トレンドである。200MAまでなら落ちてくると思うので、ショートしよう。

 

デイトレードでショートしよう。

 

日経平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、6月10日の高値を試してから上値が重い。ここを超えてくる可能性は低いと思う。レンジが続いているからだ。続いたものは終わらない。そう思うことが利益への近道である。基本は上放れは騙しに終わり、落ちてくると思う。ショートがいいだろう。

4時間足について。

4時間足は、200MAと75MAの上にあり、上昇トレンドである。しかし、移動平均を上位から下位まで綺麗に並べようと思ったところで、その上放れを騙しの様にして、下に落ちようとしている。75MAまでなら、まずは落ちてくると思う。ショートがいいだろう。

1時間足について。

1時間足は、75MAの下にあるが、200MAの上にある。25MAと75MAが絡もうとしている。この位置でのレンジになる可能性が高い。200MAは長い時間をかけて、絡んでいるこの二つの線に近づくだろうと思う。上位足ではショートだが、1時間足では様子見が濃厚だ。

 

様子見しよう。

 

為替について。

 

ドル円(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、104~107円のレンジになっているかも知れない。そうなると、今106円だからもう少し上がるかもしれない。しかし、そうなると、75MAを超えることがまずなくなり、基本は200MAの下で推移する。ショートの方がいいが、少し陽線が長い感じもある。今は様子見がいいだろう。

4時間足について。

4時間足は、昨日反発して、200MAを目指している。しかし、今現在、200MAの下にあり、200MAも下向いているので、下落トレンドである。次の目標である107円近辺の高値を超えるかが勝負になる。これを超えられない様ならショートだが、今は様子見がいいだろう。迷ったらロングではあるが、迷うなら様子見がいい。

1時間足について。

1時間足は、丁度200MAの目前まで上げている。昨日までの下落で乖離が気になっていたが、それを埋めた感じだ。ここはレジスタンスになる可能性が高い。ここで上げ止まるようならショートだ。しかし、ロンドン市場までは様子見しよう。

 

ロンドン市場以降まで様子見してからショート。

 

【ユーロドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

昨今、日足の75MAとの乖離が気になる状態ではあった。そして、昨日ついに陰線となった。このまま2~3日は落ちてくる可能性が高い。やるならショートだ。

4時間足について。

4時間足は、75MAの上にあり、昨日、75MAまで下げた。上昇トレンドであるが、日足が乖離に反応してしまっているので、上がりにくいと思う。やるならショートだが、75MAを下抜くのを待った方がいいので、ロンドン市場までは様子見しよう。

1時間足について。

1時間足は、75MAを下抜いていて下落トレンドだ。ショートがいいだろう。

 

ロンドン市場以降にショートしよう。

 

【ポンドドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

ポンドドルも日足と75MAの乖離が気になる状態ではあった。昨日それに反応して、陰線になった。2~3日は陰線になる可能性が高いので、ショートがいいだろう。

4時間足について。

4時間足は、200MAの上にあり、200MAに接するところまで落ちてきている。これを下抜いたら下落トレンドが決定する。下抜くのを確認してからショートしよう。

1時間足について。

1時間足は、75MAの下にあり、下落トレンドだ。このまま下落する可能性が高いので、ロンドン市場まで様子見してからショートしよう。

 

ロンドン市場以降にショートしよう。

 

【ドルスイス(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、75MAの下で急落していたが、乖離に反応して陽線となった。2~3日は陽線になる可能性が高いので、ロングしよう。

4時間足について。

4時間足は、75MAを上抜いており、上昇トレンド入りしている。やるならロングだが、他のペア同様、ロンドン市場以降まで待とう。

1時間足について。

1時間足は、75MAの上で急騰している。上昇トレンドなので、基本はロングだ。しかし、乖離が少し気になる状態になっていて、これだけ上がると一旦利食いされて下がる傾向がある。今は様子見がいいかも知れない。

 

様子見しよう。

 

オセアニア通貨(*‘ω‘ *)】

日足について。

NZドルは下落トレンド入りしている可能性が高いが、豪ドルはまだ上昇トレンドである。しかし、ドルストは全体的にドル高になる気配がある。豪ドルがNZドルについて行くと思う。しかし、日足の乖離が解消されてしまっているか、チャートに移動平均がついてきている状態なのが、この二つだ。今は様子見がいいだろう。

4時間足について。

NZドルの4時間足は、75MAの下にあり、豪ドルの4時間足は、75MAに接するとこ度まで落ちてきている。両方同時に下落トレンド入りする可能性が高い。やるならショートだ。しかし、上位足の判断と異なるので、デイトレードがいいだろう。

1時間足について。

両方共、1時間足は、75MAの下にあり、下落トレンドだ。乖離もないし、ショートがいいだろう。しかし、ロンドン市場までは待つのと、上位足ではショートは警戒すべきなので、デイトレードに限定しよう。

 

ロンドン市場以降に、デイトレードでショート。

 

ドル円→ショート

ユーロドル→ロンドン市場以降にショート

ポンドドル→ロンドン市場以降にショート

ドルスイス→様子見

オセアニア通貨→ロンドン市場以降に、デイトレードでショート