ダウ平均の暴落を願うドル売り日記(*‘ω‘ *)

暴落を願うトレーダーの日常と相場の話。本命はドル売り(*‘ω‘ *)他にも本の紹介などできたら。

【トレード】分かりやすいパターンまで待つとなると、数ヶ月後だな…と(*‘ω‘ *)【相場予測】

今、相場を見ていた。

今日は副業も休み、相場も休み。そう予定している。だから気楽にブログを書く。

 

しかし、100%近いパターンでノーリスクで勝つとなると、次のトレード機会はいつかな?と思いチャートを見ていると、そりゃ、数ヶ月後にしかその波形にはならないよね…というのが分かってしまい、少し悲しくなりつつ穏やかな朝である。

 

今日は、カーリー・レイ・ジェプセンを聞きながらブログを買いている。

予測の前に、少し近頃思うことなど雑記を書いておこうと思う。

 

為替相場は、ファンダメンタルズ的にドル安、テクニカル的に一旦ドル高、となっている。

結局は、ファンダメンタルズに従って低レバでドル売りが一番儲かるとは思う。

 

近頃、新しい見方ができるようになってきている。

以前は乖離のトレンドは見なかったのだが、近頃は見ている。

それによると、ユーロドルは乖離を狭くするだろうと思うのだ。恐らくは、その果てに75MAとの乖離がなくなる時が来るが、基本その際に急激なドル高があるわけではない。移動平均がチャートに近づく形だ。その近づいた時に、安全にロングするチャンスがあると思うのだ。

 

しかし、短期間で大枚稼いで億トレになるには、デイトレードができないといけない。

それでも、安全に資産を増やして豊かな老後をと思うと、上記のようなトレードになる。

後者については、過去に偶然ブレグジットスイスフランショックが起きてしまって資産がかなり増えたのだが、前者については研究中でおぼつかない。それが現状だ。

 

1億円欲しい!!投資家よりトレーダーの方がカッコいい!!その思いも強い。

 

さて、今日の予測に入ろう。

 

株式市場について。

 

【ダウ平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、200MAと75MAの上にあり、上昇トレンドである。このまま上がり続ける可能性が高い。現在は、25MAをサポートにしている。やるならロングがお勧めだ。

4時間足について。

ダウ平均の4時間足は、75MAと200MAの上にあるが、75MAをサポートにしている。25MAとの関係は特にない。現在25MAと絡もうとしているが、絡みつつ75MAが追い付くのを待つだろうと思う。その点では、今日は少し下げてくるかもしれない。しかし、基本はロング目線であるので、様子見しよう。

1時間足について。

1時間足は、200MAと75MAの上にあり、上昇トレンドである。しかし、25MAと75MAが複雑に絡もうとしているようにも見えるので、少し様子見した方がいいだろう。力強いトレンドは出にくいだろうと思う。

 

様子見がいいだろう。

 

【ナスダック(*‘ω‘ *)】

日足について。

ナスダックの日足は急激に上げている。この状態は、基本はショートは絶対にダメだ。その意味で、上がり続ける可能性が、極めて高い。やるならロングがいいだろう。

4時間足について。

4時間足も、75MAや200MAの上で急激に上げており、移動平均も下から順に200MA、75MA、25MAと並んでいる。綺麗な上昇トレンドである。しかし、完成されてしまっていて、今が上昇入り口というわけではない。その点では、いつ戻しがあるかは、分からない。既に持っている場合は、そのロングを持ち続けていいが、新規でロングはしにくい。少し様子見しよう。

1時間足について。

1時間足は、200MAや75MAとの乖離どころか、25MAとの乖離すら気になる状態だ。しかし、絶対にショートはダメだ。やるならロングだが、それもポジポジ病になった場合に限っての話であり、基本は様子見だ。このまま上がり続ける可能性は、極めて高い。しかし、安全にロングできる位置ではない。入らないことで避けられた仮想の損失が存在するので、長期で生き残りたいなら、様子見しよう。慎重であることは、大事だ。

 

様子見しよう。

 

日経平均(*‘ω‘ *)】

日足について。

日経平均の日足はレンジである。ドル円が上がる可能性が低いので、これも基本は上がらない。しかし、世界同時株高なので、そのトレンドとドル円のトレンドに挟まれる形でレンジになるだろう。とりにくいので様子見しよう。

4時間足について。

4時間足は、200MAの上にあるが、75MAと25MAが200MAを目指して下げだしている。200MAまでなら戻す可能性があるが、世界同時株高の中、日経平均だけ大幅に下げる可能性は極めて低いので、ショートも控えよう。ロングも駄目なので、様子見がいいだろう。

1時間足について。

1時間足は、200MAや75MAの上にあるが、下落トレンド入りしている可能性が高い。しかし、移動平均との関係上今ショートすることはできない。1時間足が200MA以下にロンドン市場でなればショートしていいが、それ以外は様子見しよう。

 

ロンドン市場でショート。

 

為替について。

 

ドル円(*‘ω‘ *)】

日足について。

ドル円は、コロナショック以来円高である。しかし、ドルストも含めて全ペアがドル安になっているので、珍しくもない。その中で円だけは少しドル高の気配も含まれている。しかし、基本は円買いをすべきだ。現在は、200MAや75MAの下にあり、下落トレンドがはっきりしているが、株安になりにくい環境なので、急落は考えにくく、レンジになりつつ下げるだろうと思う。やるならショートがいいだろう。

4時間足について。

4時間足は、200MAと75MAとチャートが交わっている。少し上昇トレンド入りしている可能性はある。やるならロングがいいだろう。しかし、上位足の判断と異なるので、デイトレードか1泊二日程度にしておこう。低レバも心がけよう。

1時間足について。

1時間足は、200MAと75MAと25MAとチャートが絡む複雑なレンジになるだろうと思う。様子見がいいだろう。

 

様子見しよう。

 

【ユーロドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

日足は、昨日高値を更新した。上昇トレンドであり、ロングがいいだろうと思う。しかし、今日だけなら下げる可能性もある。高値でレンジになっているからだ。消去法でロングを選ぶが、基本は様子見がいいかも知れない。

4時間足について。

4時間足は、75MAの上にあり、この前までの上昇の踊り場から少し上に放れようとしている。やるならロングがいいだろう。ただし、ロンドン市場までは待とう。

1時間足について。

1時間足は、75MAに沿う形で少しずつ上昇トレンドを形成しつつある。ロングがいいだろう。

 

ロンドン市場以降にロングしよう。

 

【ポンドドル(*‘ω‘ *)】

日足について。

ポンドドルの日足もここ数日高値を更新しているみたいだ。上昇トレンドなので、ロングがいいだろう。ユーロドルにも言えたことだが、乖離が安定的であり、移動平均がチャートについていきつつある。安定した上昇トレンドになるだろうと思う。やるならロングがいいだろう。

4時間足について。

4時間足は、75MAに沿う形でこの前までもみ合っていたが、昨今上放れした様だ。積極的についていくべきであり、ロングがいいだろう。

1時間足について。

1時間足は、75MAの上にあり、昨日の僅かな下落で75MAとの乖離も狭めた印象だ。このままロングがいいだろうと思う。5分足のエントリー条件に従い、ロングしよう。

 

ロンドン市場以降にロングしよう。

 

【ドルスイス(*‘ω‘ *)】

日足について。

ドルスイスも数日前に安値を更新したようだ。昨日などは、少し上げているが、基本は下落トレンドである。やるならショートがいいだろう。

4時間足について。

4時間足は、75MAの上に出ている。上昇トレンド入りするリスクがある。しかし、状足の判断と異なるし、他の通貨との相関も気になるものなので、ロングはしにくい。様子見がいいかも知れない。

1時間足について。

1時間足は、75MAの上にあり、上昇トレンドである。昨日安値を更新したが、それが僅かにとどまり、上昇トレンド入りしたというストーリーが描けるが、株式市場との相関を思うと、ドル安のトレンドである。一応様子見しよう。

 

様子見がいいだろう。

 

オセアニア通貨(*‘ω‘ *)】

日足について。

両方共昨日高値を更新した様だ。上昇トレンドなので、ロングしよう。

4時間足について。

4時間足は、昨今75MA上でもみ合っていたところ、昨今上放れした様だ。上昇トレンドを再開すると思うので、やるならロングがいいだろう。

1時間足について。

1時間足は、豪ドルは75MAを下抜いているが、NZドルは75MAの上にある。株式との相関を考えるにNZドルが正しいと思う。豪ドルは75MAの上に戻るのを待つべきだが、NZドルはロングしていいと思う。しかし、この二つは相関が高い。少し様子見すべきかもしれない。

 

様子見がいいだろう。

 

ドル円→様子見

ユーロドル→ロンドン市場でロング

ポンドドル→ロンドン市場でロング

ドルスイス→様子見

オセアニア通貨→様子見