ダウ平均の暴落を願うドル売り日記

暴落を願うトレーダーの日常と相場の話。本命はドル売り(*‘ω‘ *)他にも本の紹介などできたら。

タクシーの勧め、バスで30分以上かかる距離ならタクシーを選べ

私の住んでいる場所は最寄り駅からバスで30分以上かかる。
しかし、ラッシュ時などの渋滞に巻き込まれると1時間近くかかることもある。
現在はコロナ禍なので外出は自粛中だが、外出というのは意外と苦痛を伴うものだ。
パンプスを履いた足が痛くなる、帰りのエコバッグで肩が痛い、家帰ってからも仕事等残っているので無駄に体力を使えない心配がある…等々だ。
私が始めてタクシーを使ったのは、些細なきっかけだった。
その日はパンプスだったので帰り足が痛かったのだ。
心が折れた。
もうバス停まで歩くのも辛かった。
私の家は、バス停からも15分程歩のだが、その気力は残ってなかった。
その日が、タクシーが日常になる始まりとなった。
今日の記事ではタクシーの快適さやタクシーを使うべき理由について書いていきたい。

f:id:fpe6665:20200930170431p:plain

 

目次

①時は金なり

①買い物は意外と苦痛に満ちている

①同じ距離でもバスより圧倒的に速い

④バスの中では基本的にスマホを見るしかできないので損だ

⑤移動時間を快適にすることによって、家での作業が疲れない

⑥タクシーが日常になってから鬱からの回復が早まった

⑦結論;タクシー代が出せなくなるような外出は基本すべきではない

①時は金なり

f:id:fpe6665:20200930171558j:plain

 

冒頭に書いたが、徒歩で最寄り駅に着ける距離に住んでいる人には関係ない話題だ。
しかし、最寄り駅からバスで30分近くかかるとなると、タクシーに乗るという選択は英断だ。
私は、トレードをしつつ土日は外の仕事で刺激を受け、トレードが長期のものしかない日はショッピングや外食を楽しんでいる。
しかし、基本はノマドワーカーはしない。
理由は家で音楽を懸けながらリラックスした方がいい仕事ができるし、オフの日まで仕事に囚われたくないからだ。
しかし、トレードの計画を立てたり、専門書で勉強したり、チャート分析をしたり、土日の仕事の準備をしたり…意外と時間には追われている。
今の時代、低金利が続き、結果として時間が価値を持たなくなっていると言われているが、それはローン市場での話だ。
現実世界では、働いただけ所得になる。
それなのに、ストレスを溜めながら進みの遅いバスに乗り、帰宅する理由はどこにもない。
もし、仕事の為に削れるとしたら移動時間だろう。
家で仕事をしない就業形態の人でも、仕事の為の勉強にタクシーに乗った時間と稼いだメンタルの健康を投資できる。
無駄を削れとはよく言うが、コロナ禍でリモートワークが一般的になった今の時代、削るべきは移動時間であり、それは、時間の節約と言う形でキャリア形成への投資となり得る。

②買い物(外出)は意外と苦痛に満ちている

恐らくだが、買い物(外出)を苦痛に感じる人は、年々増えていくだろうと思う。
私は30代なので、高校から大学にかけてショッピングモールやアウトレットが流行った世代だ。
あの頃は、買い物が最高のレジャーの一つだった。
ショッピングモールにも人が多かった。
しかし、現在はどうだろうか。
通る駅にあるので、たまにショッピングモールやアウトレットをチラリと見てくるが、あまり魅力的な商品がないし、買い物客も少ないと感じる。
買い物(外出)するという需要は、どんどん減ってきているのではないかと思う。
それについて、面白い本がある。

『2025年、人は「買い物」をしなくなる』

 

2025年、人は「買い物」をしなくなる

2025年、人は「買い物」をしなくなる

  • 作者:望月 智之
  • 発売日: 2019/11/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

この本でも、私と同意見だったようだ。 買い物というのは、まず外出の為の着替えやお洒落が必要になり、ショップに着いたら何を買うのか長時間悩まなくてはいけない。
その時間がなければ、家でAmazonプライムを見たり、kindleに落とした本を読めるのにと思う。
そして、パンプスでの移動時間が何よりも苦痛なのだ。
その最大の苦痛と言える移動を短縮して、少しは買い物(外出)を楽しむ意欲を保ってくれるのが、タクシーなのかも知れない。

③同じ距離でもバスより圧倒的に速い

何、当たり前のこと言っているんだ?という段落だろう。
しかし、何故分かっているのにタクシーを使う人がバスを使う人に比べて少ないのか。
私の最寄り駅では、私の乗るバスには長蛇の列ができる。
特に、夜は座ることが出来ない。
しかし、タクシーは、そのバスの待ち時間だけで私を目的地に運んでくれる。
大事なことだから、何度でも言う。

バスよりタクシーが速い。

私の住んでいるところでは、バスに20~30分、その後徒歩で15分とかかる。
これがたくしーでは10分ちょっとだ。
乗らない理由にはならない。
近頃、youtube musicというアプリで音楽を聴くのにはまっているが、バスの中では長いので音楽がゆっくり聴けるかも知れない。
しかし、家に帰ってネットや読書でもしながらゆっくりと聴く音楽の方がずっとリラックスできたり、気分が躍る。

④バスの中では基本的にスマホを見るしかできないので損だ

多くの人は、バスの中の時間をどうお過ごしだろうか。
私がバスに乗ったら皆スマホを弄っている。
その中では重要な情報収集をしている人もいるだろう。
しかし、冷静になって考えてみて欲しい。
タクシーに乗ることによって、10分ちょっとをリラックスできる時間として確保する。
そして、調べ事は家に帰ってから音楽を聴きながら紅茶を飲みつつやるのだ。
こっちの時間の使い方の方がずっと有意義だ。
もし、バスの中で調べ事や仕事ではなくて、ゲームをしたり漫画を読んで過ごしているとしたら、それは損だと思う。
こちらも、風呂にゆっくり浸かりながらやった方がすっとリラックスできるし楽しい。
そして、勉強も仕事もしていないのなら、その30分近い時間は無駄であり、大事な資産を溝にしててしまっている。
少し、時間の使い方を見直そう。

⑤移動時間を快適にすることによって、家での作業が疲れない

私は、本業はトレーディングなのだが、やはり遊びの為に外出して帰って、朝の思惑とは違い今日の夜はチャンスがあるとなった時に疲れずに仕事できるかというと、それはない。
やはり、遊びの外出でも疲れてしまうのである。
それでも、それはバスを使っていた頃の話だ。
タクシー移動が常態化してからは、家に帰ってからも生き生きとチャートを見てチャンスを探れるし、分析や計画もできる。
そして、ブログも、バスで帰ってきていた頃は、帰ってから書くということはできなかったのだが、タクシーを使っている今なら楽にできる。
タクシーだと本当に疲れとストレスが溜まらないのだ。
騙されたと思ってタクシーに乗る習慣をつけて働いてみて欲しい。

⑥タクシーが日常になってから鬱からの回復が早まった

私は、2017年頃に鬱病になり、その後寛解は2018年頃にしたのだが、その後も、疲れやすさや娯楽が今一楽しくないなどの、残滓の様な症状が残った。
医者は気にしなくていいと言っていたが、私個人としては辛かった。
しかし、そんな中でも、気分転換に1週間に一回は外食とショッピングを楽しんでいた。
もちろん、トレードと副業もしていた。
一応トレードの近況を書いておくと、1週間前に40万近く利益確定した後は、今は、20万を超える含み益を抱えている。
その収入を消費すべき外出が趣味になっていた。
しかし、バスで帰るのは気が重かったのだ。
それでも、これだけ収入があって、週一の外出でのタクシー代数千円なんて端金だなと思うようになった。
何故なら、タクシーで帰れば家でトレードの気力とブログを書く気力を残すことが出来るからである。
思えば、鬱の残滓があるのに、外出後もトレードをして偉かったと思う。
そのせいか、土日も副業で潰している関係上疲れが取れないと感じることもあった。
きっと、それでは鬱は治らないだろうと思う。
それなのに、何故か、タクシーを使うようになってから毎日が本当に楽なのである。
楽しくすらある。
ここのところ、鬱前の気力・体力・意欲を感じる日が多い。
やはり、鬱病の治療の為にも、鬱病にならない為にも、交通費はケチるべきではない。

⑦結論;タクシー代が出せなくなるような外出は基本すべきではない

f:id:fpe6665:20200930191700j:plain


全ての外出はタクシーですべきだと思う。
そんなこと言っても、郊外から都内に通勤している人にそれは難しいだろう。
哀しいことだが、未だに全ての仕事がリモートワークにはなっていない。
私の界隈では、東日本大震災があった2011年からリモートワークが一般的な企業が多いのだが…。
だから、通勤は電車を使っていいだろう。
しかし、通勤で電車と言うストレスを感じざるを得ないからこそ、休日の遊びは全てタクシーで移動しよう。
そんなこと言っても、神奈川の人がディスニーリゾートまで行きたい場合はどうするんだ?と思う人もいるだろう。
しかし、思い出して欲しい。
そういう遠出に限って帰りは疲れて最寄り駅からはタクシーを乗っていないだろうか。
そう、それで正しいのである。
基本は、最低限最寄り駅からだけでもタクシーを使うべきであり、このリモートワーク全盛の時代を生き抜くために生産性を上げるべく移動時間を節約すべきだ。
タクシーは、コロナ禍でも多数の人間と相まみえる必要もなく、移動も早いので、お勧めだし、リモートワークの世の中遊びの為に外に出つつ、家で仕事をする体力を残す為にもお勧めだ。
生産的な人生を送りたいなら、今の時代、投資すべきは移動時間の短縮である。
もし、ショッピングに行きたいが帰りはバスに乗る金しかない…そんな時は家でAmazonプライムでも見ている方が、ずっと有意義である。