ダウ平均の暴落を願うドル売り日記(*‘ω‘ *)

基本は億にも達していないトレーダーの日常。トレードも読書も英語の勉強も、趣味もお洒落もダイエットも、全て無理なく楽しく続けることをモットーにしています。小さな努力も続ければかなり大きな成果に。基本成果を早く出そうとするから皆苦しいのだと思っています。

多くの人が成功を望みつつ、普通の生活すら手に入らないのは何故か(*‘ω‘ *)

『思考は実現化する』とは言うけど、私の持論だと、そもそも100人が貴方の失敗を願い、世界が敵と言う状況でも、一人の願いだけで祈りを叶えるぐらいでないと、この格言は実現しない。

もちろん、周りの100人は『思考が実現化』する為に、貴方の失敗を願うのである。

これは、凄く自然な状況だ。

人間には僻みや妬みの感情がある。そして、成功を望む自分の願いも些細であり、貴方の失敗を願う他人の願いも、所詮は一時の思いつきである。

それでも、100人束になって願えば、自分の些細な願いなんて、海の藻屑みたいなものだ。

 

基本は、世界が敵でも一人の願いだけで成就させられるぐらいでないと、『思考は実現化』しない。

 

ところで、たった一人の自分は、しっかりと自分の成功を信じて願うことが出来ているのか。

私に言わせてみれば、ほとんどの人が、まずここができていない。

 

『成功したい』そう願う時、大抵の人は、『普通の生活がしたい』としか思っていない…願えていない。

そもそも、『普通の生活』を超える願いを持つほどの動機を『普通の人生』では持ちにくい。動機が薄いのだ。

 

私が人生で読んだ自己啓発本は以下の一冊だけである。

 

トランプ最強の人生戦略

トランプ最強の人生戦略

 

 一応先に断っておくが、私は、政治思想でも社会思想でも、環境保護の観点でも、女性の社会進出についてでも、常に民主党支持者であり、トランプは支持しないし、この前の大統領選でも、バイデンを支持した。

しかし、株をやる身として、一応時の大統領がどんな人か気になり買ってみたのだ。

そして、自己啓発本に似たものがもう一冊。

 

 これは、著者が有名人へのインタビューを試みる話ではあるが、その中で、自分の力でその願いを叶えるのではなく、主に運と人脈で成功への階段を上っていく。

人脈とは、人生のレバレッジだ。

個人の努力が現物取引なら、人脈を使っての努力が信用取引に相当するぐらいの成果に結びつく。まだ20代ならメンターを見つけるのがお勧めだ。

 

そして、最後に、哲学文献として、以下を紹介しておく。

 

 こちらは、少し難しいしピンとこない。

 

しかし、どの本にも言えることは、一般的にほとんどの人が無意識に分かっていることしか書かれていない。

それでも、忘れないで欲しいのは、『禅の心得』なども、普通の人が当たり前に良き事と理解している内容なのだ。それでも、一流の僧侶がそういないのを見ると、恐らくは、直感や生活のレベルで禅は理解されていない。

それと同じで、大抵の人が自己啓発系は、『知っている』と言うが、『実践できる程には身近ではない』。

 

これらの本にも、基本は自分を信じること、仲間を信じることの大切さが書かれているだろう。

しかし、そんなことは、皆分かっているのである。それなのに、成功する人が、上位0.1%しかいないのは何故か。それは、分かったつもりになっているからだ。

私は、数学科の卒業生なのだが、数学には何段階かあって、定理や定義を理解している、定義や定理を使える、定義や定理について人に教えることができる…だ。

 

この数学の深度について考えたら、成功哲学について、理解して三番目に到達している人間はあまりいないのだろう。

 

その中で、私の答えは、世界が敵でも自分の信念だけで願いを叶えるぐらい、ドギツく願えというものだ。世界の全員の願いを否定する強さを持て、ということだ。

成功哲学では、否定を教えず否定する。

しかし、世界が敵だった時、お前はその世界を否定しないのか?と思うのである。

 

ところで、多くの人は、世界を敵に回してまで成功したいと思っていない。

大抵の人の『成功したい』は『普通の生活がしたい』を意味している。

しかし、その普通がおかしい。気づけ…。

 

よく婚活女性の普通がおかしいとTwitterで議論になる。

『身長175センチ以上、マーチ以上の大学卒、年収900万、30代前半、見た目は爽やか…。』などだ。

これは、上位1%もいないらしい。

しかし、主にニートで、普通に生活したい(成功したい)と願う人のほとんどは、これと同じことをしている。だから、ある意味成功したいで正しいが…。

『世間体を維持する年収が欲しい、恋人が欲しい、毎日楽しく暮らしたい』など願ったとして、これを叶えている人は、社会人でも少数だ。

そして、ニートからアフィやトレードで成功する人の割合はどれぐらいだろうか。

そもそもニートの普通が成功以上のものであり、婚活女性同様叶いにくい。

 

ちなみに、私は上記条件の男性と婚活で出会って交際しました(*‘ω‘ *)

そして、ニートとしてトレードで、2020年12月に月収100万達成しました(*‘ω‘ *)

 

一つ成功すると、他もできる様にこの世界は出来ている。富の様に一人の元に集まる…。

 

話が逸れたが、ニートが主に成功したいと言う時、社会復帰したいに近いこと言っている場合があり、それそのものも上位ニートしか叶えていない。

そして、成功したいと口にしても、『世間体が保てる年収が欲しい、恋人が欲しい、毎日楽しく暮らしたい』…。などなら、これはニートのままでも叶うのである。高望みをしなければ。

恋人だって、コミュ障、容姿が醜い、金がない…などを選べばいい。

年収だって、フリーターと同じ手取り15万以下でも、体裁を保っている人間はいくらでもいる。

毎日楽しく暮らしたいというのなら、今がそうだろう。

この対比に気づかない限り、低収入ニートは抜けられない。ある意味諦めつつ今に満足しているのだ。

ブスの恋人しかいないなら、一人でいい。

フリーターと同じ年収で、同窓会に行けるのか。行かなければいい。

毎日楽しいけど、お金がないから退屈に感じる。でも働くよりマシだ。

ほとんどの低収入ニートがこう思っているので、彼らの理想は叶わない。

 

他の職業の人もそうである。

成功したいと思った時、普通の生活を思い浮かべ、その理想の為のコストを計算して、今に満足している。そして、周りはそんな人ばかりで、少し出たらその杭は打たれてしまう。敵の思考は実現化する。多いから。でも、自分一人の思考は実現化しない。

 

今日の内容は自己啓発系になったが、多分、こんなブログ、誰も読みたくないと思う(*‘ω‘ *)

でも、現実である(*‘ω‘ *)