ダウ平均の暴落を願うドル売り日記(*‘ω‘ *)

基本は億にも達していないトレーダーの日常。トレードも読書も英語の勉強も、趣味もお洒落もダイエットも、全て無理なく楽しく続けることをモットーにしています。小さな努力も続ければかなり大きな成果に。基本成果を早く出そうとするから皆苦しいのだと思っています。

私、性格悪いです(*‘ω‘ *)金の亡者だから…

このブログは長期で読み続けて貰えていないのは、よく分かっている。

そりゃそうだ。私の性格の悪さが出ている。

しかし、私は、そんな性格の悪い自分が好きだ。

多くの人は、私みたいな性格になりたくないと思うだろう。実際、負け組に言われたこともあることだが、『いくら金持ってても、いくら美人でも、いくらトレードが強くても…、あんたみたいな人間とは会話もしたくない』と。

しかし、こんなものは、誉め言葉だ。

 

私は二次元と三次元の区別がつかないかも知れない。

二次元で好きになるキャラも、大抵性格が悪い。それが魅力なんだから、自分がヴィランでもいいじゃない!!って思うのだ。

結局、金に困らないなら愛想を振りまく必要はない。豊かに暮らせるなら可愛くいる必要はない。好きな娯楽に全て手が届く毎日が送れているなら、可愛い女性としての振る舞いは必要ない。心からそう思う。

 

女性であると、どこへ行っても可愛いはずだとの要求がある。それが日本だ。

フェミニズム後進国。正にその通り。

 

しかし、女性の美しさは、男性と結婚する為にあるわけではない。

男性にしろ、女性にしろ、見た目が整っている方が就職や仕事で有利になりやすいのだ。

その為の見た目だ。女性の世界で男性は必要ない。

 

私にも若く、恋していた方が、恋して欲しいと思われているなら、恋しているサインを出していた方が、きっと、この瞬間色々と有利になるだろうと、恋愛しているフリをすることが多々あった。

しかし、その瞬間、相手に恋心を抱き、好きだったのか?と問われると、『誰でも良かった』との言葉以外思い浮かばない。

スクールカーストの上位だと、彼氏がいる。だから、私も恋人がいる人生が正しいのではないか。そう思ったのが、学生時代だ。

 

しかし、大人になって金を得るに従い、金があれば男性の存在って必要ないんだなと確信した。

油田があるなら石油王は要らない。

油田経営は大変かもしれないが、男性である石油王の前で奴隷の様に可愛い女として生きないといけないなら、油田すらもいらない。そう思える。

 

私について、誤解されることがある。

トレーダーだから、だから金が好きってポーズをとっているだけで、実は、他の価値も認めているんでしょ?と。そんなことはない。金が全てだ。

だから、長期で色々な人と交友を広げると、幻滅されることがある。

本当に、貧乏人に価値なし、ブスに価値なし、そう思っている人間がいるなんて…と。しかし、この価値基準はフェミニズム的には間違っている。

 

でも、金も資産であり、美貌も資産だ。その両方を豊富に持っていたい。その人類共通の欲求に忠実で、自分を飾らない私。だから、堂々と、この二つが好きと言うし、それを持っていない人間には興味がない。

 

人のエネルギーを奪うような性格の悪い人間には金は集まらない。人脈が得られないから。とはよく言われるが、テクニカルを見られない人間の言い訳にしか思えない。ファンダメンタルズを分析できないから、いつも薄利な人の負け惜しみにしか思えない。

世の中には、コツコツと自分の仕事を事務的にこなしたからこそ、利益を得ている人間の方が、ずっと多い。

 

私も、親には感謝している。

 

それにTwitterで見た。

『容姿も悪い、金も地位もない。魅力的なコミュスキルもない。そんな人間を助けたい人間がいるのだろうか』と。

だから、私は、こういう助けられない人のエネルギーを奪って悦に浸る。

吸血鬼みたいで素敵な生き方だと思う。

それに、こうやって生きていると、社会階層の低い人間と会話をしないで済む。それだけで嬉しい。

共産主義者だけど、全てを平等と思っているけど、付き合いたくないタイプの人間は、常にいる。

国家は全ての人間に対して平等であるべきなのだ。その代わり、個人は、自由に相手を選んでいい。個人が選べるように、選ばれなかった人の受け皿として、国家が必要なのだ。誰にでも平等に幸せになる権利があるから。

 

ただ、私はひたすらに自由に生きる。差別もする。

 

今日は、そんなことを考えていた。

多分、性格の悪さが表に出ている凄い嫌なブログだろうな、ここは、と。

 

私はブログで収益は一切求めていない。

Twitterで以下のような投稿を見た。

『将来投資で不労所得を得て、カフェを経営して、そこには客が全く来なくて、バイトの子に、『店長、今日も暇ですねw』と言われる毎日を過ごしたい』と。

私のブログは、正にそのカフェだ。トレードで収益があるからこそ、好き勝手書けるここが好きだ。

ブログで収益を狙う人は、基本は相手の反応を気にしないといけない。嫌われることは書けない。自分の顧客を意識する。接客業なのだ。大変だと思う。無理だ。だから、トレードでの月収100万は維持しようと思う。

 

今日も基本は、トレードでいくつかのポジを持ってはいるが、長期なので、特にやることはない。

ベーグルを焼いてボルシチを作って食べようと思っている。サワークリームが余っているから。デザートには、昨日のタルトを食べる。

f:id:fpe6665:20210225162033j:plain

 この後は、風呂に入って進撃の巨人の続きを1時間ぐらい読んで、美顔器でビタミンCを超音波導入してお手入れ。

その後は…、読書にするかアニメにするか映画にするか迷っている。

 

どちらにしろ、進撃の巨人でアルミンを通じて表現されたことだが、やはり、自分の意思には忠実に、間違っていることははっきりと指摘、意見をはっきりと表明、みたいな生き方は大事にしたいので、アニメも読書も映画もその為の栄養。

どれをするのが最適か、それで悩む。

 

知性と美貌、この二つを併せ持つのが、私の星座である水瓶座

今日みたいに副業もトレードもない日は、ゆっくりと美味しいご飯を作って映画を観るのが一番リラックスできる。映画は1週間2本以上観ないと、あまり成果には繋がらない気もしてきている。

 

トレードの成果が出るにつれて、必ずしも経済の本が成果に直結したのか悩む。

もしかしたら、なくても平気だったのではないだろうか。

いいだろう。迷いながら進むのが人生だ。

その時間の全てに感謝する未来は必ず来る。月収100万じゃ、全然足りない。少なすぎる。

 

今、ユーロの歴史についての、以下の本を読んでいる。

 

 この本は、とても面白い。ユーロの緊縮好きの歴史についてとても分かりやすい。

この本にあった、『投機家が大きく儲けるのは、自分が勝ち馬を分かっていて、金持ちが負け馬に賭けている状況』と言う文章には、暴落を狙う自分の全ての気持ちが集約されていた。

この本も、1~2週間後には、感想文を上げようと思う。