ダウ平均の暴落を願うドル売り日記(*‘ω‘ *)

基本は億にも達していないトレーダーの日常。トレードも読書も英語の勉強も、趣味もお洒落もダイエットも、全て無理なく楽しく続けることをモットーにしています。小さな努力も続ければかなり大きな成果に。基本成果を早く出そうとするから皆苦しいのだと思っています。

人民元のショートをまだ持っています。人民元とドルストの雑記。

以前、多分2~3ヶ月前ですが、人民元のショートを持ちました。一時かなりの利益を出したこのポジですが、現在は利益は大分減りましたが、まだプラスになっています。

多分、頂点で一番乗りでショート出来たポジ。簡単に解消させるのは、勿体ない。

私は、大体では、1時間足~日足を見つつ、重視するのは1時間足です。人民元も1時間足なら確定が正しいのですが、実は、これについては、日足しか見ていません。

人民元/円の日足を見て貰えれば分かりますが、かなり上値が重いです。ここでの利食いは普通に考えて、ありえません。

 

参考までに、これまでのトレード日記。

 

www.i-love-money-and-beauty.com

 ところで、以前、こんな日記も書きました。

 

www.i-love-money-and-beauty.com

 

 

www.i-love-money-and-beauty.com

 これらの瞬間が私の狙いなのですが、ダウ平均とナスダックの相関というか、相関もどきが崩れつつある中、1時間足~5分足のレベルでは、株高とドル高で相関することが出ています。しかし、基本はドルの動向がどうなろうと株高になるという、無条件強気相場。

しかし、ナスダックについては、一時的に調整もありと見ています。

 

ここ数日のトレードは、株式市場との相関は気にせず、8月雇用統計でドル買い。CPIでドル売りの組み合わせで行ったので、利益が積み上がりました。

これらは、上記の通り1時間足で行っています。

しかし、ドルスイスなど上がりすぎであること明らかだったので、そこでショートはありえないにしても、きっかけがあれば落ちる。そのきっかけはCPIになる可能性が一番高い…など狙いつつでした。やはり、テクニカル的に無理になると、材料は出るものなのです。

 

現在、ドルストとドル円でドル売りを行っています。

 

ドル円は、賭けてもいいですが、ファンダメンタルズ的には、111~112円より上には行かない。

 

ここに来たら機械的に売る。そうすれば簡単にお金が儲かりますね!

 

さて、御託もこの辺にして、今日はさようなら。